中学生の通知表の保護者コメントの書き方・家庭での様子を書く際の注意点

中学校

「中学校の通知表のコメントの書き方がわからない」

「通知表のコメント欄に家庭での様子って書くものなの?」

「成績が悪かった時のコメントがし辛い…」

中学校の保護者のみなさんならこのような疑問をお持ちではありませんか?

学校の先生に提出するものとなると少し緊張してしまいますよね。

この記事で紹介するポイントを意識すれば通知表のコメントを悩まず書くことが可能です。

この記事では元小中学校教員の私が教員目線での通知表のコメントについて解説します。

スポンサーリンク

中学生の通知表の保護者コメントの書き方のポイントは?

中学校の通知表の保護者のコメントの書き方のポイントは2つです。

・先生ではなく子どものために書く

・子どもを少しでも褒める言葉を書く

なぜなら通知表は保護者でも教員でもなく、子どものためのものだからです。

先生に読まれて恥ずかしくないようきちんと書かなければならないと思っている方はたくさんいます。

でも正直教員には保護者の方からのコメントをそれほどしっかり読む時間自体ありません(笑)

確かにあまりに適当なことを書くと「おや?」と感じる教員もいます。

ですが一教育者としては先生ではなく我が子のためにコメントを書いてみて欲しいと思います。

そして少しでも子どもを褒める、認める言葉を書いて欲しいです。

保護者の方からのその言葉が子どもの成長に大きくかかわるからです。

成績や生活態度も悪く、褒めるところなんてないと感じる方もいるかもしれませんね。

それなら子どもの行動を認めてあげる言葉を書いてみましう。

「宿題は遅れて出すこともありましたが、全てきちんと提出する努力はしていました」

「勉強は苦手でも部活は家で自主練をするなど意欲的に取り組めていました」

などできていたことにフォーカスしてみると良いですよ。

中学生は多感な時期で会話もままならないことだってありますよね。

そんな時こそ通知表のコメント欄では我が子に温かい言葉をかけてあげて欲しいです。

そのことがきっかけで勉強を頑張る気持ちになっていた生徒もいましたよ!

スポンサーリンク

全体の評価が良かった場合の感想の例文3選!

全体の評価が良かったら正直親としては嬉しいものですよね!

正直に褒めたり認めてあげるようなコメントをメインに書きましょう。

全体の評価が良かった場合の感想の例文を3つ紹介します。

「苦手な数学の成績が上がり、本人も喜んでいました。

 地道に課題に取り組むことができていた結果だと思うので私からも褒めてあげたいです。

 引き続きどうぞよろしくお願い致します。」

「わからないところは自分から積極的に先生に聞き、解決することができていたようです。

 ご指導ありがとうございました。

 これからも自分のペースで頑張って欲しいと思います。」

「志望校合格へ向けて本人のやる気も上がっているようです。

 家でも学習する姿を以前よりも見るようになりました。

 最後までどうぞよろしくお願い致します。」

通知表のコメント欄ってそんなに大きくない学校が多いですよね。

書くことに困ったら無難に「お世話になっております」「ご指導ありがとうございます」「これからもよろしくお願い致します」のような言葉で埋めておくのも全然アリです。

せっかく良い成績を取れたなら、褒める言葉も積極的に入れてみてくださいね!

スポンサーリンク

評価を落とした教科があった場合のコメントの書き方

前よりも教科が落ちた強化があった場合、親子ともにショックを受けるものですよね。

実際に子どもが勉強をさぼって評価が下がるケースもよくあります。

また同じ教科でも単元が変わることで得意だった教科でも成績が下がることがありますよね。

そんな時には以下の書き方をしてみましょう。

「今回の期末テストでは勉強を疎かにしてしまったと本人も反省していました。

 次回からは本人が納得できる結果になるように頑張って欲しいと思います。」

「社会科の歴史は好きなようですが、地理には苦手意識があるようです。

 せっかく好きな教科なので克服してくれたらいいなと思います。」

子どものことを認めつつ、次から頑張れるような言葉をかけてあげるのがおすすめですよ!

スポンサーリンク

さらにがんばってほしい場合のおうちの人からのメッセージの書き方

進学のためにも今よりもっと成績を伸ばして欲しい保護者の方も多いですよね。

そんな時は認める言葉をかけつつ、奮い立たせるようなメッセージを書くと良いですよ。

「実技科目は好きで頑張れているようですが、数学や英語が苦手のようです。

 3年生になり志望校合格へはそれらの教科も大切だと再認識できたようです。

 これから頑張って欲しいと思います。」

「今回の期末テストでは勉強時間をあまりとれていなかったようです。

 きちんと勉強すればもっとできる子だと私は思っています。

 次回から頑張って欲しいと思います。」

「本人も成績のことで悩んでいるようでした。

 できることから始めていけばよいと話し合うとやる気が出たようです。

 これからの成績に期待したいと思います。」

中学生の立場からしても、なかなか思うように勉強の成果が出ないことってあります。

本番に弱いタイプのお子さんや勉強の仕方がわかっていない子どももいます。

よっぽど勉強をさぼっていて、それなのに志望校の目標が高い場合は別です。

ですがやる気はあるのに成績に繋がっていない子どももいますので、認めてあげる言葉をかけてあげましょう。

叱りたい場合は文字で書かずに直接話し合って伝えた方が良いですよ!

その時も少し本人のことを認める発言をしてあげるのをおすすめします。

家庭での様子を書く場合の注意点は?

家庭での様子を書く場合の注意点は、あまりにマイナスなことやプライバシーに関わることは書かないことです。

なぜなら通知表に文字で書いたことは消えることなくずっと後まで残るからです。

卒業して手元に通知表が戻ってくると子どもに渡す人も多いです。

そうなったとき見返す度に子どもが嫌な気持ちになるようなコメントをわざわざ残しておく必要はないと思いませんか?

実際に大人になり実家へ帰省した際、たまたま見た通知表のコメントを読んで今後帰省したくなくなったという声もあるくらいです。

さらにプライバシーに関わることが書かれていた場合、それが先生の目に入るのを嫌う子どももたくさんいます。

中学生は特に多感な時期ですので、想像以上に深い傷を付けてしまうことだってありますよ。

あまりにマイナスなこと、プライバシーに関わることは書かない方が良さそうですね。

中学生の通知表の保護者コメントの書き方・家庭での様子を書く際の注意点のまとめ

・中学生の通知表の保護者コメントは子どものために褒める言葉を入れて書く

・あまりにマイナスなことやプライバシーに関わることは書かない

今回ご紹介したポイントをおさえて通知表のコメントを書くだけで、あなたの悩みは解決できますよ。

当たり前ですが、記事を読んだ後はポイントをおさえて通知表のコメントに書くことが重要です。

まずは日頃の生活や学習面で褒めてあげられるところがないか探してみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました