ハリボーの賞味期限が切れた!状態によっては食べたら危険!?

生活

輸入お菓子のハリボーは、どこかで必ず目にしたことがあるくらい身近なグミで、種類もバラエティに富んでいます。

大量買いすることでコスパもよいです。

そのため、「ハロウィーン用に買ったけれど、キャンディーとチョコレートと共に余ってしまった。棚の中にしまっておいたら、いつのまにか賞味期限が切れていた…」なんてこともあると思います。

こんなとき、「もったいないから食べちゃおう」となりますよね。

グミは、他のお菓子とくらべて、賞味期限が切れても、なんとなく食べられそうなイメージがあるからなのかもしれません。

この記事では、「賞味期限が切れてしまったハリボーは食べても大丈夫なのか」そして、もったいないから食べたいけど、「さすがにこれは食べられないというのは、どんな状態の時なのか」についても、紹介していきます。

※こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

ハリボーの賞味期限はどのくらい?

ハリボーの賞味期限は、開封前と開封後とで異なります。

開封前でしたら、製造日より11カ月から1年ほどです。

詳細はBest Beforeという表記で、商品に記載されています。

賞味期限とは、「未開封の状態で美味しく食べられる期間」のことです。

ですので、袋を開けていない買ったままの状態のハリボーは、期限を過ぎたからといって、食べられないわけではありません。

ですが、ハリボーのグミは味の美味しさも魅力です。

多少の味の落ち度のせいで、悲しくなってしまうかもしれませんね。

そして、一度開封してしまった場合の賞味期限は、記載されている期日よりも短くなります。グミが空気に触れてしまって、食感が変わってしまうからです。

「開封後はお早めにお召し上がりください」と記載されているように、開けてしまった場合は、なるべく早く食べてくださいね。

スポンサーリンク

ハリボーの賞味期限が切れた後で見た目はなんともなかったら食べてもいい?

グミは、「賞味期限を過ぎても、未開封の状態なら1.5倍の期間まで食べられる」とされています。

なので、その期間内で、なおかつ見た目にもなんともなかったら食べても大丈夫です。

ただし、賞味期限から2年や3年が経っている場合では、見た目が変わっていないとしても食べるのはやめましょう。

そもそも、保存状態によって賞味期限は延びたり縮んだりします。

どういうことかというと、ハリボーは直射日光と高温多湿を避けて常温保存をするのがよいとされます。

常温とは15度から30度のことです。

夏場の室内は35度を超えることもあり、車の中では40度にもなります。

高温になり、グミが非常に溶けやすくなってしまいます。

そして、梅雨の時期には、湿気が高くなりカビが生えやすくなります。

つまり、これらのことを気にして常温で保存し、未開封であって、賞味期限が切れた後でも見た目がなんともないハリボーなら、食べることはできます。

自己判断が必要になりますね。

また、見た目の変化はなくても、少しかじってみて良からぬ味がしたものは危険なので、すぐに捨ててくださいね。

スポンサーリンク

ハリボーの賞味期限後、どんな状態だったら食べたら危険!?

ハリボーの賞味期限が過ぎて、グミの劣化が激しい、カビている、変な匂いがするときは決して食べないでください。

例えば、高温なところに置いてしまったせいで、ドロドロに溶けてしまったハリボーや、

袋を開けたら悪臭のするものです。

そもそも、グミは、腐りにくいとされる食べ物です。

食品の腐敗と水分量は関係があるとされ、腐敗の原因となる細菌は、繁殖のために水分を必要としています。

グミは水量が少ないため、細菌が繁殖しにくいのです。

しかし、高温多湿な場所に保管していると、暑さと湿気で水分量がぐんとあがり、腐敗しやすくなってしまうのです。

カビが生えていたり、変色しているハリボーは絶対に食べないでくださいね。

スポンサーリンク

ハリボーの賞味期限が切れた!状態によっては食べたら危険!?まとめ

ハリボーの賞味期限はおよそ1年ほどで、細かい日付けは商品の袋に記載されています。

賞味期限が切れていても、見た目がなんともないなら、基本的に食べても大丈夫です。

だたし、風味が落ちている可能性があるので、いつものように美味しく食べることはできないかもしれません。

賞味期限から2年以上過ぎていた場合は、見た目に変化がなくても食べられませんので、気を付けてくださいね。

これは食べられないというボーダーラインは、カビが生えていたり、溶けていたり、なにか酸っぱい臭いがしたときです。

これらは腐敗していて危険ですので、絶対に食べないでくださいね!

賞味期限が切れたハリボーは、特に注意して変化がないかしっかりと見るようにしてください。

地球温暖化が原因で、夏場には35度以上になることもあります。

夏になる前に、ストックしてあるハリボーたちを冷蔵庫に避難させるのが一番よいかもしれません。

冷やすことでさらに固くなるので、ハリボーの固い食感が好きな方は、バージョンアップした食感を楽しむことができますね。

※こちらの記事も読まれています

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました