意見文の書き方!小学生が取り組みやすいテーマや例文を紹介

小学生の中学年もしくは、高学年になると、意見文を書いてみましょうと課題になることが多くなります。

意見文は、感想ではないため、慣れていないととても難しいですよね。

大人になっても意見文を書く機会なんて殆どないのでは?大人でも意見文が小学生、中学生並みだよ!という声をよく耳にします。

それくらい、意見文は難しいのです。

こちらでは、小学生の意見文の基礎から、意見文の書き方、テーマや分野、例文をあげてまとめていきますね。

スポンサーリンク



小学生の書く意見文と作文の違いは?

では、まず意見文とは何か?作文とは何が違うのかまとめてみました。

意見文→自分で設定したテーマで自分の経験と考えを述べ、客観的に証明しなくても良い。

作文→体験や感想を書いたもの(起承転結を組み立てて作成する必要がある)

文章でも分かるように、意見文は、テーマによって事実→自分の意見→理由や根拠→意見の反論がある場合の反論をいれると尚よいですね。

では、次に小学生でも意見文の書き方には決まりがあるのか?まとめてみました

スポンサーリンク



小学生の書く意見文の書き方に決まりはあるの?

中学生くらいになると、1000文字以上の意見文になりますが、小学生の意見文には、どのような決まりや書き方があるのでしょうか?

まずは、一般的な意見文の書き方の構成になります。小学生では、

1.まず、題材を書きます。

2.次に事実を明確にして書きます。

この事実の意見の際に伝えたいことを明確にする。(どこが・なぜ)具体的な例があれば良い。(たとえば・~みたいに)実際の経験が一番よい。資料があれば、資料を提示したり、インタビューから決めた場合は、具体的に書く。

3.2番で書いた理由を、いくつかあげます。

4. 異なる意見の人の考え(考えてみると~、確かに~)

5.異なる意見の人への反論(しかし~、~ので、やはり~)

6.まとめ(自分の考え方をはっきりさせる、相手を納得するようなまとめ)

これは、一般的な書き方です。小学生が書く場合には、自分の意見がしっかり書けたら大丈夫です。

4,5の異なる意見等は記載しない場合が多いです。異なる意見は高校生くらいになると文章にしっかり入れていくような文章つくりになります。

小学生での意見文では、自分の伝えたいことがしっかり書けるかなので、内容の濃さや語彙や知識は特に重視されてはなく、感想に近くでも良いですよと言われています。

小学生では、自分の考えを文章にまとめることが大切だということですね。

では、次に、小学生が取り組みやすい、意見文に多いテーマや分野をまとめていきますね。

スポンサーリンク



小学生が意見文にする多いテーマや分野はある?

  • 日常生活の中からのテーマ(楽しいクラスとは?運動会はなぜ秋にするのか?こいのぼりはどうして流れているの?トイレは洋式にするべきだ。制服はなくすべきだなど)普段何気に思ったことが一番取り上げられています。
  • 価値観からのテーマ(ペットは犬の方が良い。男の子より女の子の方が得だ。背が高い方が得だ。主食はパンよりご飯がよい。テレビは無い方が良い)これは、人によって全く異なる価値観です。反対意見も出やすいですね。それでも納得させるような内容になれば好評価になりそうですね。
  • 社会をテーマ (全ての横断歩道に点字は必要だ。優先席は必要だ。歩道と自転車道は分けるべきだ。公衆電話は必要だ)社会全体の課題をテーマにあげることも良くあるようです。新聞など読んでいるとテーマも見つかりやすいかもしれませんね。

こちらのテーマや例は一部であり、小学生だと自分が疑問に思うことをテーマにし、意見や理由をしっかり入れて意見文を書けば問題ありません。小学生で書く意見文は感想文や作文に近いことが多いので、きっちり型にはまった文章構成でなくでも大丈夫です。

では、次に、小学生の意見文の例文をあげました。

小学生の意見文の例文をあげてみよう

 

6年生が国語の「未来がよりよくあるために」の単元で書いた意見文です。

地球を汚染しないこと。それが地球を壊さないようにする第1歩だと僕は思う。今は、使い捨ての物が増えたり、石炭や石油の利用がさかんになったりと生活は便利になっているが、これは地球を壊しているのではと考えた。
この図は、二酸化炭素の濃度を表している。よく見ると、1950年頃から急激に濃度が高くなっている事が分かる。二酸化炭素が増えると、気温が高くなる。これによって、現在、北極海の永久凍土が溶け出してしまっている。氷が溶けると海面水位が上がる。海面水位が上がるると、小さな島が海に飲まれたり、海水が畑や田んぼに入って作物が取れなかったりする。地球温暖化が地球をどんどん壊しているのだ。
地球温暖化を止めるために、便利な物を失うかもしれない。だが、その生活の先にこそ、未来があるのではないか。一人一人が意識をして、取り組むことが大切だと思う。
地球温暖化を止めるにはどうすれば良いのか。それは、石油や石炭の消費量を減らすことだ。例えば「節電をする」や「なるべくごみをださない」などだ。こういうことで未来は変わると僕は思った。
続きを読む>>

 

引用元:https://plaza.rakuten.co.jp/kujikawa319/diary/201710130000/

このように、異なる意見は入れずに、自分の意見・理由や参考資料の提示・そのためには○○していければ、

○○のようになっていけば良いです。という形にまとめています。とても良い構成になっていますね。

 

意見文の書き方!小学生が取り組みやすいテーマや例文のまとめ

意見文は、とても難しいく考えがちですが、自分の意見をしっかり要約し(色んな意見を並べ立てない)理由や実際の状況を入れて、最後に意見をまとめるとすっきりして読みやすくなります。

テーマによっては、とても書きやすくなりますので、テーマを重要視しても良いですね。

まずは、書き方に囚われず自分の意見を上手くまとめるよう練習してみてください。少しずつ自分の考えを上手にまとめれるようになりますよ。是非やってみてくださいね。

 

文章力ゼロだった子どもが自信をもって作文を書けるようになった方法とは?

文章っていざ書こうと思っても、なかなか浮かんでこないことってありませんか?

 

私はしょっちゅうありました。

 

これは学生時代に限ったことだけでなく、大人になってから、履歴書やエントリーシートの書き方、仕事のメールのやり取りで苦労したという人も多いです。

 

私の文章力のなさが子どもにもしっかりと遺伝してしまい悩んでいたのですが…

 

ある方法を試したことで子供が作文を自分からスラスラと書くようになったんです。

 

文章力は一生役立つスキルなので、子供には社会に出る前に身につけられて本当に良かったと思っています。

 

子どもの作文力は親できまる!?親子で文章力を上げる方法とは・・・

 

 

タイトルとURLをコピーしました