妊娠検査薬はスーパーのセルフレジで買える?売り場や買いづらい時の対処法

妊娠検査薬はスーパーのセルフレジで買える?売り場や買いづらい時の対処法 トレンド

妊娠検査薬を買いたいけれど、

「お店の人にどう思われるか不安…」

「男性しかいないレジでは買いづらい…」

「家族にバレないように買いたい…」

と様々な不安を抱えているという方は多いと思います。

もちろん、気にならないという方もいらっしゃるかとは思いますが、やはりデリケートな問題ですし、気になる方にとっては、できることなら誰の目にも触れられず購入できると安心ですよね。

この記事では、そんな悩みを持つ方に向けて、妊娠検査薬はスーパーのセルフレジで買えるのか、また、売り場や買いづらい時の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠検査薬はスーパーのセルフレジで買える?

妊娠検査薬には、早期妊娠検査薬と一般的な妊娠検査薬の2種類があり、それぞれの特徴をまとめると下記のようになります。

早期妊娠検査薬

分類:薬局医薬品(処方せん医薬品以外の医療用医薬品)

薬局医薬品は、薬剤師が購入者に対し、薬の効能や副作用、使用上の注意などについて説明しなければならない義務がある。

薬局・調剤室などがあり薬剤師に相談ができるドラッグストアで購入可能。

一般的な妊娠検査薬

分類:一般用医薬品のうちの第二類医薬品

第二類医薬品は、登録販売者がお店に常駐していれば、販売することができる。

一般的な妊娠検査薬は、基本的にドラッグストアで購入できますが、コンビニやスーパーでも登録販売者が常駐していれば購入することが可能です。

「じゃあ登録販売者がいれば、スーパーのセルフレジで買えるの?」

という話になるのですが、調べてみたところ、セルフレジで購入できるスーパーもあれば、薬専用のレジでしか購入できないというスーパーもあるようでした。

どのような基準でそのようになっているのかは残念ながらわかりませんでしたが、セルフレジで購入できない場合は、ピーっと警告音がなり、お店の方に専用のレジ案内されるようです。

このように、逆に目立ってしまった!という状況もあるようなので、医薬品は専用レジへなどの案内文などがない場合は、女性スタッフの方などに尋ねてみるのが良さそうですね。

スポンサーリンク

妊娠検査薬があるスーパーの売り場はどこのコーナー?

登録販売者が常駐する、第二類医薬品を販売できるスーパーに限りますが、生理用品や基礎体温計の売り場にあることが多いようです。

スポンサーリンク

妊娠検査薬を買いづらい時の対処法

妊娠検査薬を買いづらい時、他にはどんな対処法が考えられるでしょうか。

自宅から離れた店舗で買う

やはり、知り合いに買うところを見られたくないという方は多いでしょう。
 
自宅から近い店舗だと、お客さんとしてお店に来た知り合いに出くわすかもしれませんし、お店の店員として働いている知り合いに出会うかもしれません。
 
そういう意味では、自宅から離れた店舗だと知り合いに会う確率は少し下がるので安心ですね。

通販で購入してコンビニ受け取りにする

「通販で買っても、自分が不在のときに家族が受け取ってしまうと気まずい…。」
 
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そういうときはコンビニ受け取りにすると安心です。
 
荷物の品名に「妊娠検査薬」と書かれていたらどうしよう、という不安もありますが、調べたところ、「雑貨」や「衛生商品」など、ざっくりと書かれている場合が多いようでした。
 
心配であれば、注文の際に備考欄などで、妊娠検査薬と明記しないでほしいとお店にお願いしておくと良いでしょう。

その他

  •  パートナーや友人に頼んで買ってきてもらう。

パートナーや友人に、買いづらいことを打ち明け、買ってきてもらうのもひとつの手です。
  
妊娠検査薬を買うことに抵抗がない方ももちろんいらっしゃるので、信頼できる方に頼ってみても良いでしょう。

  • 病院で検査してもらう。

産婦人科がある病院や産婦人科医院で検査してもらいます。
  
お店のレジの方だと気になるけど、専門的に診ている病院なら気にならないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
  
もちろん、受付の方を始め看護師の方やお医者さんにとっては、妊娠しているかどうか検査したいという患者が来ることは当たり前なので、何も思いません。
  
また、検査の時期が早すぎて結果が出なかった場合でも、次はどうすれば良いか的確なアドバイスをもらうことができるので安心できます。
  
中には産婦人科に行くのは緊張するという方もいらっしゃるかと思いますが、陽性の場合はいずれにせよ行くことになりますし、陰性でも本当に陰性なのか時期が早すぎたのでは、と悩むこともありません。
  
ただ、費用面では、妊娠検査薬の方が安価で済む場合が多いので、そのあたりは検討した方が良いかもしれません。
  
また、保険証を使うことで親にバレてしまうのではないかと不安な方は、総合病院など大きな病院に行く、高額にはなるが保険証を使わない、など工夫する必要があります。

スポンサーリンク

家族にバレないように購入できる妊娠検査薬のお取り寄せ通販

Amazon、楽天、ヤフーショッピングなどで、一般的な妊娠検査薬の取り扱いがありました。

上記でもすでに触れていますが、通販で気になるのはやはり荷物の「品名」。

品名がどのように記載されているかで、家族にバレるかどうか大きく変わってくるでしょう。

家族にバレない、と明言している通販サイトはありませんでしたが、大抵の場合、「妊娠検査薬」とは明記せずに、「雑貨」「衛生商品」などと記載されているようです。

お店のQ&Aに品名についての記載がないか探したり、お店に明記しないよう注文時にお願いしたりすると良いでしょう。

妊娠検査薬はスーパーのセルフレジで買える?売り場や買いづらい時の対処法のまとめ

◆早期妊娠検査薬は薬剤師がいる薬局やドラッグストアで、薬剤師の説明を受けてからでないと購入できない。

◆登録販売者が常駐しているスーパーであれば、一般的な妊娠検査薬は購入可能。
 
 ただし、セルフレジで購入できるかは店舗によって異なるので要注意。

◆買いづらい場合の他の対処法としては、

・自宅から離れた店舗で購入する。

・通販でコンビニ受け取りにする。

・パートナーや友人に買ってきてもらう。

・病院で検査する。

やはり、まったく気にならないという方もいらっしゃれば、当事者の方が置かれている状況や考え方などによっては、妊娠検査薬は買いづらい場合があるかと思います。

少しでもこの記事が悩んでいる方のお力になれると嬉しいです。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました