中学受験の作文の書き方は?作文のコツや評価ポイント教えて!

中学受験中学受験

最近では、都心以外、地方でも中学受験をする方が増えてきています。

中学受験で塾に通っている子は、6割だそうです。中学受験では、通常教科以外に作文も必須となっています。

作文は、自宅で一人での学習が難しく、どのような部分で評価されるか?書き方があるのか?

気になる事も多いのでは?

今回は、中学受験における、作文の書き方や作文のコツを中心に紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

中学受験での作文ってどんなもの?

中学受験の作文は、20分~30分で少なくて200文字 多くて600文字の作文を作成します。

公立などは、40分の学校もあります。

中学校受験の作文には、大抵がタイトルが決められていて、それについて意見や感想を書く問題が多いです。作文は、自分で自由に決めて感想を述べる書き方ですが、受験での作文は、小論文に近いかと思います。

200文字~600文字の平均として400文字での作成としてスラスラ書けるようにしたいですね。

400文字ですと、原稿用紙1枚です。説明や意見、感想を入れると、すぐに埋まるほどだと思います。

上手に分かりやすく、書くことがポイントになりますが、どこに重点を置くかによっても内容や伝わり方も変わってきます。では、次に中学受験の作文の書き方やコツについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

中学受験作文の書き方や作文のコツを教えて?

中学校受験では、自由に作文を書きましょうの問題は少なく、題材が決められた事に対して書くことが多いです。題材も具体的な内容が描かれており、それについてどう思いますか?と問われます。

例えば、出題された1つとしては、

私たちが学習するうえで、「知識をみにつけること」と「考えること」は、どちらも大切だと言われています。これらがどちらも大切な理由を361字以上450字以内で書きなさい。ただし、自分自身の体験や見たり聞いたりした経験を例にあげて書くこと。

どんな作文の例題でも、自分の経験を含めて書くことが求められています。

では、書き方としては、何に注意すべきなのでしょうか?紹介します。

●作文の基本である、起承転結は必ずベースにおくようにしましょう。

●知識を問うているものではなく、説明が分かりやすい文章を求めています。ことわざや慣用句など知識を要するものを入れる場合は、意味を間違わないように気をつけましょう。

●1文が長くならないようにしましょう。1つの事を要約できるようにすると一番良いです。何を伝えたいかを良く考えると必要な言葉が見つかりやすくなります。

●文体は統一するようにしましょう。例えば、です。ます。なら他も「です。ます。」で終わるようする。「~だ。~である。」などです。

●時系列はしっかり区別するようにしましょう。例えば、現在、過去、未来の例や対比する場合に、物語文のようにわかるような文節を使用し区別しましょう。

●砕けた言葉をたくさんいれるのは、やめましょう。人に伝えるものなので、なるべく、丁寧な言葉を使用しましょう。らぬき言葉にも注意しましょう。(例:食べれる。見れる。)助詞や助動詞をしっかりいれてましょう。

 

まだまだたくさんありますが、皆がよく間違える部分をピックアップしました。参考にしてみてくださいね。では、次に、中学受験作文の効力法には、どのような事をしたら良いでしょうか?

 

スポンサーリンク

中学受験作文の攻略法は?

最近の中学受験の作文では、読み取り作文が多くなっています。読み取り作文とは、表やグラフ、論説文記事を読み取って、それに対し、自分の意見や体験、調べたことがあることなどを上手くまとめて400字~600字以内にまとめます。(文字数については、各中学によって違います)

一番の失敗としては、1文1文が長くなり、結局何が伝えたいか分からない作文になること。そして、同じ意見の繰り返しの内容になってしまうこと。

では、そのようにならないためには?

読み取り作文の場合は、意見書のように、まずは

●結論を書いてしまう。

●なぜそのようになったか、理由を述べる(体験や調べたこと、経験があれば取り入れる)

●まとめる

体験を入れる際には、体験をする前の状況、体験中のこと、体験後の変化、最後に前と後でどのように感じたかをまとめる。このように1つ1つをしっかり述べて分けた方が、伝わりやすいです。

 

中学受験の作文の書き方は?作文のコツや評価ポイント教えて!まとめ

作文は、自己評価が難しいため、自学自習での取り組みで課題が分かりにくいと思います。

中学受験での作文は、文字数的にも短いものなので、攻略のように、はっきりわかりやすく2部もしくは3部に構成して書くと上手に書くことができます。同じ文書の繰り返しや「こそあど」言葉が多くならないよう、要約した文章にまとめるよう気をつけましょう。

普段からミニ日記を書くと一番良いですね。要約することを意識して書くようにすると、文章のまとめ方が上手くなりますよ。

毎日のコツコツ積み上げていくことが一番ですから、日記や文章作成を日々取り組むことを取り入れていましょう。

 

 

中学受験
スポンサーリンク
親子でおうち作文
タイトルとURLをコピーしました