彼氏の家への手土産は?高校生のおすすめや渡すときのマナー

生活

高校生にもなると、彼氏の家にお邪魔するときの手土産に悩み始めますよね…。

彼氏のご家族から気に入られたい、印象を良くしたい!

そう思う高校生の方はきっとたくさんいらっしゃる…。

だから書きます!

悩みつかれる前に、こちらをチェックして幸せマシマシにむけて前進あるのみ♪

スポンサーリンク

高校生が彼氏の家に行くときの手土産や値段の相場は?

円マークとはてなマーク

彼氏の家に手土産を持って行く手土産内容は、状況によって変わってきます。

人が何人いるのか、日帰りなのか泊まるのかなど…。

いろいろなケース別でご紹介♪

自分一人で遊びに行く場合

彼氏の家に初めて、自分一人で行くときには、彼氏さんから親御さん情報をゲットして、手土産を一緒に考えるというのもあり♪

受け取る方は、一緒に考えてくれたんだろうな…と考えるだけで微笑ましい気持ちになります。

価格としては、500~1000円くらいがいいですね。

彼のご家族に気を遣わせないように、経済的に余裕があっても、あまり高価なものは控えましょう。

友達数人でお邪魔する場合

彼氏の家に友達数人でお邪魔する場合、自分たちで食べるお菓子や飲み物を少し持って行きましょう。

価格は、一人500円程度でOK。

もちろん、用意してくれていた場合には、用意してくれたものをありがたくいただき、持って行ったものは残量が多ければみんなで分けるのもよいですし、少なければ彼の家に置いて帰りましょう。

お泊りする場合

彼氏の家に高校生彼女がお泊りともなると、一泊お世話になるので、彼女さんのご家族の方が何か用意して持たせてくれる場合もあるかもしれません。

その場合には、持たせてくれた手土産を渡しましょう。

高校生の彼女本人が選ぶ場合には、ペットボトルのジュースなど手軽なものでOK!

スポンサーリンク

高校生が彼氏のお母さんへの手土産のおすすめは?

おすすめのブロック

高校生の彼女が、高校生の彼氏の家に行くときに持って行く彼氏のお母さんへの手土産。

高校生の彼女さんから手土産をもらったということだけで、十分、しっかりした子だな~と思ってもらえます。

内容を大切にしたい!

そんな方へ♪

お母さんの年齢や趣味なども、手土産を選ぶ際ヒントになります♪

今はハンドメイドなど、趣味を仕事にしている主婦の方も多くいらっしゃるので、彼のお母さんがそれらに当てはまる場合には、仕事に関する手土産は難易度が上がってしまうので注意が必要です。

このような場合には、こういったものがおすすめ♪

例えば、パソコンを使い副業をされているお母さんの場合には、目の疲れ、肩こりなどを労わるグッズが優しいプレゼント♪

ですが、「お母さんは歳をとっているから…。」

と気を遣ってくれたんだな~と、思わせてしまわないように注意!

そこでちょっとひと工夫♪

「自分でも愛用していておすすめなので、良かったらと思い…」

などと伝えることで、歳だから…。

ということで渡すのではなく、単純に良いものだから使ってほしくて渡していると伝えられ、誤解がうまれるのを防ごうというわけなのです♪

お年頃の女性は敏感なので、気をつけて損はなし!

スポンサーリンク

高校生が彼氏の家で勉強する時に手土産は必要?

疑問を抱く高校生

彼氏の家にお邪魔させていただく=彼氏のご家族の家にお邪魔させていただくということなので、手土産はもって行くとご家族、そして、彼氏から好印象ですよ♪

スポンサーリンク

高校生が彼氏の家へ行くときの手土産は何回目まで?

チョコレート

彼氏の家への手土産は、毎回持って行かなきゃいけないものなのかな…。

と悩んでいる高校生の方は多いと思います。

こちらをみて、悩みを解決♪

初回だけでもOK

彼氏の家への手土産は、絶対持って行かなければいけないものではありません。

高校生ということもあり、初回だけ持って行けば十分です♪

2回目も持っていく?

彼氏の家への手土産は、絶対持って行かなければいけないものではありません。

高校生ということもありますし、何回目まで持って行くのがいいということはなく、最近ちょくちょくお邪魔しているから手土産でも。

という感じでOK。

彼氏の家での手土産の渡し方は?マナーはある?

ルールにブロック

玄関口ですぐ渡すのはNG。

あいさつを済ませてから、袋から出して渡しましょう。

彼氏の家への手土産は?高校生のおすすめや渡すときのマナーのまとめ

こちらでは、高校生の彼女が彼氏の家にお邪魔するときに持って行く手土産事情について、ケース別にまとめてきました♪

自分一人でお邪魔する場合には、彼氏さんと何がいいかを相談したうえで、500~1000円くらいのものが良き。

友達数人で行く場合には、一人500円くらいの予算で自分たちで食べるお菓子や飲み物を持参すべし。

彼のお母さんへの手土産は、彼からお母さん情報をゲットしてそれをヒントに選ぶべし。

といったように、さまざまなケース別でご紹介してきました。

一番大切なことは、彼氏の家にお邪魔させていただくから手土産を持参しよう、という気持ち。

その気持ちももっているということだけで立派です!

あまり考え過ぎずに、彼氏さんのご家族との交流を楽しみましょう♪

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました