マスク焼けの治し方!高校生が学校でもできる隠し方やごまかし方も!

生活

コロナの流行によりマスク生活が続いています。

少しでもマスク生活が快適に過ごせるよう、いろんなマスクが発売されていますよね。

でも、どんなマスクをつけても気になるのが「マスク焼け」です。

すでに仕事をされている大人の方なら、日焼け止めにメイク、帽子やサングラスというふうにいろんなアイテムで日焼け防止ができます。

でも、高校生や学生の方は校則などがあるので、できることにも限界があり、治し方が分からずマスク焼けで困っている方も多いです。

そこで今回は、高校生のマスク焼けの治し方や消し方、さらにはマスク焼けしてしまった後の隠し方もご紹介します。

休日に高校生にもできるマスク焼けのごまかし方や、治るまでどれくらいかかるのかなどもご紹介しますので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

高校生のマスク焼けの治し方や消し方はある?

高校生の方でマスク焼けをしてしまうと、もう消えないんじゃないかと不安になりますよね。

心配しなくても、治し方も消し方もあります!

ただお肌は十人十色なので、効果には個人差があるのでそこは理解しておいてくださいね。

大事なのは、マスク焼けをしたらすぐにお肌のケアをしてあげることです。

マスク焼けを放置していると、すぐに消すというのは難しくなってしまいます。

それはどうしてなのか、1日だけで消す方法があるのかどうかをご紹介しますね。

時間がたったマスク焼けはすぐには消えない

マスク焼けというのは日焼けです。

日焼けって、すぐにケアしないまま放置すると、消えにくくなってしまいます。

どんな治し方を実践してみても、なかなかすぐには消えてくれません。

マスク焼けも同じです。

ちょっとした薄いマスク焼けも、放置してしまうとどんな治し方を実践しても元の肌に戻るまで時間がかかってしまいます。

日焼けをすると、お肌にシミの原因となるメラニンが作られ、お肌の奥に沈着するまでに72時間かかるのです。

少しでも早くケアしないとどんどん色素沈着が進み、消えにくくなってしまいます。

ちょっとしたマスク焼けだと気づかないことも多いですよね。

その小さな薄い日焼けに気づかないで、日々放置し、気づいた時には「くっきりとマスクの後がついている・・・」ということになってしまいます。

時間がたったマスク焼けはすぐには消えません。

できれば、毎日帰宅したらすぐにお肌のクールダウンやスキンケアコスメを使ってのケアをすることをおすすめします。

1日だけ消す方法はある?

マスク焼けをしてしまっても、比較的薄いものなら1日だけ消す方法はあります。

  • ファンデーションやコンシーラーで隠す
  • 伊達メガネをする
  • ターバンやヘアバンドをする

という3つの方法があり、高校生の男の子でも女の子でもどちらでも使える方法です。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

ファンデーションやコンシーラーで隠す

ファンデーションやコンシーラーを上手に使えば、1日だけでもマスク焼けを消すことができます。

ファンデーションはクリームタイプの方が使いやすくカバー力もあるのでおすすめです。

マスク焼けしたところとしていないところの境目の部分に指の腹を使ってファンデーションを馴染ませ、境目のラインをぼかします。

ファンデーションの前に、コンシーラーを使ってダブル使いで消すこともできますよ。

ファンデーションやコンシーラーなんて、男は使えない!

なんてこと言ってる男子もいそうですが、今は男もメイクする時代です。

恥ずかしがることはありませんよ。

伊達メガネをする

少し大き目の伊達メガネをつけてください。

マスク焼けを消すというよりも、視線をマスク焼けからそらしてごまかすというやり方です。

少し大き目で、メガネの縁が太めのものを選べば、視線をそらせる効果はさらにアップしますよ。

ターバンやヘアバンドをする

これもマスク焼けから視線をそらせるという方法です。

学校のある日はそういったものはつけていないけど、休みの日はちょっと違った感じにすると、視線は自然とそこにむかっていくものです。

マスク焼けから視線をそらさせるのにピッタリのアイテムですよ。

スポンサーリンク

高校生が学校でもできるマスク焼けの隠し方

高校生は学校がある平日は、校則などがあるので服装が制限されてしまいます。

マスクをしていても、マスク焼けってちょっとマスクがずれるとわかってしまいますし、昼食などの時はマスクを外さないといけません。

そうなると、マスク焼けが丸見え状態で恥ずかしいですよね。

学校でもマスク焼けは隠したい!

そんな高校生の為に、学校でもできるマスク焼けの隠し方を7つご紹介しますので参考にしてください。

薄くメイクをして隠す

学校なのでばっちりメイクで隠すことはできませんが、薄目のメイクで隠してしまいましょう。

くっきりとついてしまっているマスク焼けは難しいですが、少し焼けてしまった程度なら、薄いメイクで隠すことができます!

メイクといっても、ファンデーションを塗るというのは学校の日には難しいですよね。

そんなときにおすすめなのが「CCクリーム」や「BBクリーム」です。

ファンデーションと違って、自然な感じでお肌の色を整えてくれますよ。

全体的にがっつり塗るのではなく、マスク焼けが目立つ部分を隠すような感じで部分的に使うのがおすすめです。

昼食の時間はマスクの真ん中を切って食べる

高校生が学校生活の中でマスク焼けが気になる時間は、やはりランチタイムですよね。

食事をするときはマスクを外すのが当たり前と思われがちですが、今はマスクをしたまま食事をするというスゴ技があるのです!

「マスクの真ん中を切って食事をする」

というやり方です。

かなり斬新なやり方ですが、マスク焼けはしっかりと隠した状態で食事をすることが可能になります。

マスクを切ってしまうので、もちろんかえ用のマスクの準備は必須ですよ。

私もこの方法を知って、一度自分でマスクを切って食事をしてみました。

正直、最初はちょっと「マスク邪魔だな」「食べにくいな」と思ったりもしました。

食べてる途中でマスクを汚してしまうこともありましたよ。

食べるときに切ったマスクの下側を少しおろしながら食べ物を口に運べば、マスクを汚さず食べることができるので、一度試してみてくださいね!

外さないでマスクの下から食べ物を口に入れる

マスク焼けを隠すには、マスクを外さないのが一番いいですよね。

食事中もマスクを外さないで、マスクの下から食べ物を口に入れるという方法もおすすめです。

この方法は私も外食時に実際にしている人を見たことがあります。

器用にマスクの下を少しあげて食事をされていました。

ただ、この方法もマスクの真ん中を切って食事をするのと同じく、マスクが汚れる可能性があるので、かえ用のマスクの準備は必須です。

窓際の席なら外を向いて食べる

学校の教室の自分の席が窓際の方ならできる方法です。

マスクを外して食事をすると、マスク焼けに気づかれる可能性がありますよね。

窓際の席なら窓の方を向いて食べれば、マスクを外していてもマスク焼けを見られる心配もありません。

私の子供が通っている小学校では、窓際の席の子供は、机ごと窓の方向に向けて外を見ながら食事をしているそうです。

感染対策という点から見ても、このやり方はかなりよさそうですね。

マスク焼けも隠せて、感染対策もできる!

一石二鳥ですね。

リコーダーの授業はマスクの下から入れて吹く

高校生でもリコーダーの授業がある学校もありますよね。

学校にもよりけりですが、特に先生からの指示がないなら、マスク焼けを隠すためにもリコーダーをマスクの下に入れて吹くようにしましょう。

そうすれば、マスク焼けを隠しながらリコーダーも吹けますね。

ただ、先生によってはこのやり方をしていると注意されることもあります。

その際はあきらめてマスクをはずすしかないですね。

顔周りがカバーできる髪型にする

マスク焼けを隠すために、髪型をかえるという方法があります。

おすすめヘアスタイルは「ボブスタイル」です。

肩につくかつかないくらい、又は顎ラインくらいのボブスタイルなら、顔回りが隠せるので、マスク焼けをしっかりと隠すことができます。

また、ボブスタイルならマスク焼けを防ぐ効果も期待できますよ。

ロングヘアでもいいのですが、夏場はアップにしたり、サイドを耳にかけたりしますよね。

そうなるとマスク焼けを隠す効果はほとんどなくなってしまいます。

暑い季節でもストレスなくマスク焼けを隠すなら、顎ラインのボブスタイルがおすすめです。

みんなマスク焼けしてるから開き直って隠さない

マスク焼けをしているのは自分だけではないですよね。

同じように高校に通って毎日一緒に過ごしている同級生たちも同じです。

自分だけではないので、それならいっそ開き直って隠さないのも一つの方法として考えてみてもいいのではないでしょうか。

あまり気にしすぎると、周りはそれに気づいてしまうものです。

意外と開き直って何もせずに隠さない方が、目立たないということもあります。

学校に行かないといけない平日はあきらめて、隠さず普通に過ごすのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

高校生が休みの日に使えるマスク焼けのごまかし方

学校のある日はなかなか上手くごまかせなくても、休みの日にはいろんな方法でマスク焼けをごまかすことができるんですよ!

  • メイク
  • めがね
  • ウィッグ
  • 帽子

普段何気なく使っているアイテムで、マスク焼けをごまかせるだけでなく、マスク焼けを防げる物もあります。

それぞれ詳しくご紹介していきますね。

メイクでごまかす

高校生も休みの日ならばっちりメイクをしても、誰に何を言われることもありません。

校則も気にする必要ないですよね!

メイクでごまかすなら、コンシーラーとファンデーションを使いましょう。

まず、マスク焼けしてしまっているところと焼けていないところの境目をコンシーラーを使ってぼかしていきます。

そのあと、パウダーファンデーションやリキッドファンデーションでベースメイクをしましょう。

リキッドファンデーションは、メイク崩れ防止のためにも最後におしろいで抑えるようにしてくださいね。

ファンデーションは日焼け止め効果が高いものを使用すると、マスク焼けを防ぐ効果も期待できます。

メガネやサングラスでごまかす

最近はメガネやサングラスもオシャレアイテムとして取り入れている高校生が多いですよね。

見た目も雰囲気もかえられるだけでなく、マスク焼けをごまかす方法としても使えます。

メガネのフレームの縁が太いものの方が、マスク焼けをごまかす効果が高いです。

また、夏場であれば目を紫外線から保護する役目もあるので、サングラスを使うのがおすすめですよ。

男子もこの方法なら抵抗なくオシャレを楽しみながらできるはずです。

顔周りが隠れるウィッグを付ける

高校生でも休みの日ならウィッグでオシャレを楽しめますよね。

そのウィッグを使ってマスク焼けをごまかすことができます。

ウィッグを使う場合、顔回りが隠れるような感じのものを選んでください。

気になるマスク焼けをウィッグで隠すようにできればOK!

顔回りを隠すことができれば、マスク焼けを防ぐこともできます。

元のヘアスタイルがショートの方も、ロングの方も、ボブスタイルのウィッグの使用がおすすめです。

ボブスタイルでも、ウィッグの色をかえればかなりイメチェンできるので、お休みの日にチャレンジしてみてくださいね。

顔が隠れる帽子をかぶる

帽子は顔を隠すのにはピッタリのアイテムです。

少しつばが広めの帽子なら、マスク焼けもばっちり隠して、さらにマスク焼け防止対策もできます。

ウィッグに帽子のダブル使いもおすすめです。

どうしてもつばの広い帽子が苦手なら、ボブスタイルのウィッグにキャップでもOKですよ。

スポンサーリンク

マスク焼けが治るまでの期間は?

高校生でなくても気になるのが、マスク焼けが治るまでどれくらいかかるのか、というところですよね。

お肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)が約1ヶ月程度です。

日焼けをした肌が気にならなくなるまではそれくらいかかると考えておいてください。

ただし、マスク焼けの度合いにもよるので個人差があります。

マスク焼けをしたのに何もせずに放置していると、お肌の状態はどんどん悪くなり、元に戻るのにも時間がかかってしまいます。

少しでもターンオーバーを促せるよう、マスク焼けをしてしまったらすぐにしっかりとスキンケアすることが大切です。

スキンケアは、マスク焼けの治し方の一つにもなります。

日焼けをしてしまった後のスキンケアの方法は、

  • 日焼けしてしまった部分を冷やしてクールダウンさせ炎症を抑える
  • 化粧水などでしっかりと水分を与える(化粧水パックもおすすめです)
  • クリームなどで水分が逃げないようふたをする
  • 水分をしっかりとって体の内側から潤いを与えてあげる
  • ビタミンEを積極的にとるようにすることで皮膚の再生を促してあげる

です。

ビタミンEに関しては、サプリメントで摂取するのが手軽で簡単ですよ。

マスク焼けを防ぐ方法

マスク焼けをしないよう、日頃からしっかりとマスク焼けを防ぐ対策をとっておくことも大切です。

マスク焼けを防ぐには、基本的な日焼け対策をしておけばOKですよ。

高校生の方も日頃からやっている「日焼け止めを塗る」という方法や、「帽子や日傘」を使ったり、毎日のスキンケアもこまめにおこなってください。

高校生にもぜひ実践していただきたい、マスク焼けを防ぐ方法を一つずつ見ていきましょう。

夏以外も日焼け止めを塗る

日焼け止めって、夏だけでいいと思っていませんか?

紫外線は毎日休みなく降り注いでいます。

夏だけではなく、春も秋も冬も、晴れの日だけでなく曇りの日もしっかりと日焼け止めを塗っておいてください。

特に危険なのが春先です。

紫外線は3月ごろからつよくなってきて、5〜7月がピークになります。

もちろん、この時期だけでなく年中日焼け止めを塗ることが大切です。

特に紫外線が強い時期は、SPF値が高いものを使用することをおすすめします。

帽子や日傘で日焼けしないようにする

休みの日はもちろんですが、登下校の時に帽子や日傘で日焼けをしないようにしましょう。

帽子は難しい学校もあるかもしれませんが、日傘なら使えますよね。

実際、登下校時に日傘を指している女子高生を見たことがあります。

日傘の使用まで制限している学校はあまりないですよね。

最近は大人の男性でも日傘を使っている人が増えているので、男子高校生でも日焼け対策として日傘の使用はアリではないでしょうか。

スキンケアもこまめにする

日焼け対策には毎日のスキンケアも大切です。

  1. 洗顔でしっかり汚れを落とす。
  2. 化粧水でたっぷり水分を与える。
  3. 乳液やクリームで水分をお肌に閉じ込める

これが基本のスキンケアになります。

さらに、休日にお出かけしないでお家の中にいるときも、日中の紫外線対策をしておきましょう。

お部屋にいても、お日様の光が窓から入ってきますよね。

紫外線もお部屋の中まで入ってきます。

家にいるときも油断せずに、日中は基本のスキンケアだけでなく日焼け止めなどを塗るようにしてください

マスク焼けの治し方!高校生が学校でもできる隠し方やごまかし方のまとめ

高校生が学校でもできるマスク焼けの隠し方やごまかし方を中心にご紹介しました。

学校がある平日は、マスク焼けをしてしまったところだけをぼかすような感じで薄くメイクをして隠しましょう。

昼食時には、斬新な方法ですが「マスクの真ん中を切って食事をする」というのもおすすめです。

席が窓際なら窓の方を向いて食べたり、「リコーダーはマスクの下から吹く」「顔回りを髪型でカバーする」といった方法もあります。

お休みの日はばっちりメイクでごまかしましょう!

さらに、メガネ・サングラス、帽子やウィッグなど、ファッションアイテムにもなるようなものを使うのもいいですね。

マスク焼けは放置すると治すのにも時間がかかってしまいます。

マスク焼けの治し方にもなるので、日焼けしたと感じたらすぐに冷やしてクールダウンさせてください。

そのあとは、お肌にしっかり水分を与え保湿することが大切です。

マスク焼けをしてしまっても焦らず落ち込まず、日焼けの治し方と同じやり方でお肌をケアしてください。

毎日のスキンケアや日焼け対策をしっかり行って、マスク焼けしないようにしましょう!

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました