【子供会】ライングループの挨拶の例文!自己紹介のポイントを紹介

生活

お子さんがいると、子供会に参加されている方も多いと思います。 

子供たちが仲良く楽しく過ごせることが一番ですが、そのためには親同士がうまくやっていくことも大切なポイントです。

最近では、子供会などの連絡手段としてライングループを作ることが多いです。

最初に好印象を与えるために、どうしたらいいか悩んじゃいますよね?

そこで、子供会のライングループでの自己紹介の例文や、好印象を与えるポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

【子供会】ライングループに参加した時の挨拶の例文

吹き出し

最初のあいさつで覚えてもらおうとダラダラと自分のことを書いてしまうと、他のママたちからは敬遠されがちです。

ライングループでは「無難」なのが一番です!

それも踏まえ、ライングループの自己紹介の挨拶についてご紹介しましょう。

招待ありがとうございます。

初めまして〇〇(子供の名前)の母の△△(ラインの名前)です。

よろしくお願いいします。

と、シンプルにまとめる自己紹介ですと印象が良くなります。

スポンサーリンク

ライングループでの挨拶のタイミング

木製のチャンスの文字

ライングループへ招待されたら、なるべく早めに自己紹介の挨拶を行うことがお勧めです。

いつまでも反応がないと、相手を不安にさせたり、心配させたりする恐れがあります。

『無視している』と思われる場合もあるので、速やかに挨拶をしましょう。

スポンサーリンク

ライングループの自己紹介で失敗しないためのポイント

色鉛筆とチェックの文字

それでは、まずはファーストコンタクトとなる自己紹介のポイントを確認していきましょう。

最初の印象はずっと人に残り続けるものなので、抜かりなく対応していきましょう。

正しい敬語を使う

子供会のグループラインは、子供の年が近いという共通点なだけで、親の年齢も様々です。

最初のうちは、緊張感をもって正しい敬語を使いましょう。

親しくなる前からの「タメ口」はグループライン内で、反感を持たれる可能性もあります。

目立とうとしない

いきなり自分の画像を送ったり、個性的なスタンプを使用するのはやめましょう。

まだ打ち解けていないときに個性を出すと、「主張が強い人」「空気が読めない人」と思われるかもしれません。

礼儀正しく、謙虚に振舞うのが受け入れられるコツです。

あまり忙しいアピールはしない

グループライン内で忙しいアピールすると、頑張っていて偉いって褒めてほしいの?

人の気を惹きたいの?

自己顕示欲か、自己承認欲求?

と、思われる可能性があるのでやめておきましょう。

なるべく返信は1人1人に行う

グループライン内の返信は1人1人に対して行うと、丁寧さや礼儀正しさを感じさせて好印象を持たれやすいでしょう。

特定の相手のメッセージを「引用し」、自分のメッセージをぶら下げてコメントできる『リプライ機能』を使うと、自分がどのメッセージに反応しているかが周囲から一目瞭然です。

また、特定の相手に話しかける機能として『メンション』があります。

グループライン内では、参加している個人を指定し、その人に向かってメッセージを送るような形で使用します。

グループトークの通知とは別に「メンション通知」を指定した人に飛ばすことが出来ます。

これらの機能を使い、グループライン内で返信していくと、コミュニケーションがよりスムーズになるはずです。

返信がなくても気にしない

返信がないから無視されているというより、返信しなくてもよい内容ならいちいち返さない方もいます。

そのため、返信がなくても不安になる必要はありません。

ただ返信がなくても、直接会った際は丁寧に挨拶することを心がけましょう。

スポンサーリンク

子供会のライングループで好印象を与えるコツ

ニコちゃんと鍵とコツと書かれた吹き出し

子供会のライングループ内で印象を良くしたいですよね?

好印象を与えるコツを、3つ挙げますので参考にしてください。

ポジティブな返信を心がける

ネガティブな内容や愚痴は、印象が悪くなるので控えましょう。

ラインの場合、直接話す言葉よりも冷たい印象になったり、本人が意図しない内容に受け取られてしまう可能性があります。

言葉を慎重に選び、なるべくポジティブに、分かり易くすることを意識しましょう。

必ず返信する

既読スルーは、送り手を多少なりとも傷つけます。

他の人が反応しなくても、自分は率先して返信するくらいの気持ちがいいでしょう。

マメな返信は『気遣いの出来る人』と思われ、良い印象を与えます。

謙虚な姿勢を忘れない

仲良くなってきても、言葉遣いは悪くならないように気をつけましょう。

子供会の連絡をするためのグループラインです。

節度をもって、参加しましょう。

子供会のライングループでの注意点

注意の文字と青色鉛筆

友人同士で送るメッセージとは異なり、子供会のライングループを利用するときには気をつけるポイントがあります。

それでは、ライングループ内の注意点についてお伝えします。

個人的な内容は避ける 

「仲良くなりたい。」

「自分のことをみんなに知ってほしい。」

と、アピールしようとする方もいるかもしれませんが、あくまでも子供会の連絡用のグループラインです。

個人的な内容が続くと不快に思う人もいますし、ラインをするごとに通知はグループトークに参加している全員に届きます。

個人的な内容は、送らないようにしましょう。

早朝や深夜のラインはしない

メッセージを送る時間帯にも注意が必要です。

他のグループラインのメンバーが寝ている時間帯は、通知で起こしてしまう可能性があるので避けましょう。

早朝や深夜は避けて、日中の活動時間帯にメッセージを送るようにしましょう。

【子供会】ライングループの挨拶の例文!自己紹介のポイントのまとめ

今回は、子供会のグループラインでの自己紹介の挨拶に悩んでいる方にむけて、挨拶の仕方やタイミング。

自己紹介を失敗しないためのポイントや、好印象を与える方法をお伝えしてきました。

参考にしていただき、上手に使いこなして、グループライン内でよい人間関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました