ドライイーストは体に悪い?体への影響や代用品について

ドライイーストは体に悪いって本当なのか、すごく気になりますね!

パンなどを家庭で作る場合に必要となるドライイーストですが、体への影響はないのか色々と心配。

また、ドライイーストがないけれどパンを作りたい場合って、何で代用すれば良いもの?

今回はドライイーストは体に悪いのか、体への影響が何かしらあるのか、そしてドライイーストの代用品になるものを詳しくご紹介!

ぜひパン作りの際には参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ドライイーストが体に悪いと言われる理由は?

ドライイースト

ドライイーストが体に悪い、と言われているのには、以下のような理由があります。

食品添加物だから?

ドライイーストには、食品添加物が含まれているから体に悪い、というイメージがあるんですよ!

でも実際には、ドライイーストって食品添加物は含まれていないため、体に悪いワケではありません。

確かに、ドライイーストって長持ちするものだから、何か体への影響のある添加物を使って、製造されているんじゃないか、と不安になるでしょう。

私自身もドライイーストには、以前まではあまり良いイメージがなかったのです。

ところが本当は、ドライイーストって純粋に培養した酵母菌を仮死状態にして乾燥させているだけのものなので、危険だったり、体への影響はないもの。

ドライイーストって添加物なしだったのですね!

私も添加物が含まれていないと知って、かなりホッとしましたよ。

イーストフードと間違われるから?

ドライイーストが体に悪いと言われているのには、イーストフードと間違われていることも理由の一つでしょう。

ですが実はイーストフードとドライイーストって別物なんですよ!

名前が似ているので間違われやすく、体への影響があるのではと思われがちですが、イーストフードとはそもそも、食品添加物の一つなのです。

一方、ドライイーストは酵母菌を乾燥させただけのものなので、体に悪いことや、体への影響はないと言えるものですね。

私もイーストフードとドライイーストって、違いがイマイチ分からなかったのですが、食品添加物と乾燥させた酵母菌という違いを知ることが出来ました!

違いが理解できると、ドライイーストが危険ではなく、体への影響もないことが分かりますね。

「菌」が悪いイメージに?

どうしても人間って、「菌」という名前が付いているものには、あまり良くない体への影響があるのではないか、と心配になってしまいます。

「菌」と聞くと、不衛生だったり体に悪いというイメージが付きまといますね。

でもドライイースト、つまり酵母菌は体への影響を及ぼさない、良い菌のことなんですよ!

しかも納豆には納豆菌が、ヨーグルトなどには乳酸菌が含まれており、「菌」というものだけでは、体に悪いものとか、衛生的ではないものとは言い切れないのです。

とても良い、体への影響を与えてくれる菌も自然界には多いので、ドライイーストも今後は安心してパン作りなどに使うようにしましょうね!

ちなみに、私は学生時代に菌とかカビとかのことを少し勉強したのですが、地球上には乳酸菌やコウジカビなど、私たちの食生活を手助けしてくれる微生物がかなりいます。

ドライイーストもそのうちの一つと考えて、体に悪いというイメージは捨てていきましょうね!

スポンサーリンク

ドライイーストの原材料は何?

パン

ドライイーストの原料はズバリ、酵母菌ですね。

純粋培養された酵母菌なので、パンだったりピザ生地を作るのには最適。

改めてご説明すると、ドライイーストは酵母菌を乾燥させた状態にして製造しているものなので、保存期間がかなり長いのですよ!

原材料から見ても、ドライイーストって不純物は含まれていないので、どうか安心して、調理に使っていくようにしてくださいませ。

私も家でパンを作りたいと以前から考えていたので、これからは迷うことなく、ドライイーストを使うようにしますね!

スポンサーリンク

ドライイーストの体への影響は?

木の人形がうなだれている様子

ドライイーストをパンやピザ生地作りに使ったとしても、体への影響はありません。

純粋培養された酵母菌で作られているだけのものなので、体への影響は心配しなくても大丈夫ですよ!

確かに、長持ちするドライイーストって、ちょっと体への影響がないのか不安に感じる場合もあるでしょう。

ですが、単なる乾燥させた酵母菌であるだけなので、体への影響は疑問視しなくてOK!

お子さんが手作りパンを食べたい、と言ってきた場合でも、ドライイーストを使ってパンを作っても大丈夫なんです。

体への影響がないって、すごく安心できるものですね!

むしろ酵母菌がないと、パンやピザ生地って膨らみが悪くなるし美味しく作ることが出来ないので、ドライイーストは必須といえるでしょう。

スポンサーリンク

古いドライイーストは体に悪い?

ボウルに入ったドライイースト

古いドライイーストであっても、未開封であれば、パッケージに表示されている賞味期限を2年過ぎたぐらいでしたら、まだ使えるし体に悪いこともありませんよ。

ただし未開封でも2年を過ぎていたり、開封済みで賞味期限が過ぎている、もしくはドライイーストをお湯に入れてかき混ぜて、15分放置した時に、ぶくぶくと泡が出てこない場合はもう使えないので処分しましょう。

古いドライイーストを使うと、そもそもパンやピザ生地がきちんと膨らまないので、美味しく作ることが出来ません。

また、特に開封済みの古くなっているドライイーストは、酵母菌が完全に死んでいるだけでなく、カビなど有害な微生物も混じっている可能性があるので、使うのは危険ですよ!

くれぐれもドライイーストは、期限以内に使い切りましょうね。

古いドライイーストが使えるか確認する方法

確認

パン作りが終わると、密閉して保管されているドライイーストですが、これはまだ使えるのかしら・・・と考えることがあると思います。

まず、ドライイーストが未開封の場合、密閉保存が出来ている場合は基本的に腐ることはありません。
もちろん保存状態でカビが生えている、虫がわいている場合は使用せずにすぐに破棄しましょう。

それでも長期間経っているドライイーストだし、使っていいのか悩む・・・という方には、下記の手順でお試しいただくとその悩みは解決できます!

*ドライイーストの確認方法*
・ドライイースト 3.5g
・砂糖 2g
・ぬるま湯 50cc (約35℃ぐらい)

これら3つを混ぜて大体10〜15分程度放置します。

放置している間にブクブクと泡立ってきたらイースト菌が活動していることになり、まだ使用することが可能ということになります。


↑こちらの動画で実際のやり方が確認できます!

ドライイーストの保存方法は?

ジップロック

ドライイーストが安全なものと分かり、使ってみようと思うが保存はどうすればいいの?
と次の疑問を抱く方もいるでしょう。

イースト菌も生きているので、できるだけ良い状態で保存しておくと、次回使用時にも美味しくパンを焼くことができます。

そこで大切なことは「密閉保存」です。

開封後、できる限り空気に触れないようにしっかりと密閉してあげましょう。

家庭にあるビンやペットボトル、タッパーなどがオススメです。

しっかり蓋を閉めた後はイースト菌の活動を停止させるために、冷蔵庫での保存が良いとされています。

常温で保存してしまうとイースト菌の活性力を止めることができず、使用時に活性力がすっかり衰えてしまい、美味しいパンが焼けなくなってしまう可能性があるので注意してください。

ドライイーストの代用品はある?

ドライイーストの粉

パンやピザ生地を作りたいけれど、ドライイーストを切らしていたり、古くなっていたりしたら、以下の代用品を使うと良いでしょう。

ベーキングパウダー

ベーキングパウダーはいわゆる「膨らし粉」とも言われるものなので、ドライイーストの代用品として十分に使えますよ!

もちろん体に悪いこともないし、体への悪影響もありません。

天然酵母

天然酵母がある場合も、ドライイーストの代用品として使って問題なし。

ただしドライイーストと比べて、天然酵母は生地の発酵に少し時間がかかるので、余裕があるときのパンやピザ生地作りの際に使うことをおすすめします。

ママパン/ママの手作りパン屋さん

重曹

重曹も代用品としてつかえますが、注意すべきなのは、必ず「食用」の重曹を使うこと!

実は重曹って掃除や洗濯に使う用のものと、調理に使える「食用」のものがあるんですよ。

この「食用」の重曹って、掃除用の重曹と比べて、不純物が全く入っていないのです。

安全なパンやピザ生地などを作るためにも、ぜひ重曹は「食用」を使ってくださいね。

また、重曹をドライイーストの代用品として使う際は、あまり重曹を多く入れ過ぎてしまうと、味が苦くなることもあるんです。

そのため、重曹を使う場合は、レシピをしっかりチェックして、記載されている分量通りの重曹を使いましょう。

以上がドライイーストの代用品なのですが、私個人的には、ベーキングパウダーを使ってパンやピザ生地作りをするのがおすすめですよ!

ベーキングパウダーの方が膨らみが良いので、初心者でも美味しくパンやピザ生地を作れるでしょう。

ドライイーストは体に悪い?体への影響や代用品のまとめ

ドライイーストは体に悪い、なんてことはなく体への影響もないといえます。

原料は純粋培養して乾燥させた酵母菌だし、食品添加物なども入っていませんよ。

酵母菌は体に悪い菌ではないので、ぜひドライイーストを使ってパンなどを作ってみましょう。

ただし、ドライイーストがない時は代用品として、ベーキングパウダーや天然酵母、もしくは「食用」の重曹を使うこと。

パン作りにチャレンジする際には、ドライイーストかもしくはベーキングパウダーなどを活用して、美味しく作ってみてくださいませ!

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました