子供の習い事はいつから始めるべき?年齢や習い事の種類別に徹底解説!

子育て

子どもの習い事っていつから始めるか悩みますよね。

幼稚園入園が決まってはいても入園前に始めた方がいいのかな・・・ 

入園した後に初めても遅くないのかな・・・

年齢に合った習い事ってどんなのがあるんだろう・・・

習い事はいつから始めたらいいのか、年齢別の習い事をまとめてみました!

スポンサーリンク

子供の習い事はいつから始めることが多い?

習い事をしている女の子

幼稚園入園を一つの目安として習い事を始める人が多いですよね。

習い事を始めるタイミングとして、入園前か入園後か気になるところです。

未就学児はまだ始めていないことが多い

幼稚園入園前から習い事を始める人もいますが、みんながそうというわけではありません。

むしろ幼稚園や保育園に通っていればそれだけでも十分な場合もありますよね。

意外にも未就学児は習い事をしていない子どもも多いようです。

6歳頃から始めることが多い

小学校を控える6歳前後で習い事を始める子どもも一定数いるようです。

幼稚園入園後、友達との関係性に慣れてくると新しい事を始めるのも良さそうですよね。

習い事をしない家庭も多い

最近ではわざわざ習い事をさせない家庭も多いですよ。

生活している環境や関わる人間関係によって受ける影響があります。

しかし、必ずしも習い事をしたからといって親の願う通りに成長するわけではありません。

本人が望むわけでもない場合、習い事をしないという選択をする家庭もあるようです。

未就学児から習い事をするメリット

未就学児から習い事をさせるとどのような良い効果があるのか調べて見ました。

どんな習い事をするかで習い事別のメリットがあったりしますね。

習い事で得られるメリットとしては、習い事による技術や能力がはもちろん!

精神面を鍛えられたり、コミュニケーション能力があがったりする事がメリットではないでしょうか。

未就学児から習い事をするデメリット

逆に習い事をすることによって起こる良くない点があるのでしょうか。

デメリットとしてあげるとすれば、親子の時間が取りずらかったりするかもしれません。

苦手や嫌という気持ちで習い事を続ければ、本人にとって習い事自体がデメリットになりそうです。

どれくらいの頻度で通うか

いくら習い事が良いからと言っても、毎日朝から晩まで習い事に行かせるわけにはいきませんよね。

家庭ごとの教育方針や、親の仕事と送り迎えの都合など、無理のない頻度がおすすめです。

気になる習い事にかける費用

習い事といって一番気になる部分が費用ですよね。

スポンサーリンク

子供の習い事はいつから始めても遅くない

習い事をする男の子

子どもの習い事に遅い早いはありません。

家庭の事情や子どもの状況に合わせて一番良いタイミングで始められたらベストですね!

子供がやる気になることが大切

どんな習い事でも興味が無かったり嫌々やっては意味がありませんよね。

子どもがやる気になってる事が大切です。

始めるタイミングの注意点

習い事を始めるタイミングで注意したいことがあるとすればどんなことでしょう。

まず、子どもが本当にやりたいと思えているか気にしてみましょう。

習い事の時間や送り迎えに無理はありませんか?

習い事の費用は家計を圧迫していませんか?

いくら習い事が良いと言っても色んな部分で無理があっては続けられないですよね。

子供の身につく習い事をするためのコツ

習い事をしても子どもの普段の生活に身についてくれたらいいですよね。

やはり家に帰ってきて復習をしたり、親が気にしてあげるのが良さそうです。

習い事を習い事だけで終わらせず、生活の中で行動できるように促してあげるのもいいですね!

スポンサーリンク

子供の習い事をいつから始めるか判断基準:年齢別

様々な年齢の子ども

子どもの習い事を始めるタイミングを年齢別にみてみました。

0~2歳

首がすわった赤ちゃんで生まれて半年から参加できるベビースイミングなどがあります。

0歳からでもお母さんやお父さんと一緒に学べる習い事がありますよね!

3歳以下の習い事は基本親と一緒にが多いかもしれません。

専業主婦や育休中で時間がある親の気分転換にも良いかもしれませんね。

3~5歳

3歳から幼稚園に通い始める子が多いですよね。

幼稚園が終わった後習い事に通うということになりそうです。

親子で習い事に参加する事は減り、親が送り迎えをする事が増えそうです。

6歳~

小学校に上がる頃になると、習い事によってはひとりで通ったりする子もいるでしょう。

周りのお友達がやっている習い事に興味が出て、自分から習い事をしたいと言うかもしれません。

興味をもった習い事の方がやる気があって始めるのにぴったりなタイミングですね!

スポンサーリンク

子供の習い事をいつから始めるか判断基準:種類別

レッスン

子どもの習い事によっては習い事の種類で何歳から始めるのが良いか変わって来ますよね。

勉強系

赤ちゃんでも始められるベビー公文や、ベビーチャレンジなどは0歳の赤ちゃんも始める事ができます。

英語教室も年齢別にクラスが組まれていたりするので、始めやすいかもしれません。

国語・算数の用に科目別となるとやはり読み書きができる年齢になってからの方が、

始めるタイミングとしては良いかも知れませんね。

運動系

ベビースイミングという名の通り赤ちゃんでも始められる運動系の習い事があります。

3歳くらいからキッズサッカークラブなども目にする気がします。

体操クラブのような体を動かす習い事は未就学児から通う子もいるようです。

小学生になると小学校でのクラブ活動などから興味をもつ場合があります。

そこからスポーツを習い事として通い始める子も多いと思います。

芸術系

ピアノやリトミックなど音楽系の習い事は幼い時期から始める子どもが多い気がします。

小さい頃から音楽に触れていると、ダンスなどの踊りに興味をもつ子も増えてると思います。

オンライン

最近は小学校の授業でもタブレットを使ったりしますよね。

そのタブレットを使ったオンラインで学べる習い事とかも今の時代にあった方法かもしれませんね!

オンライン英会話やプログラミング、オンラインダンスレッスンなど種類も徐々に増えてきています。

子供の習い事をいつから始めるか判断基準:子供の成長度合い別

勉強する二人の子供

子どもの習い事を始める一つの基準に子どもの成長度合いに合わせるのも良いです。

子供に意欲があったら

子どものやる気が見られるタイミングは始めるのにベストかもしれません!

どんな習い事も継続しないと意味がありませんよね。

子どもにその意欲があったらぜひとも習い事をさせたいところです。

先生と会話ができるようになったら

どんな習い事にも先生とのコミュニケーションはかかせません。

会話ができるようになってから習い事を始めると、

子どもにとってもストレスが少ないかもしれません。

子供が友達をほしがったら

保育園や幼稚園に通ってない子どもの場合、友達を作る機会が少ないですよね。

公園に行って他の子どもたちと遊びたそうにしている子どもの様子をみつけたら、

習い事を始めるのも良さそうです。

子供の習い事をいつから始めるか判断基準:親の都合

親子

子どもの習い事を始めるタイミングとして親の都合に合わせる場合もあります。

四六時中子供の相手をするのが辛くなったら

専業主婦や育休中だから、子どもと一日中2人きりで過ごすのは結構苦痛だったりします。

いくら可愛い我が子でも、可愛いだけではどうにもならない事がありますよね。

そんなとき親の気分転換も兼ねて、習い事を始めるのも良いかも知れません。

習い事にかける費用が捻出できたら

習い事を始めたくても費用が準備できなかったら始められません。

習い事を始めたら毎月かかる固定費だと思うくらいに資金を用意しておくとよさそうです。

今月はあるけど、来月はないとなっては習い事を続けられませんよね。

習い事の費用を捻出できたタイミングで習い事を始めるのも一つの方法です。

子供の習い事はいつからいつまで続けることが多い?

ピアノを弾いている女の子

いざ子どもの習い事をはじめました!となって、やめ時とかってあるのか気になりますよね。

一つのタイミングとしては入園、入学などの進級を目処に続ける人は多いのではないでしょうか。

習い事によっては小学校卒業するまで、それ以降も続けられるのもありますよね。

あるいは子どもの時だからできる習い事もあったりします。

習い事別にどのくらい続けたらいいかは変わってくるので、

始めるときに終わるタイミングもあらかじめ目処たてておくのも良さそうです。

子供の習い事はいつから始めるべき?年齢や習い事のまとめ

子どもの習い事を始めるタイミングに早い遅いはありませんでした。

年齢別や、習い事の種類別、あるいは子どもの成長度合いによって習い事を始める事ができます。

また、親の都合や家庭の事情で習い事を始めるタイミングは異なってきます。

しかし、一番は子どもの関心がありやる気意欲があるかどうかが大切ではないでしょうか。

子どもにとってストレスなく楽しく続けられる習い事を始められるといいですね♪

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました