子供の性格の書き方は?中学受験の願書の自己紹介の例文

小学校

近頃は中学受験をする家庭が増えてきているようです。

独自のカリキュラムや、中高一貫教育を受けられるなど、私立中学校、国立中学校は魅力的ですよね。

中学受験の願書を見ていると、子供の性格を書く欄を見つけました。

子供の性格の書き方がわからず困ってしまった私です。

そこで、中学受験での子供の性格の書き方についてや、親から見た子供の長所や短所の書き方について調べてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

中学受験の願書で子供の性格はなぜ必要なの?

中学受験の願書で、子供の性格はなぜ必要なのでしょうか?

調べてみました。

学校側は中学受験の願書の性格欄から、子供や保護者がいかに子供のことを客観視できているか?を見極めるために性格を聞いていることがわかりました。

そのため、子供の性格の書き方は、なるべく客観的に子供を分析して行うようにしたいです。

スポンサーリンク

【中学受験】自己紹介の書き方は?

中学受験の願書で書く子供の性格の書き方、自己紹介の書き方について調べてみました。

子供本人が書く場合

子供本人が書く場合、自分の性格をしっかり自己分析し、周りから見た自分はどんな人間なのか?考えて、性格について書くと良いでしょう。

親から見た性格を書く場合

親から見た子供の長所や性格を書く場合、普段子供と関わっている親が感じた子供の長所や短所について正直に書くようにしましょう。

子どもはおとなしい性格なのか?それとも活発なのか?、好奇心旺盛なのか?それとも引っ込み思案なのか?考えてみましょう。

短所・長所どちらかしか見つからない時の対処法

子供の性格について考えている時に、短所しか見当たらない、長所しか見当たらない、そう悩んでしまう方も少なくないかもしれません。

短所、長所のどちらかしか見当たらないのは、自己分析の仕方を間違っているだけなので、心配ありません。

とはいえ、自分の性格を自己分析するというのは、とても難しいものです。

自己分析に行き詰まってしまった時は、子供自身のことを良く知っている友人や家族に、長所や短所についてどう感じるか聞いてみると良いです。

そうすることで、子供の性格に気づくヒントになってくれるでしょう。

スポンサーリンク

子供の性格を書く時のコツ

子どもの性格の書き方のコツは、どうしてそのような性格だと感じるかという、エピソードを添えることです。

例えば、優しいという長所を書いた時、お年寄りが困っているのを見たら声をかけずにはいられないというエピソードを添えると良いでしょう。

スポンサーリンク

【中学受験】子供の性格の書き方例文

続いては、親から見た子供の長所や短所を中学受験の願書に書く場合の例文を紹介します。

負けず嫌い

親から見た子供の長所が負けず嫌いだった場合の例文です。

負けず嫌いで何事にも一生懸命に取り組めるところが長所です。

小学校生活でも、他のクラスメイトに負けないように勉強や運動に励んでいる様子を何度も見てきました。

整理整頓が苦手

続いては、親から見た子供の短所が、整理整頓が苦手という場合の例文です。

短所は、整理整頓が苦手なところです。

小学校生活でも、授業でもらったプリントが机の中でぐちゃぐちゃになってしまうことがありました。

しかし、そんな自分を何とか変えたいと子供自身考え、プリントは色分けしたファイルにしまうなど行動を見直すようにしてきました。

そうすることで、プリントがぐちゃぐちゃになったり、無くしてしまうということはなくなりました。

中学生活でも、整理整頓が苦手だという自分の短所を忘れないようにしながら、整理整頓を意識的にできるように心がけてほしいです。

人見知りがある

親から見た子供の短所が、人見知りがあるという点の例文です。

短所は、人見知りなところです。

小学校時代も人見知りのため、最初はなかなか友達ができませんでした。

しかし、そんな自分を変えたくて、部活動やボーイスカウトに参加したことで、少しずつ友達ができるようになりました。

中学校生活では、この時の経験を活かし、自分から積極的に話しかけるように頑張り友達を作っていってほしいです。

親から見た子供の長所

親から見た子供の長所が、明るい性格であるという場合の例文です。

明るい性格で友達も多く、元気なところが長所です。

小学校時代も、毎日たくさんの友達に囲まれて楽しそうに生活していました。

また、我が家のムードメーカー的な存在であり、家の中を明るくしてくれます。

親から見た子供の短所

親から見た子供の短所が、やりたくないことを後回しにしてしまうことの場合の例文です。

短所は自分がやりたいことを優先してしまい、やらなければいけないことを後回しにしてしまうところです。

しかし、中学受験に向けて、やりたくない勉強も自ら机に向かってしているなど、子供自身変わろうとしているように思います。

中学校生活では、苦手なことを後回しせず、自ら進んで取り組んでほしいと願っています。

中学受験の願書に書く子供の性格で気をつける事は?

願書に書く子供の性格の書き方で気をつけることは、長所は明確に、短所は可能な限り肯定的に書くことです。

また、長所しか書いていない、短所しか書いていない、嘘を書くということもしないように気をつけましょう。

子供の性格の書き方は?中学受験の願書の例文のまとめ

中学受験の願書に書く子供の性格は、長所は明確に、短所は可能な限り肯定的に書くことが大切だとわかりました。

嘘は書かず正直に書くことが必要だともわかりました。

また、親から見た子どもの長所と短所の例文も紹介してみたので、願書を書く際の参考になれば幸いです。

私も、子供の性格の書き方の注意点に気をつけたり、例文を参考にしながら、中学受験の願書を書いていきたいなと思います。

お得に遊ぶ

>>アソビュー(レジャー施設・体験がお得!)

お得に旅する

>>楽天トラベル(クーポン)

>>じゃらん(クーポン)

>>Yahoo!トラベル(最大10%割引のキャンペーン中!)

 

ミールキットで時短家事
>>HelloFresh(世界中の味を手軽に楽しめて最大8,000円OFF!)

オイシックスのお試しセット(3日間の献立キットも入って1980円!)

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました