お茶のペットボトルは体に悪い?理由と急須で入れた時との違い

生活

ペットボトルのお茶は手軽に飲めて助かりますよね。

気軽に緑茶などが飲め、健康にもよさそうな感じがしますよね。

しかし、ペットボトルのお茶が体に悪い?という噂があります。

なぜなのでしょうか!

ここでペットボトルのお茶が体に悪いのか、急須で入れた時との違いなどを紹介していきたいと思います。

最後までお付き合いいただけますと幸いです。

\学校生活の感染対策/
⇒【楽天】不織布マスク人気ランキング
⇒【Amazon】不織布マスク人気ランキング
▲▲いま売れ筋の商品は?▲▲

スポンサーリンク

本当にお茶のペットボトルは体に悪いの?

ネットで検索するとたくさん「ペットボトルのお茶が危険」と出てきます。

ペットボトルのお茶が体に悪いとされるのは何故なのでしょうか。

紹介していきますね。

農薬が入ってる?

ペットボトルのお茶の原料となる茶葉に農薬が使われていて、飲むと体に悪いといううわさがあります。

茶葉を育てる際に農薬を使うのは仕方がないように思えますよね。

それが健康に被害を与えるほど残ってしまうのでしょうか?

日本は流通する際に検査態勢が整えられています。

なので、体に悪い商品が市場に並んでしまう事はなかなかないのではないかと考えられます。

しかし、お茶にはカフェインが含まれます。

カフェインには記憶力向上などの良い効果がありますが、摂りすぎると神経過敏や胃腸障害を起こすこともあり、適量を超えてしまうと健康に害が出てしまうので注意が必要です。

その他、鉄の吸収を妨げてしまうタンニンや尿路結石の原因にもなるシュウ酸なども含まれているので、飲みすぎには気を付けた方がよさそうです。

しかし、水であっても飲みすぎると健康に害を与えることがあるので、過剰に怖がることはないと思います。

添加物が入ってる?

ペットボトルのお茶には、酸化防止剤のビタミンCが入っています。

このビタミンCという添加物は、お茶の酸化を防ぐためのもので、果物からとれるビタミンとは違いほとんどが遺伝子組み換えトウモロコシから抽出されているそうです。

ビタミンCは発がん性があると言われているため、ペットボトルのお茶は危険と言われてしまうのかもしれませんね。

たしかに、体に悪い気がしてきます。

しかし、この酸化防止剤が入っていることで、いつでも季節を問わずにお茶が飲めるというわけなんですよね。

厚生労働省の報告によれば、酸化防止剤が発がん性などの有毒なものを有しないと評価しているものの、過剰摂取すると下痢の原因になることもあると言っています。

ペットボトルの成分表に添加物などの記載があるので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

緑茶を飲むと健康になるはず!と考えてたくさん飲むのは、控えたほうがよさそうです。

スポンサーリンク

ペットボトルのお茶の原料は?

様々な種類のペットボトルのお茶があります。

なのでお茶の原料が国産のものであったり、中国産の物であったり、一部が国産茶葉を使っているというものもあります。

気になる方はよく飲むお茶のホームページを見てみるとすぐにわかるので、試してみて下さいね。

超有名なお茶の原料を見てみると、国内の色々な産地の茶葉を混ぜて使っていると書いてありました。

ちなみに一番茶と二番茶の違いは、二番茶の方が栄養成分が少なくなるものの味はサッパリしているんだとか。

ペットボトルのお茶は、一番茶を使っているものや、茶葉のブレンドを工夫しているもの、抽出方法を低温でしているものなどがあります。

そうやって色や香り、味の違いを出しているんですね。

スポンサーリンク

急須で入れたお茶との違いは?

急須で入れたお茶とペットボトルのお茶では味が違うようです。

何故なのでしょうか。

急須で入れる為に購入する茶葉は、ペットボトルの茶葉に比べて高価なものになります。

なので良質な茶葉となり、ペットボトルのお茶よりも美味しく感じるのは当然なことのようです。

そして急須で入れるお茶にはたくさんの健康の元になる栄養が入っています。

カテキンなどはよく聞きますよね。

カテキンには抗酸化作用があり、病気予防や解毒なんかもしてくれる優れものです。

急須のお茶にはその他、抗ウイルス作用や中性脂肪上昇抑制などの効果があり、健康機能食品となっています。

さらにペットボトルのお茶は、二番茶家三番茶の茶葉を使っていることもあるため、お茶の旨味も損なわれてしまうのです。

ここまで言うと、ペットボトルのお茶に良いところがないと感じてしまいますが、ペットボトルのお茶にも栄養はあり、良いところもあります。

ペットボトルの成分表を見てみると、それぞれ商品によって違いはありますが、カテキンなどが含まれていますので、見てみて下さいね。

そして、一番は手軽に飲めるという便利さがありますよね。

お茶が好きで、急須でもペットボトルでも楽しみたい方は、気分によって使い分けて上手に付き合って行くのがよさそうです。

スポンサーリンク

お茶のペットボトルは体に悪い?理由と急須で入れた時との違いのまとめ

お茶のペットボトルについて紹介してきました。

急須で入れたお茶にはたくさんの栄養がありますが、ペットボトルにも手軽に飲めるという良さがあります。

過剰に飲みすぎると体に悪いというのは、どんなものを飲んでてもあることなので、過剰摂取しなければ問題なさそうです。

あんまり心配し過ぎる事無く、水分補給は大事なので、上手に飲んでいきましょうね!

\学校生活の感染対策/
⇒【楽天】不織布マスク人気ランキング
⇒【Amazon】不織布マスク人気ランキング
▲▲いま売れ筋の商品は?▲▲

タイトルとURLをコピーしました