後輩へのメッセージ!中学校の部活引退で一言・応援メッセージの例文

生活

中学校の部活引退時に贈る、後輩へのメッセージ。

感謝や伝えたい思いなどたくさんあれど、どう伝えたらいいのかわからない!思いがあふれて文字がまとまらない!と頭を抱える生徒さんは多いのではないでしょうか??

そんな悩めるみなさんのお力になるべくいくつかポイントをまとめてみましたので、要チェック♪

中学校の部活引退の時に贈りたい後輩への一言メッセージや応援メッセージの例文をお伝えします。

スポンサーリンク

中学校の部活引退で後輩へのメッセージは何を言えばいいの?

共に頑張ってきた後輩に伝えたい感謝の気持ちや、先輩がいなくなった後も頑張る後輩に一言メッセージを贈って中学校部活を締めくくりましょう♪

メッセージを伝える際のポイントとしては以下の5つです。

  • 一緒に頑張ってきたことへのお礼の言葉
  • 後輩の良かったところを褒める
  • これからも応援していることを伝える
  • 困ったときは相談してほしいことを伝える
  • 仲の良かった後輩には個人的なエピソードを入れる

どんな小さなことでもいいので『ありがとう』という気持ちを込めてメッセージを考えると良いですよ。

スポンサーリンク

後輩への一言メッセージの例文

まずは運動部の後輩への一言メッセージ。

運動部の後輩への一言メッセージ

試合や大会で勝って引退する場合

今回の大会でよい結果が出せたのは、私たちに必死についてきてくれた後輩達がいてくれたからだと思っています。

大会での勝利は先輩たちの力だけではなく、ちゃんとついてきてくれた後輩がいてこその勝利だということを、しっかり伝えることが後輩の自信にもつながりますし、とても大切ですね。

普段、coolであまり気持ちを表に出さない先輩からこんなことを言われたらそれはもう…。

そんなのずるいよ~と涙する後輩続出かも…??

きちんと感謝を伝えることで、後輩が中学校で部活に費やしてきた時間があっという間にキラキラ輝くものに変わるかも♪

このメンバーだからこそ、今回の大会でいい結果が残せたのだと思います。

「このメンバーだからこそ」という一言は、このメンバーでなくてはならなかった!という意味をもちます。

特に中学校生活という大切な時間をついやし、部活に精を出している子ほど、先輩からの目を過剰に気にする傾向にあります。

先輩からのこの一言は、先輩に認められた!という実感をもち、中学校生活で頑張ってきた時間は無駄じゃなかったんだ!と達成感という贈り物をしてあげられちゃうんですね♪

これほど価値のある後輩への応援メッセージという名のプレゼントはないのでは?

手のかかる後輩だった子であれば尚のこと、この一言は心に響くことでしょう♪

文化部の後輩への一言メッセージ

何かと気が合う○○が入部してくれてから部活の時間があっという間に過ぎていくように感じるほど、とても楽しく充実した時間になりました。

何事にも前向きに一生懸命に取り組む○○。

あまり無理しすぎず○○のペースで歩み、たくさんのきらきらしたときを楽しんでください♪

仲のよい先輩から、中学校部活引退時に一言、後輩と過ごした時間は良い時間だったと言われたら、それはもう嬉しくなっちゃいます。

この一言で、後輩は自分ばかりが一方通行に楽しんでいたのではなかったんだと安堵し、後輩との関係を深めるチャンスにも♪

連絡先を交換したりしているのであれば、引退時の後輩へのメッセージとして、またいつでも連絡してきやすいように一言添えてあげるのもよいかと思います♪

中学校生活でつちかった人間関係、経験は貴重。

つかず離れず、距離感は大切に。

毎日穏やかに楽しく部活ができたのはあなたたち後輩がそばで支えてくれていたからだと感じています。

中学校部活の人間関係は大人になりかけている時期なのでいろいろありますよね。

ですが、先輩と後輩との関係性がさっぱりとしたものだったときも、実は先輩は後輩のことをちゃんと気にかけていたんだよ、そして、感謝していたんだよ、ということを一言伝えてあげられるといいですね♪

どんな関係性だったとしても感謝されると嬉しくなるものですよ♪

スポンサーリンク

後輩への一言メッセージの例文

先輩たちがいなくなったあとも頑張っていけるような、背中を押してあげられるような、そんな後輩への応援メッセージを下記でご紹介しています♪

運動部の後輩への応援メッセージ

私たちが成し遂げられなかったことをあなた達ならきっと成し遂げられると信じています。

来年こそよい結果につながるよう頑張ってください!

後輩達なら自分たちが出来なかったことをやり遂げてくれると信じている。といった後輩への応援メッセージを先輩から受け取ることで、後輩は先輩から認められたという自信にもなります。

先輩の分まで頑張ろうと奮起するきっかけ作りにもなり、結果、この一言でやさしく背中を押してあげられるという好循環につながりやすいと思います♪

今まで私たちを支えてくれて、そして、一生懸命ついてきてくれて本当にありがとう!

負けた時にこそ、感謝の気持ちを一言、ストレートに伝えることで、悔しさのなかにある後輩への思いが後輩の心にとどきます。

さらにもっと練習を頑張って次こそは絶対勝つ!と、しっかり先輩の思いが伝わると思います♪

いつも笑顔で練習を楽しみ、周りの雰囲気を明るくしてくれていた○○。

みんなのやる気にもつながりとても感謝しています。

あまり目立った活躍がなかった後輩も、どこかよいところをみつけて一言伝えてあげると、ちゃんと気にかけてくれていたことに喜びを感じてもらえるでしょう。

頑張ってきたことは無駄ではなかったと自分を認めることにつながり、これからも頑張っていこう!と思ってくれるはずです♪

文化部の後輩への応援メッセージ

最初は人見知りであまり輪の中に入ろうとしなかった○○。

日がたつにつれ、少しずつ部員のみんなと話せるようになっていったこと、とてもよく頑張っていてすごいな。と私も背中を押される思いでした。

これからも○○らしく部活をいきいきと楽しんでください♪

入部当時からちゃんと気にかけていたこと、どう成長したかを詳しく伝えてあげると、後輩の自信にもなり、更なる成長へのきっかけにもつなげてあげられるかもしれませんね♪

スポンサーリンク

後輩へのメッセージ!中学校の部活引退で一言・応援メッセージの例文のまとめ

こちらでは中学校の部活引退時に伝えたい一言コメントや、後輩への応援メッセージについてまとめてきました。

普段何気なく接していた後輩へのメッセージ。

思いを改まって伝えるという行為は、どこか照れくさく、ちょっと戸惑ってしまうものですよね。

でも、部活引退という締めくくりだからこそ、今までの感謝や思いを素直にストレートに伝えるいいチャンス♪

ぜひ、この機会を大切に、素敵な言葉の贈り物をおくってみてください♪

何気なく贈った一言や、後輩への応援メッセージが後輩さんにとって人生で欠くことのできない大切な言葉になるかも♪

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました