親から子どもへの手紙・高校卒業する息子や娘に向けた例文

お世話になった先生への手紙 生活

高校生の娘や息子に親からメッセージを贈りたい…!

でも改まって親から子供に手紙を書くとなるとなんて書いたらいいのか迷ってしまいますよね。

こちらでは、高校卒業する息子や娘に親から子どもへのメッセージや手紙の例文をまとめてご紹介いたします。

スポンサーリンク

親から子どもへの手紙を書く際の注意点

手紙を書く

おめでとうという気持ちをまず率直に伝えましょう。

そして「お疲れ様」などまずは3年間頑張ったことに対してのメッセージと、これからに向けてのメッセージを入れるといいでしょう。

また、小さな子供のような目線でかかず、一緒に苦楽を共にした家族としてなるべく同じ目線で書くこと。

意外と高校生活の中で色々なことを知っているので、子供扱いしないこと、上から目線にならないことです。

あくまで対等に扱うことだと思います。

高校生は些細なことや、親が自信満々に話している姿を見ると逆に話を聞かなくなることも多いため、将来に希望が持てるような内容にしてプレッシャーはかけすぎないことも大切です。

スポンサーリンク

高校生の娘さんに親から子どもへの手紙の例文

高校を卒業する娘さんに贈る手紙の例文をご紹介します。

進学する場合

○○へ

高校卒業おめでとう。

そして希望の大学に入学出来て本当に良かったね。

部活と勉強との両立は大変だったよね。

それでもどちらも疎かにしないで両方と向き合って、一生懸命に頑張る姿を見て、こうやって色々乗り越えて大人になっていくんだなと感じたよ。

楽しいことや辛いことがたくさんあったと思うけど○○にとって良い経験になったんじゃないかな?

これからは新しい生活が始まるね。

○○にとってこれからも色々な出会いや楽しい事が待っていると思う。

大学生活十分に楽しんでね。

高校卒業おめでとう!

大学に進むと自分でカリキュラムを選んだり、アルバイトを始めたり、世界が広がり、今までよりも自分で考え、進む道を決めることが増えると思います。

不安になることもあるかもしれないけど、きっと大丈夫。

自分を信じて突き進んでください。

もし、間違えたときは、少し後戻りしたり、回り道をしてみたりすることも必要なときもあるかもしれません。

そんなときはうちに帰ってきてね。

美味しいご飯を作って待ってますよ。

就職する場合

高校卒業おめでとう!

勉強に私生活に色々あったと思うけどよく頑張ったね。

これからは一社会人として世に出て行くあなたを家族として全力で応援するよ。

何かあったらいつでも相談に乗るから、あなたは伸び伸びと自分の良い所を発揮して頑張っていってね!

社会でどんな経験をしてまた成長するあなたを見られる事を楽しみにしているよ。

でも頑張りすぎず、たまには息抜きもね!

本当に卒業おめでとう。

卒業おめでとう。

高校生活本当に頑張ったね。

きっと辛いことや悲しいときもあったと思うけど、あなたのその前向きな考えがみんなにやる気を与えたり元気をくれていたと思います。

お母さんもあなたから沢山の笑顔をもらって日々元気に過ごすことができました。

これからも悩んだり、悲しむことがあると思うけれど、あなたならきっと友達に支えてもらったり、自分で考え前を向いて歩いていけると信じています。

いつもあなたのそばには家族がいることを忘れないで下さい。

スポンサーリンク

高校生の息子さんに親から子どもへの手紙の例文

高校を卒業する息子さんに贈る手紙の例文をご紹介します。

進学する場合

高校卒業おめでとう。

あなたにとってこの三年間はどんな時間でしたか?

楽しいことも、悲しいことも、辛いこともたくさんあったね。

長いようで短い3年だったと思います。

お母さんはあなたの貴重な三年間をそばで見て、応援できてとても幸せでした。

キミはとっても大きく成長しました!

努力すること、そしてその努力の先にある喜びを知ることができました。

これはとても大きな大きな宝物です。

この経験を大事にしてください。

きっとこの先いつか役に立つ日が来るはずです。

4月からは大学生だね、家を出ることを寂しく思わないでください。

胸を張って、自由に楽しく大学生活を送ってください。

お父さんとお母さんはいつでもキミの応援団です。

専門学校に進学する子供へメッセージ。

お父さん、お母さんも国家資格を取得するために専門学校に行ったんだけど、4年間の専門学校生活では正直1・2年生になるまで勉強そっちのけで遊んでばかりだったよ。

でもそこでお母さんと仲良くなって、こうして一緒にいられるから遊んでてよかったと思ってる。

だからお前も1・2年生の間はたくさんふざけてたくさん遊びなさい。

嫌でも勉強しなきゃいけないときがくるからそのときは「今までで1番勉強したわー」って思えるくらい勉強しなさい。

今はここまでしか言わないけど、きっと専門学校入学して4年後にお父さんが言ってた意味がわかるから、その時は一緒にうまい酒でも呑んで色々話そうや。

就職する場合

〇〇へ 高校卒業おめでとうございます。

3年間通っている間、母には気が付かないところでいろいろな経験をしたんだろうなって思っています。

気がつけば大人っぽく成長していました。

3月には会社の寮に引っ越しこれからは社会人としてまた大変なことがあると思うけど、がんばりすぎず○○らしくいてください。

いつでも、帰る家と○○の部屋は空いているから。これからもっと成長していくと信じています。

そんな姿を楽しみにしています。

辛い時は、1人で悩まず信頼できる友人や会社の人に相談できる、そうゆう人がみつかるといいなと思っています。

まずは高校3年間お疲れ様でした。

3年間頑張りました。

これから社会人として新たな生活が待っていて今までとは違う環境になるね。

時には壁にぶち当たる時がくるかもしれないけど、3年間のどこかで学んだことを活かしたり誰か友達や周りの人に相談して乗り越えって欲しいです。

高校卒業してもうすぐ20歳になるので恥ずかしくない大人としてこれから頑張って欲しいです。

時には体を休めて楽しい時は楽しんで欲しいです。

スポンサーリンク

高校を卒業する子どもへ贈りたい四字熟語

高校を卒業するお子さんに向けて四字熟語でメッセージを贈るならどんなものがあるでしょうか。

温故知新

過去のことや、古い歴史をよく学び、得た知識を活かして新しい知識を得ていってほしい!

七転八起

若い頃の失敗は財産だと思います。七回転んでも、八回目立ち上がったときの成長と知らないうちに積み重なったパワーを信じよう!

転んだっていい、また自分で立ち上がって頑張ればいい!

一歩前進

新たな一歩を進み出すという意味で「一歩前進」

前途洋洋

これから始まる新しい生活が希望に満ち溢れたものになることを願ってるよ!

今後の人生が大きく広がっていて、希望に満ち溢れている!

一期一会

高校という枠を飛び出して、これから更にたくさんの人と出会う事になると思うけどその一つ一つを大切にして欲しい!

親から子どもへの手紙・高校生の息子や娘に向けた例文のまとめ

こちらでは親から子どもへの手紙・高校生の息子や娘に向けた例文をまとめてきました。

これから専門職に就くために進学するお子さんや社会に出ていく娘さんや息子さんへの応援のメッセージとなるよう心を込めて手紙を贈りたいですね。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました