中学生が塾の夏期講習でかかる費用は?お得情報や塾選びのコツも解説

中学校

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

夏休みといったら、毎年家でダラダラ過ごしているお子さんに「ちゃんと勉強してるの?」とイライラの連続。

中学生ともなれば親の言うことをホイホイ聞いてくれるわけでもなく、もぅウンザリ”(-“”-)”…。

いっそのこと勉強せざるを得ない状況におかないと、うちの子ダメなんじゃない?

そうだ!今年の夏こそ、塾の夏期講習にでも行かせよう!!

そう思い立ったものの、中学生が行く塾での夏期講習はいくらかかるのか、どうやって選べばいいのかわからなくて困っていませんか?

そんなあなたに、この記事では中学生が塾での夏期講習に行く場合の費用、お得に通える情報や塾選びのコツについてご紹介します。

ぜひこの記事を読んで、塾選びの参考にして下さいね♪

スポンサーリンク

中学生の塾の夏期講習は集団と個別で費用が変わる

まず抑えておきたいポイントは、中学生の塾の夏期講習は指導方法によって変わるという点です。

集団指導塾の場合は3~10万、個別指導塾では6~20万と言われ、さらに学年によっても差があります。

詳しく見ていきましょう。

集団指導塾の費用相場 

集団指導塾の費用の相場は3~10万ですが、学年によって差があります。

集団指導塾での夏期講習は中学1,2年生なら3~6万円かかるのが相場ですが、3年生になると受験対策の指導も入ることが多く、8~10万円に上がります。

個別指導塾の費用相場 

個別に指導する塾では、集団指導より料金がかかることが多いのも特徴です。

個別指導塾で夏期講習を受ける場合、費用の相場は中学1,2年生では6~8万円ですが、3年生は10~20万円ほど。

差が大きいところでは集団指導塾の倍の費用になることもありますが、中高一貫校で受験がない場合や塾によっても料金に差はあるため、検討している塾に費用を問い合わせてみると良いでしょう。

中学生の塾の夏期講習の費用は指導方法によって変わり、集団指導塾の場合は3~10万、個別指導塾では6~20万が相場で、学年によって差があります。

スポンサーリンク

中学生の塾の夏期講習は月謝以外にも費用がかかる

中学生の塾の夏期講習は月謝以外にも費用がかかることも忘れてはいけません。

具体的には入会金、教材費、講習費のほか、忘れがちですが塾の場所や時間帯によっては交通費と飲食費もかかります。

入会金

始めて塾に通う場合、入会金だけで1万~2万円が相場とされていますが、個別指導塾では3万ほどかかる場合も少なくはありません。

普段から通っている塾で、通常のカリキュラムにプラスして夏期講習も受ける場合には入会金を支払う必要はありません。

教材費

教材費についても集団指導と個別指導で差があります。

集団指導塾での教材費は1科目毎に2,000円~5,000円ほどが目安ですが、講習代金に含まれていることがほとんどです。

年度によってカリキュラムも変わるため、毎年購入することになります。

上の子で使った教材を下のお子さんに、というわけにはいかないようです…。

個別指導塾では教材は自分の持っているもので済む場合や、先生から指定された教材を購入するケースもあります。

講習費

科目数や授業のコマ数によっても変わりますが、講習期間中に模擬試験やテストなどを受ける場合は別料金なのかも確認しておきましょう。

集団指導の講習費目安…中学1,2年生:3~6万円、3年生8~10万円

個別指導の講習費目安…中学1,2年生6~8万円、3年生は10~20万円

交通費

歩いて行けるところにお子様にピッタリの塾があれば万々歳ですが、そういったケースは現実的には少ないようです。

塾までバスや電車での移動が必要な場合は、往復代が1日だと少額でも連日通うとなるとそれなりに費用がかかることもあり、車で送迎が必要なら、ガソリン代もかかります。

飲食費

中学1,2年生なら部活の後に塾で通う、逆に塾の後に部活などへ通う場合もあるでしょう。

そういったお子さんには、空腹を避けるための飲食代もかかります。

また、夏期講習が何コマもありお昼をまたぐ時間帯、夜遅くまで塾で過ごす場合にはご飯代、休憩中のお菓子代もかかるでしょう。

中学生の夏期講習には、月謝以外に初めて通う場合は入会金も必要で、その他教材費、講習費、塾の場所や通う時間帯によっては交通費と飲食費もかかります。

ただし、飲食費に関してはお弁当やおにぎり、水筒を持たせて費用を削るという手もありますね♪

スポンサーリンク

中学生の塾の夏期講習は普段の月謝より費用がかかる

科目数や授業のコマ数によって費用が大きく変わりますが、学年によっても差が出ます。

中学1,2年生は通常の月謝の2倍ほど、中学3年生だと通常の月謝の3倍から5倍になる場合もあります。

基本的に月謝の2倍

中学1,2年生は通常の月謝の2倍ほどかかります。

コマ数によって金額は変わりますが、夏期講習の設定金額は2倍と高めです。

中3は月謝の3~5倍

中学3年生は受験対策の指導も入るため、さらに費用が上がる傾向があります。

月謝の3倍~5倍が目安ですが、教科やコマ数が増えれば総額も数十万というケースも少なくはありません。

夏期講習は通常の月謝の2倍ほど金額が上がり、受験生になると5倍になるケースもあるなど、かなり費用が掛かるもの、と覚悟していた方が良いでしょう

スポンサーリンク

中学生が塾の夏期講習の費用をお得にするためには?

高額の費用がかかることもある中学生の塾の夏期講習の費用ですが、リーズナブルにする方法は次の5点です。

①塾のキャンペーンを利用する

②個別指導塾は手持ちの教材を使えることがある

③授業のコマ数やコース数を抑える

④苦手科目のみ受講する

⑤オンライン講習にする

一つずつ解説していきますね♪

塾のキャンペーンを利用する

塾のキャンペーンを利用すれば、1万円単位で費用が抑えられることもあります。

期間限定入会金無料、教材費0円!など多くの人が夏期講習を検討し始める5月下旬~6月には各塾でキャンペーンを行い、受講生の争奪戦が始まります。

期間内に申し込めばリーズナブルに受講できるチャンスがあるので、情報集めはキャンペーンの始まる前に済ませておくと良いでしょう。

塾のキャンペーンの時期をあらかじめチェックしておき、情報集めはそれまでに済ませておくと焦らずお得に夏期講習が受けられそうです♪

個別指導塾は手持ちの教材を使えることがある

個別指導塾は手持ちの教材を使えることがあり、その場合は教材費が浮きます。

集団指導塾には必ず教材費が必要なのに比べると、子ども一人ひとりに合わせて指導してくれる個別指導塾では、共通教材を購入する必要がないという塾が多く見られます。

自分が持っている教材を使えたり、先生と相談しながら必要な分だけの教材を購入すれば良いことも多く、教材の無駄を省けます。

個別指導塾は手持ちの教材を使えることがあり、その場合は教材費分の費用が浮きます。

授業のコマ数やコース数を抑える

授業のコマ数やコース数を抑えることで、大幅に費用のスリム化が実現します。

集団塾では苦手な教科、受験に特化したコースや講座を設定しているところもあり、一方個別指導塾の料金は、1コマあたりで設定されていることがほとんどです。

〇〇コースに苦手教科のこの講座を付ければ基礎学力もあげつつ苦手も克服できて成績アップ!と言われると、そんなものなのかと鵜呑みにしてしまいがち。

また、1教科だけのコマ数は余裕と思っても、受講科目が増えれば各科目の授業に復習の時間も加わり、授業内容を消化する時間が足りなくなることも考えられます。

塾から色々おススメされているもの全てを受けてしまうと費用も上がりますが、お子様の集中力にも限りがあるので、コマ数の量が全て結果につながるわけではありません。

勧められた講座の中で、本当に必要と思われるコマ数、コース数に絞ってみましょう。

苦手科目のみ受講する

得意な科目は自学でも取り組みやすいですよね。

なんとなく受講している科目は自習でカバーし、苦手な科目のみ受講するのも費用を抑えるポイントで、これも大きく費用を抑えることにつながります。

苦手な科目は、さかのぼっていくときっかけになるつまずき箇所が存在しています。

つまずき箇所はじっくりおさらいする必要がありますが、どこでつまずいたのかを自力で探すことは難しいので、そうした苦手科目だけを受講するのも費用を抑える方法です。

苦手科目のみ受講すれば費用もかなり抑えられます。

オンライン講習にする

タブレットやパソコンを使ったオンライン講習は、通常の授業に比べ設備や人件費も抑えられるので費用もかなり控えめです。

多くの塾でも導入するケースが増えていますので、ぜひ検討している塾で対応しているかを確認してみましょう。

塾のキャンペーンを利用するために、情報集めは早めに済ませましょう。

また、個別指導塾は手持ちの教材を使えることがあるので教材の無駄を省けるメリットがあります。

その他、本当に必要な授業のコマ数やコース数に抑える、苦手科目のみ受講、オンライン講習にするなどで、夏期講習がお得に受けられます。

中学生が塾の夏期講習の費用がかかっても受けるメリット

中学生が塾の夏期講習の費用がかかっても受けるメリットは、夏期講習の目的と内容を知っておくことで得られます。

夏期講習の目的

夏期講習の目的は1学期(受験生は3年間)の総復習をすること、苦手科目への取り組み、受験対策の3つです。

中学生になると勉強の難易度が上がるので、1年生の段階でついていけなくなってしまうお子さんも多くいます。

夏期講習では1学期の復習が行われるので、遅れを取り戻すことも可能です。

また、苦手意識のある科目も夏期講習中に克服できれば、2学期からの授業も安心ですね。

また、3年生にとっては部活動からの気持ちの切り替えとして夏期講習も効果的です。

3年間の総復習だけでなく、受験に関する意欲、ライバルとの情報交換、模試を通して志望校の決定や相談も講師とできるのでお子様の刺激にもなるでしょう。

夏期講習の目的は1学期の総復習、苦手科目への取り組み、受験対策です。

夏期講習の内容

夏期講習の内容は授業の復習を中心に、苦手の克服もできるような内容がほとんどで、お子様によってはレベルアップ、受験生には受験対策もできます。

夏期講習の内容は1学期のおさらいが中心ですが、苦手科目を克服できるような単元別の講座が設定されていることもあります。

既に学力がついている場合には2学期の予習や、さらに難易度をあげてレベルアップできる講座もあり、受験生には公立校、私立校に分けての対策コースを用意している塾が多くあります。

特に個人指導の場合は、志望校別に対策、指導してくれるので、より効率よく受験対策ができるでしょう。

夏期講習の内容は、授業の復習、苦手の克服、レベルアップ講座、受験に特化したものがあります。

中学生が塾の夏期講習の費用を抑えるための塾選びのコツ

中学生が塾の夏期講習の費用を抑えるための塾選びのコツには、受講する目的をはっきりさせることと、いくつかの塾と比較検討することがあげられます。

夏期講習を受ける目的をはっきりさせる

まず、夏期講習を受ける目的をはっきりさせて、集団塾、個人指導塾のどちらにするかを選びましょう。

集団塾はこれまでの学習内容の総復習をして、大量の演習を行う塾です。

教室内に並ぶライバル達の学習する姿に、負けん気を出して勉強量は増えるようです。

集団塾にはある程度学力がある子が向いていますが、勉強が得意ではない場合には逆に自信をなくしたり、わかったふりをしてしまう可能性もあるため、せっかく受講しても効果は薄いでしょう。

個別指導は生徒一人ひとりに合わせて学習計画を立てて着実に進めるので、苦手科目の克服や、勉強の習慣がなく、やる気はあってもどう手を付けていいのかわからないお子さんにはピッタリです。

苦手な分野は必要なだけ時間をかけ、得意なところと緩急をつけて学習できるので勉強がそれほど得意ではないお子さんも取り組みやすいでしょう。

個別指導では苦手な分野のみの授業を受けるなど、融通も効くことが多く必要以外の費用を抑えやすいというメリットがあり、自習室を解放していれば勉強の習慣もつきやすいですね!

その一方で、ライバルの姿が見えにくいので、競争できる相手がいないとやる気が起きない子には向かず、講習代が無駄になることも考えられます。

夏期講習を受ける目的をはっきりさせて、集団塾、個人指導塾のどちらにするかを選びましょう。

いくつかの塾と比較検討する

いくつかの塾と比較検討して、こちらの要望により近い塾はどこかを見極めて選びましょう。

塾も受講者の数を増やしたい一つの企業で、慈善事業ではありません。

口あたりの良い説明で、押せ押せの営業トーク。

今日このまま入会すれば安くなる!などキャンペーン中などには良くある話です。

いくつか見学、もしくは体験してから決めることをおすすめしたいので、情報収集はキャンペーンの時期は避け、なるべく早めの時期から意識しておくと良いでしょう。

ママ友からの情報、受験生なら昨年度の合格実績などが参考になりそうです。

いくつかの塾と比較検討して、こちらの要望により近い塾を選びましょう。

中学生が受ける塾の夏期講習の費用が良心的なおすすめの塾

中学生が受ける塾の夏期講習の費用が良心的だとウワサのおすすめの塾は、集団指導では河合塾、個別指導なら個別指導塾スタンダードです。

集団指導

集団指導で料金が良心的なのは河合塾です。

学力に合わせたコースで効率よく学習でき、各教室の地域によってコースが細かく分かれており、講習費用も幅があります。

お子様の学年と地域を公式サイトに入力するとお近くの塾の内容が検索できるシステムも合理的ですね。

東海・南山女子エンリッチコースの料金を参考にすると次の通りです。

中学1~3年生 5教科…一般生:69,200円(塾生:65,200円)

前期、または後期のみで短縮すると一般生は4,1200円(塾生:37700円)、さらに3教科や各教科の単科ゼミなら7600円(塾生6600円)もあります。

中学1年生~3年生の講習料が変わらないのも特徴で、総合ゼミではなく単科ゼミの選択も可能です。

参考:https://www.kawai-juku.ac.jp/

集団指導で料金が良心的なのは河合塾で、各地域、学年や目的に合わせて細分化されたコースなら効率よく勉強できるでしょう。

個別指導

個別指導塾スタンダードの夏期講習は費用がリーズナブルなのに、評判も良い個別指導塾として評価が高い塾です。

一人ひとりの学習状況に合わせた授業内容で、1対2人の指導では解説と演習を繰り返して学習効果を高め生徒の満足度は98%以上と高いのが特徴です。

時間割が柔軟に選択でき、入会金はなし、受講料は個別指導最大5回分が無料、オンラインリスニング授業を無料で受講可能なのも嬉しいポイントです。

通常価格…中学1年生:9,460円/中学2年生:9,680円/中学3年生10,318円(税込)

スタート月謝割引…中学1年生:4,730円/中学2年生:4,840円/中学3年生:5,159円(税込)

個別指導塾スタンダードの夏期講習は、運営費や教材費は別としても、魅力の低価格でキャンペーンも色々ありますので、気になる方は公式サイトをチェックしてもて下さいね♪

参考:https://std-ie.jp/?argument=UUQ5rhNV&dmai=a60543cbdec127&_ebx=8iqa147ew3.1625292526.7hz69eu

個別指導塾で費用が良心的な塾には個別指導塾スタンダードがおすすめで、生徒のやる気もあげると評価が高い塾です。

中学生が塾の夏期講習でかかる費用は?お得情報や塾選びのコツも解説まとめ

中学生の塾の夏期講習は集団と個別で費用が変わる

①集団指導塾の費用相場中学1,2年生:3~6万円、3年生8~10万円

②個別指導塾の費用相場…中学1,2年生6~8万円、3年生は10~20万円

中学生の塾の夏期講習は月謝以外にも費用がかかる

①入会金は1、2万円が相場 個別指導なら3万円もある

②教材費は1科目で2000~5000円が目安だが、集団指導では費用に含まれることが多い

③講習費は授業、コマ数による、模擬試験やテスト代がかかるか確認する

④交通費 塾までのバスや電車代、送迎が必要で車ならガソリン代

⑤飲食費 講習の時間帯によっては菓子代やご飯代も必要

中学生の塾の夏期講習は普段の月謝より費用がかかる

①基本的に月謝の2倍はかかるが、コマ数にもよる

②中3は受験対策も指導に入るため、月謝の3~5倍が目安

中学生が塾の夏期講習の費用をお得にするためには?

①塾のキャンペーンを利用する 入会金無料、教材費0円など

②個別指導塾は手持ちの教材を使えることがあり、教材費の無駄が避けられる

③授業のコマ数やコース数を抑える 必要な授業だけに絞る

④苦手科目のみ受講する 得意科目は自習する

⑤オンライン講習にする 設備費、人件費がかからないため割安

中学生が塾の夏期講習の費用がかかっても受けるメリット

①夏期講習の目的 学習内容の復習、苦手の克服、受験対策  

②夏期講習の内容 授業の復習、苦手への取り組み、レベルアップ、受験対策

中学生が塾の夏期講習の費用を抑えるための塾選びのコツ

①夏期講習を受ける目的をはっきりさせる 

集団指導…比較的学力はある子の総復習と演習

個別指導…苦手の克服、やる気はあるけど勉強の仕方がわからない場合に適している

②いくつかの塾と比較検討する ママ友の情報、昨年度の合格実績などを参考に見学、体験

中学生が受ける塾の夏期講習の費用が良心的なおすすめの塾

①集団指導なら河合塾

②個別指導なら個別指導のスタンダード

中学校の先生とは違い、学習塾の先生は教え方にも工夫がたくさんあるので、勉強の楽しさを知るきっかけになることも期待できますね!

お子さんにピッタリの塾を見つけられたら、夏期講習をきっかけに勉強の習慣がつくかもしれません。

まずは、この記事を参考に気になる塾の情報を集めてみてくださいね♪

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました