コミュニケーション能力が低い子供の習い事・選び方の注意点や親の関わり方

習い事

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

お友達と仲良くなれないなど、子どものコミュニケーション能力について悩んでいる、という声はよく耳にします。

家庭でも声を掛けたりアドバイスしたりと、様々な方法で工夫をしているでしょう。

けれど、親には甘えてしまうためいまいち子どもに伝わっていないと感じる場面も多いですよね。

そこで考えるのは、子供を習い事で克服させたい!ということ。

コミュニケーション能力を伸ばすのにぴったりな習い事はあるのでしょうか?

あるとしたら、それはどんな習い事でしょうか?

ここでは、コミュニケーション能力向上に一役買う習い事についてご紹介します。

コミュニケーション能力は、大人になってからも必要な大切なスキルです。

習い事をうまく活用することで、子ども達は一生モノのスキルを手に入れられますよ。

スポンサーリンク

子供のコミュニケーション能力を身につける習い事

では早速、オススメの習い事をピックアップしてご説明します。

子どもの特性に合った習い事を見つけて、実践してみましょう。

サッカー

団体競技は、仲間との意思疎通を強く求められます。

中でもサッカーは、常に展開が動いているスポーツです。

一瞬一瞬の判断ひとつで試合運びに有利になることも、不利になることもあります。

そのため、よりコミュニケーション能力が重要視されるスポーツです。

アイコンタクトという言葉が広まるきっかけになるほど、言葉を交わさなくても通じ合えるような意思疎通が必要です。

そのためには、日頃の練習の中で常に気持ちをすり合わせていく必要があります。

サッカーの練習とともに仲間とのやり取りも密に重ねていくことで、自然とコミュニケーション能力が高められる期待が持てます。

空手

空手などの武道は礼儀を学ぶことができる習い事です。

相手に勝つためには、相手との間合いを読むことが大切になります。

そのためには相手を観察したり、そこから相手の動きを判断することが必要になります。

日々の稽古の中で、相手の行動パターンを読んだりしていくうちに、人の心や行動の動きを敏感に察することができるようになります。

また、武道は相手や自分の痛みを知ることができます。

そのため、むやみやたらに手を出したりすることがなくなります。

感情に任せて手を出してしまいがちなパターンで、コミュニケーションに悩んでいる子には向いているでしょう。

ピアノ

一見コミュニケーション能力とは無関係に見えるピアノなどの楽器演奏では、音を聞き分ける能力が向上します。

人間が話をするときは、声のトーンやスピードなどで感情を表していますよね。

そのため、音を聞き分けるリスニング能力が上がると、相手の気持ちを声で判断できるようになるのです。

その結果、相手の気持ちをくみ取ることが得意になり、相対的にコミュニケーション能力の向上も臨めます。

ダンス

ダンス教室は多くの場合、複数人数で踊ります。

そのため、ワンマンプレーをしてしまえば見栄えが悪くなるだけでなく、メンバーとぶつかって怪我をしてしまうこともあります。

そうしないためには、日々の練習の中でコミュニケーションを取ることが大事です。

たくさん練習を重ね、メンバーと息を合わせることで人と合わせる能力が向上する事でしょう。

国語塾

国語は、本などの文章を通じてあらゆる人の考えや経験を学ぶことが出来る学問です。

そのため、国語塾へ通えば読むことで世界が広がり、新しい考えを手に入れることができます。

新たな知見は、今まで敬遠していた人と話をするきっかけにもなります。

また、国語力を高めることで、自分の意見を論理的に組み立てて伝える力も伸びます。

そのおかげで、相手に的確に気持ちを伝えられるようになるため、コミュ力アップにつながるのです。

英会話

英会話は誰かと英語で話すための習い事。

英語で会話するため前に重要なのは、日本語でのコミュニケーションです。

そのため、英語で話せるようになると同時に、日本語でのやり取りも身に着き、また英語で、日本語とは違う考え方や価値観を知ることで、世界が広がります。

プログラミング教室

プログラミングは、プログラムをひとつひとつ組み立てて作り上げていきます。

どこかで一つロジックを間違えば、プログラムは動きません。

そのため、スタートから結論までを順序だてて組み立てていく力が必要となります。

こうして、試行錯誤を繰り返しながらプログラムを完成させることを繰り返すうちに、論理的思考が鍛えられ、コミュニケーション能力向上に一役買うのです。

ボーイスカウト/ガールスカウト

ボーイスカウトやガールスカウトでは、チームを作り役割を全うすることで、プロジェクトを成功させていきます。

年齢幅も広く、高校生くらいの大きな子ともチームを組むことがあります。

その中で役割を与えられ、それらをチームで協力してクリアすることで様々な年齢の人とコミュニケーションを取ることできます。

また、年上の人から助けてもらうことで、人に優しくすることを知り、自分も他の子に優しくできるようになります。

そのことは今後人脈を広げ、さらなる意思疎通の幅を広げてくれることでしょう。

その他

将棋もコミュニケーション能力向上を見込める習い事の一つです。

将棋というと寡黙なイメージもありますが、初対面の人と将棋を指すことで相手の思考回路を読む等の意思疎通を取ることができます。

また将棋は幅広い年齢層で愛されているため、いろんな年代の人と会話ができます。

そのため、コミュニケーション能力を伸ばすには良い効果が見込めるのです。

スポンサーリンク

子供のコミュニケーション能力は習い事で改善する?

では本当にコミュニケーション能力は、習い事で改善するのでしょうか。

習い事の種類によって得られるコミュニケーション能力は違いますが、改善することは大いに期待できます。

ただ、それには子どもの適正も大切になってきます。

子どもの意思を尊重し、やってみたいという意欲があるものにチャレンジするようにしましょう。

スポンサーリンク

習い事で得られるメリット

習い事をすると、子どもたちはメリットを得ることができます。

ここでは、習い事のメリットを3つお伝えします。

あいさつをする習慣

どんな習い事でも、最初はあいさつをすることを教えられます。

そのため、誰かに会ったら挨拶をする習慣が身に着きます。

新しいお友達との交流

学校以外の友達も増えるため、多くの人に出会うことができます。

学校が違えば、考え方も違うお友達が増えることで、たくさんの人の考え方に触れることになるので、自分の考え方やコミュニケーションの幅が広がります。

目標達成により自己肯定感がつく

多くの習い事において、目標設定があります。

スポーツなら勝つことや記録を伸ばすこと、ピアノなら一曲弾くなど、習い事によって目標は様々です。

けれど、どれも達成すると、自己肯定感が育ちます。

自己肯定感が身に着くと、人とのコミュニケーションを取ることのハードルが低くなります。

スポンサーリンク

子供のコミュニケーション能力を身につける習い事を選ぶときの注意点

コミュニケーション能力をアップさせるために習い事は効果があるとはいえ、やり方を間違えると効果が見込めなくなります。

それどころか逆効果になることも考えられます。

ここでは、効果的にコミュニケーション能力を伸ばすために気を付けたい点をピックアップしてお伝えします。

子供が夢中になれるもの

何よりも大切なことが、子ども自身が夢中になれるかどうかです。

身体を動かすのが得意な子に勉強系の習い事をさせても、本人が楽しめなければ身に着きません。

その習い事に来ている子と気が合わなければ、コミュニケーションを取ることも減ります。

それでは本末転倒です。

まずは子どもの特性を見て、楽しめそうなものを選んでみましょう。

親の負担は大きすぎないか

子どもの特性に合った習い事を選んでも、週末は毎週県外まで試合に行く、金銭的に家計を圧迫しすぎるなど、親への負担が大きすぎても、続けることができません。

習い事を始める前に、子どもだけでなく親の負担もどのくらいかを確認しましょう。

始めるときにやめ時も決めておく

子どもが興味を持ったとしても、始めてみたら思ったほど夢中になれない、意外と合わなかったなどの理由で辞めたくなってしまうことがあるでしょう。

始めるときに約束として、1年は続ける・〇年生まで頑張るなどのやめるタイミングも決めておくと良いでしょう。

イベントなどに参加し体験を増やす

習い事で行なわれるイベントには、積極的に参加しましょう。

非日常は子どもの体験を増やし、新しい視点を生み出します。

ものの考え方が増えると世界が広がり、コミュニケーションの幅も広がります。

親子でたくさんコミュニケーションをとる

習い事をしているからと言って、親が何もしなくていいわけではありません。

習い事はせいぜい週に1~2日程度ですが、親は毎日顔を合わせるのです。

親が子どもとたくさんコミュニケーションを取ることにより、日々の生活の中でも能力をアップさせることが期待できます。

また、気を付けていただきたいことが、子供の意見を遮って話をしないことです。

「最後まで話を聞ける子は、親が子どもの話を最後まで聴くことができる家庭で育っていることが多い」

これは我が子の担任の先生がが、クラス懇談会で話した言葉です。

私はこの話を聞いたときに、目から鱗が落ちました。

そして大いに反省したことを覚えています。

忙しいときに子どもの要領を得ない話を聞くのは大変ですが、最後まで聞いてあげることは、子どもの伝える力を飛躍させる、大切なファクターです。

家事に育児に仕事にと忙しい中で大変ではありますが、子どもの話に耳を傾けることを心掛けてみてください。

コミュニケーション能力が低い子供を伸ばす親の関わり方

子どものコミュニケーションを伸ばすのは、習い事ばかりではありません。

親子のかかわりは、コミュニケーション能力の発展を促す最も手軽な方法です。

では、どのようなかかわり方をするのがいいのでしょうか。

ここで4つピックアップしますので、是非参考にしてください。

親子の会話を増やす

子どもたちにとって一番身近にいる人は、親や家族になります。

そのため、親との会話はとても重要です。

自分の考えを伝え、また、親という自分とは違う時代を生きてきた人の考えを聴くことは、子どもたちのコミュニケーション能力向上に大きくかかわってきます。

ひと言で答えられない質問をする

子どもへの質問はYesやNoで答えるものではなく、文章として答えるようなものにしましょう。

英語で言うところのWhatやHowなどで始まる質問をすると、YesやNoのみで答えることは出来ません。

具体的に例を示せば、「日曜日は公園に行く?」と聞くのではなく「日曜日はお出かけしたい場所はある?」と聞いてみると、子どもたちは自分の考えを答えてくれます。

親の思う答えが返ってこないかもしれませんが、そこで「ママはこう思う」などと続けることで会話が生まれます。

その体験を多く繰り返すことで、子どもたちはコミュニケーション能力を成長させるのです。

家族で外出をする

家庭の中でできる体験もありますが、それらはどうしても単調になり、子どもたちにとって刺激が少ない物になります。

家族で外出すると、いつもとはちょっと違う刺激を受けることができます。

公園で小さな子に優しくしてみたり、買い物で親とレジの人とのやり取りを見たりするだけでも、子どもにとっては大きな刺激です。

その体験は子どもの経験値を大きく増やし、意思を伝える新しい方法を見つけることに繋がります。

子供の話に共感する

子ども達の行動ひとつひとつは、幼さや経験不足から、親にとっては口を出したり反対意見を伝えたくなる場面が多くあります。

けれど、子どもたちは子どもたちなりの考えを持っているのです。

頭ごなしに否定するのではなく、話を聞いて一度共感することがとても大事です。

共感してもらえるということは、自分の考えを伝えてもいいというメッセージを与えることになります。

その体験は、子どもたちのコミュニケーション能力を大きく成長させてくれることでしょう。

コミュニケーション能力が低いの子供の特徴

ここまでお話してきたコミュニケーション能力ですが、高いや低いと判断する基準は何でしょうか?

ここでは一般的に「コミュニケーション能力が低い」と言われる子の特徴をお伝えします。

話すのが苦手

コミュニケーション能力が低いと聞いて、一番イメージしやすいのがこれでしょう。

何を話していいかわからず、モジモジとしてしまうのが特徴です。

やっと話したと思っても要領を得ず、何度も聞き返されて話をすることが苦手になっていく悪循環に陥ることもあります。

失敗体験へのトラウマがある

誰にでも、大なり小なり失敗体験はあるもの。

しかしその失敗体験が尾を引いて、ミスをすることは悪いことだと思い込んでいる場合、それを隠そうとして話し下手になったり、人との交流を嫌うことがあります。

声が小さい・人見知りをする

人見知りをする子は、意見を受け入れてくれる人にはきちんと気持ちを伝えることが出来ますが、そうでない人にはそれができず、モジモジしてしまいます。

やっと話をした!と思っても、声が小さくて聞こえないため聞き返されたり、聞こえないままスルーされてしまうこともよくあります。

感情表現が乏しい

一般的に子どもというと喜怒哀楽が激しい印象ですが、コミュニケーションが苦手な子は感情が表情に出にくい子が多いです。

そのため、相手に自分の感情が伝わりにくかったり話が伝わっているのか分からず、人から敬遠されてしまうことにより、コミュニケーション能力が発揮できにくくなります。

成功体験が少ない

会話をするからには楽しいことを。

そう考えてしまう子は、成功体験が必要になります。

成功体験が少ないと、ネガティブな話題が記憶に多く残ってしまい、人との会話を避けてしまいがちになります。

コミュニケーション能力が低い子供への親のNG対応

我が子のコミュニケーション能力が低いと気が付いた場合、親はどのような対応を取るべきなのでしょうか。

一番大切なのは、親子でコミュニケーションを取ることでしょう。

しかしそのうえで、やってはいけないことがいくつかあります。

ここではNG対応についてお伝えします。

これらを避けることが重要です。

親の価値観を押し付ける

親子といえど、違う人間です。

生まれ育った環境も、生まれ持った能力も違います。

そのため、親の価値観のを押し付けることは「あなたの考え方は間違っている」と伝えていることとイコールになりかねません。

道徳的に明らかに間違えている事であれば、親として注意をすることは必要でしょう。

そうではなく、自分の考え方と違うというレベルであれば、子供の意見を尊重することも必要になります。

親が子供の力を信じていない

子どもはまだ経験が乏しく、未熟です。

そのため、親から見ると頼りなく見えるでしょう。

出来ないことも多いです。

けれど、立って歩けるようになったように、昨日まで出来なかったことが次の日には出来るようになるパワーを持っています。

子どもたちの力を信じて、出来ないことや難しいことを任せてみることも大切です。

子どもを心配して失敗させない

子どもが失敗して傷つく姿は、親としては見たくないものです。

けれども、失敗は成功の母です。

子どもたちはトライアンドエラーを繰り返すことで、自らの人生を切り開きます。

失敗もまた考え方を変えれば、確実に失敗する道を今後は選ばなくなるための成功でもるのです。

失敗をしないことより、失敗した後に励ましたり共感してあげる事のほうが重要なのです。

チャレンジすることは多くの経験を与え、失敗後の励ましの言葉は新しい語彙を子どもたちに与えます。

それらは必ずコミュニケーション能力の増加に良い影響を与えます。

ペナルティを与える

子どもはまだ感情コントロールがうまくできないので、ミスをしたり決まり事を守らなかったりすることがあります。

度重なるミスにほとほと困り果てる気持ちはよくわかります。

けれど、そこでペナルティを与えてしまうことはNGです。

ミスをしてはいけないというメッセージを与えることとなり、自分の考えを伝えることが出来なくなってしまいます。

子供のコミュニケーション能力を身につける習い事の選び方のまとめ

子どものコミュのケーション能力を身に着けるために、習い事選びや親の関わり方は大きな役目を果たしてくれます。

我が子に会った習い事や関わり方を親子で見つけ、子どもたちがコミュニケーション能力を発揮できる場を作っていきましょう。

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました