中学受験合格!漢字の勉強方法と低学年からしておくべきことは?

国語が苦手 中学受験

中学受験を受けるなら、漢字はしっかり早期学習をお勧めしている人が多いですね。

実際に中学受験を行ってきた人たちも漢字や語句、ことわざなど、重要視しています。

漢字は早期学習の人が多いです。では、低学年では、どのような学習に取り組むべきなのか?

おすすめの学習方法や参考書など、まとめてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

中学受験での漢字って重要なの?

中学受験において漢字の配点は多くありません。中学受験だけではなく、他の試験でも同じように配点は多くありませんが、皆漢字や語句等は満点を取る子が多いです。

ということは、もし、間違えると偏差値がとても下がることになります。国語の偏差値を大きく左右してしまうのです。

漢字は、どんどん早期学習を進めても得することばかりなので、とてもおすすめです。大人になっても役立つので進めて取り組んでいきたい学習の1つです。

 

スポンサーリンク

漢字を確実に覚える低学年の勉強方法は?

低学年の内に漢字における学習方法を確立するために。

①学年で学ぶ漢字数から、1か月半を目安に毎日取り組む個数を決め、毎日続けていく。

②漢字+熟語も覚える。その漢字の使い方をしっかり例文で学ぶ

③必ずテストを行う。
これは、記憶の度合いによります。覚えにくい子は、毎日テストをする方が良いです。覚える事が得意な子は1週間に1度まとめてテストしましょう。

④中学受験の過去問の漢字を1問ずつ覚えてみる。(学年関係なく)

漢字は、学年相当の学習でなくて良いと思います。低学年の間は、実際の中学受験の過去問の漢字問題を覚えて、また違う日に解き確実に取得していきます。

⑤漢字や語句を音読する。

問題や漢字を声にだして読みます。これは、中々覚えれない人にはお勧めです。

読み、書く際にも読みながら書くことで能率がアップして覚えやすくなります。

 

スポンサーリンク

中学受験のために漢字先取り!皆が使っているドリルや問題集はなに?

漢字検定○級ステップと過去問

一番効率よく漢字を学ぶことができます。1日1ページ進めて1か月で終了できるようにできていますので、集中すれば上手く取得できると思います。

 

 

中学入試でる順過去問 漢字合格への2606問

これは、項目ごとにページ分けされています。低学年から学んでいて損はない1冊です。

そして、出る順に並んでいるためとても役にたちます。

マイペースにも進めれるよう、まとめページ→スピードチェック→入試問題でチェックと構成されているので、取り組みやすくなっています。

算数は、飛びで学ぶことは難しいですが、漢字に関しては、どの学年から取り組んでも対応できるのが一番の特徴ですよね。参考にしてください^^

>>【中古】単行本(実用) ≪日本語≫ 漢字 合格への2606問 3訂版 【中古】afb

スポンサーリンク

漢字検定は受験した方が良いのか?

漢字検定は、中学受験をするならば、受験しておくと得です。語彙も増えますし、より文章題も語句が増えることで取り組みやすくなります。

漢字学習に取り組んできて、毎日ただ、漢字や語句を取り組んでいるだけでは結果がでないことが多いです。

なぜなら、目的なくただ進めているだけでは、実践の際には忘れていたり、使い方が分からなかったりと、勉強したのに上手く解答できない事が多いのです。

では、どうした勉強方法が良いかというと、漢字検定です。漢字検定の学習をし、漢字検定を受けることで目的を持って取り組むことができます。人は、目的がしっかりしていることで、成果をあげるためにどうすべきか分類することができます。

漢字検定の勉強はまさに確実に学習できる一番の方法です。

1つの学年の漢字を学んだら、次は漢字検定の過去問をし、何が覚えれてないのか分析できます。

漢字検定のドリルは30日で全て学べるように1冊にまとめています。それを一通りして、過去問題に取り組めば、1学年分を大体1か月半で確実に頭に入ることができます。

学習効率もよいですね。そして、その知識の実践として、試験を受けることで、試験慣れにも繋がり、中学受験の試験練習にもなります。

どんな科目にも言えますが、実践が一番です。過去問なり、実践試験をたくさん体験すればするほど、得る物が大きいのです。

 

中学受験合格!漢字の勉強方法と低学年からしておくべきことのまとめ

中学受験では、漢字は強みになりますので、是非低学年のうちから学習に取り入れていただくと、学年が上がってもスムーズに取り組むことできます。

記憶は、1か月後には20%前後%程しか残っていません。なので、1か月ごとに復習テストも取り入れて続けると定着しやすいです。

低学年のうちから初めていると、後が楽に(学年が上がるごとに他教科の勉強時間確保でゆっくり時間がとれないため)もなりますので、どんどん先取り学習として取り入れてみましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました