中学受験にも強い!低学年におすすめの国語問題集は?

国語 中学受験

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

中学受験では、殆どの子が中学年もしくは、高学年になると通塾する子が増えてきます。

しかし、大手の入塾には試験があり、入塾後更に試験がありクラス分けされます。同じ料金で通うならレベルの高いクラスに入りたいものです。

しかし、そのためには、入塾前からそれだけの知識を入れておく必要があります。

特に国語は必須です。国語は中学受験を左右するほど大きく影響します。

今回は、国語における低学年から初めていると良いおすすめの問題集をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

中学受験で重要な国語を伸ばすためには?

国語は、レベルにあったものから始めないと効率よく伸ばすことは難しいです。

学年相当のものから与えても、その子に合っていなければ、結局理解できていないまま、時間が立ち結局、解答を教えたりヒントを出さないと解答できないのです。

そして、毎回そうなってくると、親もイライラして、昨日したところじゃないの!と怒声が飛んだりもします。。

他の教科と違い国語は、土台に時間をかけるべき教科になります。伸ばすためには、基礎からしっかり固めていくことが、一番の近道です。

ポイントとしては、物語文や説明文では、どちらも接続語と指示語が理解できていないと解くことが難しくなります。それは、1年生から習うのですが、中学受験をする子の難しい問題集でしか具体的にはのっていないです。

後は、気持ちや行動の語彙や季節の語彙、漢字や熟語もしっかり学んでいないと、文章だけではなく、問題理解も難しくなってきます。

どんどん進めていくのではなく、低学年では、基礎固めをしっかり行うことです。しっかり固まると後は、どんどん難しい長文も解けやすくなります。

では、中学受験のためのおすすめの国語問題集を見てみましょう。

スポンサーリンク

【低学年】中学受験でおススメの国語問題集

漢字学習ステップ

 

 

漢字検定過去問

 

 

中学受験で一番多い声が、漢字検定を受験しておくことです。理由は、漢字検定は、読みや熟語、使い方も試験勉強で行うことと、語彙も増えるため、難しい本も読書しやすくなったり、新聞を読むにも漢字をたくさん知っていると読みやすくなる。

そうです。漢字の知識を増やすことで、語彙や意味が増え、学びの幅が大きく広がるようになったからです。

漢字検定の本 特に漢字検定過去問題集とステップのセットを購入している方が多かったです。

ハイレベ100 国語読解力 シリーズ

 

 

中学受験で良かった声が多い問題集です。こちらでは、中学受験では一番優しい問題集なので、1冊で熟語や語彙もしっかり学ぶ事ができます。内容的にもバランスがよい問題集となっています。

ハイレベに慣れてきたら、レベル順に行くと、

ハイレベ→最レべ→トップクラス徹底理解問題集→トップクラス問題集

になります。トップクラス徹底理解問題集は徹底理解ならこちらからやってみようとすると、かなりの語句や長文理解ができていないと、とても難しいです。標準、ハイクラスA、ハイクラスBになっていますが、基礎がしっかりしていれば、スラスラ解けるので、お子さんのレベルに合わせて選んでみてくださいね。

はなまるリトル国語

 

 

こちらは、ハイレベが難しい場合におすすめの問題集です。四谷やだしている問題集になります。

基礎をしっかり固めたい方にお勧めです。1つの文章題も短いため取り組みやすいのと理解が深まります。基礎がしっかりしてきたら、レベルを上げた問題集を選ぶようにすると良いと思います。

中学受験するなら親に読んでほしい1冊

 

こちらの本は、中学受験国語の教え方や克服の仕方が細かくのっています。1つ1つは当たり前の事がのっているのですが、しっかり取り入れていけば、家庭でも国語を効率よく進めていける方法でもあります。国語は親のサポートは必須です。見極めてあげなくてはなりません。

是非、機会がありましたら、図書館や中古店で借りたり買ったりして読んでみてください。

 

スポンサーリンク

国語の問題集が良いおススメの通信教育は?

中学受験の低学年の通信教育と言えば有名な通信講座は3つあります。

ピグマキッズくらぶ

サピックスの通信講座になります。

サピックスの通学よりは簡易な内容です。

思考力的な問題が多いのが特徴です。

親子で学ぶような取り組み方になっています。タブレット等を使用して行うものはありません。

リトルくらぶ

四谷の通信講座・リトルクラブになります。通学の人と同じ教材を使用しているのが特徴です。

通常コースと中学受験コースに低学年から分かれており、パソコンを使用し授業を受講して、進めていきます。中学受験の場合は、別のワークとテスト、2か月に1回の月例テストがあります。月例テストは全四谷(通学者も含む)受講生の全国ランキングも出るので自分の位置。そして伸ばすべき学習がグラフとなり分かりやすいです。

夏と冬には、別教材が届きますので、通常より更に学習するようになります。

Z会



>>Z会 小学生向け講座


Z会は、タブレットでグラフ化でき、丸付けも全て自動になっています。

一人でもどんどん進めていけることがメリットとなっています。

中学受験にも対応しており、標準と中学受験用と選択することができます。

低学年より、選択で理科社会をセットで受講できます。知能問題もあり、学べる教科も多いです。

以上がおすすめ通信講座になります。

個人的には、3つ受講したことがありますが、リトルクラブがおすすめです。

基礎固めと応用がしっかり学べることと、全国順位も分かるため、自分の位置もわかります。そして、ネット授業がついているため、何度も見返すこともでき分かるまでしっかり学ぶことができます。

我が子には、合っていました。国語は、語彙やことわざもたくさんあり、漢字も別途毎回ついています。読解力は、毎回長文があり解き方や視点もしっかり教えてくれるので、高い点数をキープできるようになりました。

 

スポンサーリンク

中学受験にも強い!低学年におすすめの国語問題集のまとめ

国語力は、国語だけではなく、算数・英語・理科・社会・作文など全ての教科に必要な教科の基盤です。そして、伸びにくい教科でもあるのでしっかり基礎から固めていくようにしましょう。

中学受験は、国語力が有無でかなり左右されてしまいます。低学年中学年は学習時間もしっかりとれるので、時間をかけて基礎の漢字・語彙・音読・文章題に取り組んでみましょう。

 

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました