社会人が友達の家にお泊まりする時の手土産は?一人暮らしや実家で喜ばれるもの

生活

社会人になって、友達の家にお泊まりに誘われることってありますよね?

招待されたからには、喜ばれる手土産を持っていきたいなと、思いませんか?

そこで、一人暮らしや実家暮らしではどのような手土産が喜ばれるのかお悩みの方必見です!!

お泊りするときの手土産についてまとめてみましての参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

社会人が友達の家にお泊りするときの手土産は?

おかしの紙袋

友達がお泊まりに誘ってくれたので、社会人としてきちんと手土産を持っていこうと決めたものの『いったい手土産は何にしたらいいのだろう?』と悩んでしまいますよね。

そんな時に思い出して欲しいのは、手土産とはそもそも、友達やその家族に感謝の気持ちを伝えるために渡すものなのです。

ですから、『手土産マナー』を守りながら、相手の一緒に住んでいる家族にも合わせ、友達が喜ぶものを選ぶといいでしょう。

友人の実家に泊まる場合

お泊まりする友達の家が実家の場合、友達にも喜んでもらえて家族の方にも喜んでもらえる手土産がいいと思いませんか?

後々かたちが残らない、食べ物を持って行ったほうが相手も負担に感じません。

また、友達家族の皆さんで分けて食べられる賞味期限の長めのものを選びましょう。

おしゃれなクッキーや、バームクーヘンのような洋菓子。

ご高齢な家族がみえる可能性もあるので、えびせんべいやお饅頭などの和菓子もおすすめです。

家族(夫や妻)がいる友人の家に泊まる場合

夫婦二人の友人で住んでいる家のお泊まりですと、手土産に生菓子のような日持ちがしないものは、食べられる量も知れていて困ってしまいます。

紅茶やコーヒーのセットやお酒などはいかかでしょうか?

もちろん、友人の好みのものを選びましょう。

一人暮らしの友人の家に泊まる場合

堅苦しく考えず、友人の家に泊まる時、二人で食べたり、飲んだりできるものはいかがでしょうか?

また、普段食べているものの、少し高級なものもおすすめです。

例えば、スイーツ好きで普段コンビニで購入している友達に、ケーキ屋さんのスイーツをお土産で持っていくと喜ばれます。

食べきれるものか、日持ちがするものを選びましょう。

友達数人で泊まる場合

友達数人で友達の家に泊まる場合の手土産は、事前に打ち合わせし代表して誰かが購入し、後日割り勘するのをお勧めします。

直前ですと、すでに購入してしまっている人もいる場合がありますので、早めにみんなで割り勘することを伝えましょう。

そうすると、泊まりに行く日の当日に持ってくる人や持ってこない人、お土産が被ってしまうことも避けられます。

受け取るほうも、受け取りやすいでしょう。

スポンサーリンク

社会人が手土産を持っていくときの相場の金額は?

財布からお金を出している様子

手土産の金額は、相手との関係性・住んでいる場所・会う頻度などによっても変わってきます。

また、気は心なので値段ではありませんが、社会人として友人の家にお泊まりする場合には一般的には2000円~5000円くらいのお土産を持っていく方が多いようです。

スポンサーリンク

友達の家への手土産の量はどれくらい?

how much という吹き出しを持つサラリーマン

泊まりに行く友達の家が、実家暮らし、一人暮らし、夫婦でお住まいか子供がいるか等によって、お土産の量は変わります。

住んでいる方が食べきれる量のお土産にしましょう。

特に日持ちのしないものは注意が必要です。

日持ちがするものを選ぶのもおすすめです。

スポンサーリンク

友達の家への手土産で避けたほうが良いもの

バツのプラカードを持つ男性

社会人として手土産は、持参すれば何でもいいという訳ではありません。

品物によっては、がっかりされることもあるので注意するポイントを押さえましょう。

手土産は友達の家の近くでは買わない。

来るときについでに買ってきたという印象になってしまします。

手土産は高すぎるものを避ける。

手土産はお泊まりさせてもらったお礼に渡すものです。

あまり高価なものだと相手に気を使わせてしまいます。

相手が負担に思わず、気軽に受け取れる金額のものを選びましょう。

手土産は手間のかかるものを避ける

切り分けないといけないものや、調理が必要なもの、保管場所をとるものなど、相手に手間をかけてしまうものは避けましょう。

こういった『手土産のマナー』を守って、手土産を渡しましょう。

社会人が友達の家に行くときの手土産は?一人暮らしや実家で喜ばれるもののまとめ

今回は、『社会人が友達の家に行くときの手土産は?一人暮らしや実家で喜ばれるもの』についてまとめました。

友達が喜ぶ手土産、友達の家族も喜ぶ手土産を選ぶために、そのお宅ごとに合わせて手土産を選ぶ必要があります。

手土産の量も食べきれる量にすることが重要です。

また、日持ちのするものですと重宝されます。

『手土産マナー』の中で避けたほうがいいものも参考にしていただき、社会人としてお泊まりさせていただく感謝が伝わる、相手に喜ばれる手土産を選びましょう。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました