フルタイム家庭の子供の勉強はどうサポートする?対処法と実情も紹介

子育て

両親ともにフルタイムで仕事をされている家庭は、少なくないと思います。

仕事から帰って就寝までの限られた時間の中でやる事はいっぱい!その中には子供の勉強を見る事も含まれています。

時間の配分は上手くいっていますか?

スポンサーリンク

フルタイム家庭の子供の勉強がなかなか見られない実情

考え中の子ども

平日の夕方から夜にかけてという時間帯、子供がいる家庭にとっては大忙しですよね。

夕食、お風呂、明日の準備、更には子供の宿題、家庭学習などの勉強。

目が回るほどの忙しさですよね。

宿題が多くて親もイライラ

「宿題は終わったの?」何度言ってもちっとも始まる様子がない。

8時を回り、9時を回り、そのうち案の定、眠たくなってしまう…毎日がその繰り返し。

宿題の多さと子供のやる気のなさにイライラも、もう限界!あるあるですよね。

小1の壁の対応

小1の壁というものがあります。

子供が小学校に入学すると、それまでの保育園や幼稚園に通っていた頃に比べて仕事との両立が難しくなる事を指します。

保育園や幼稚園時代には延長保育などを使えば、仕事に影響なく済んでいたものが小学校に上がると15時には授業が終わってしまいます。

それ以降は学童保育で親が迎えに行くまで過ごす、という事にはなりますが、子供にとってはもちろん、親にとっても大きな環境の変化になります。

何がどんなふうに変わるのか小学校に入学前に下調べが必要になる事でしょう。

習い事との兼ね合い

合わせて例えばスイミングや英語の塾といった習い事との兼ね合いもまた難しいところでもありますよね。

おじいちゃん、おばあちゃんの協力もお願いしたいところですね。

スポンサーリンク

フルタイム家庭の子供の勉強はこう対処!時間編

シンプルなインテリア

フルタイムで働く家庭においての勉強時間の確保の対処法を考えてみましょう。

出勤前・登校前に勉強時間をつくる

夜、眠たくなってしまうのならば朝の時間を有効活用しましょう。

夜、早めに寝る習慣付にもなります。

勉強計画を親子で見える化する

計画をしっかりと立てると目標も見えてきます。

それを親子で確認しながら取り組むことによって、やる気も出てくるもではないでしょうか。

休日にまとめて勉強する

集中力がある子ならば、まとめて勉強するのも一つの手かと思います。

親の方も時間に余裕がある分落ち着いて勉強を見てあげる事ができるでしょう。

スポンサーリンク

フルタイム家庭の子供の勉強はこう対処!環境編

勉強する机

勉強ができる環境を整えてげる事も重要な鍵となります。

勉強がやりやすい環境下であればどんどん進んで勉強してくれるかもしれませんね。

塾に通う

塾に通うことによって勉強が楽しくなった!という子もいます。

友達と一緒に勉強ができるし、わからないところは塾の先生が詳しく教えてくれますからやってみる価値は充分あります。

勉強を見てくれる学童に入れる

学童の中にも宿題、あるいは家庭学習を見てくれるところもあるようです。

利用できるようならば試してみるのも良いでしょう。

通信教育や家庭教師

子供がやる気を起こすカリキュラムを組んで万全のフォローが期待できるものとして通信教育や家庭教師を頼んでみるのも良いかと思います。

家庭で勉強しやすい部屋づくり

勉強部屋を工夫してみましょう。

親のそばに勉強できる場所を作るとか、リビングの一角に勉強スペースを作ると遊ぶ時間から勉強の時間へスムーズに移行しやすいかなと思います。

スポンサーリンク

フルタイム家庭の子供の勉強はこう対処!勉強内容編

勉強中の女性

勉強の内容も大きなポイントとなります。

入りやすい入り口を作ってあげる事も大切な事です。

アプリやゲームで楽しみながら勉強する

遊び感覚でいつの間にか勉強することが身につくといったアプリやゲームも面白そうですね。

子供が夢中になってくれれば大成功!です。

親も一緒に勉強すると案外楽しい

忙しいながらも子供と一緒に机に座ってみましょう。

どんな勉強をしているのか覗いてみて得意分野だったら案外楽しかったりするものです。

 フルタイム家庭の子供の勉強はこう対処!親の負担編

親世代の女性

親の方が出来ることは何か探っていきましょう。

仕事をしながらの子育てには臨機応変も重要です。

家族と協力する

お父さんに勉強を見てもらうのも子供は嬉しかったりします。

得意になってどんどん進んで勉強してくれるかもしれませんね。

あるいはお母さんが子供の勉強を見ている間下の子の面倒をお父さんに任せられるならまとまった時間を取る事ができますね。

働き方を変える

フルタイムからパートタイム勤務に変える事ができるのであれば時間にだいぶ余裕が生まれる事と思います。

転職する

通勤時間などもネックになっている場合もあります。

近所で働けばフルタイムで働いたとしても時間節約になります。

思い切って退職する

在宅でできる仕事もあります。

子育て優先という考え方もありますね。

フルタイム家庭の子供の勉強はどうサポートする?対処法と実情のまとめ

フルタイムで働きつつ子育てを両立させるのはとても大変な事です。

中でも、子供の勉強が疎かになってしまったら後々取り返しのつかない事になります。

家族の協力を得ながら周りの状況を把握してご家庭に一番合った対処法を見つけてくださいね。

夏はお得に遊ぶ

>>アソビュー(レジャー施設・体験がお得!)

夏はお得に旅する

>>楽天トラベル(クーポン)

>>じゃらん(クーポン)

>>Yahoo!トラベル(最大10%割引のキャンペーン中!)

 

ミールキットで時短家事
>>HelloFresh(世界中の味を手軽に楽しめて最大8,000円OFF!)

オイシックスのお試しセット(3日間の献立キットも入って1980円!)

 

勉強の苦手克服

>>ブンブンどりむ

>>チャレンジタッチ(進研ゼミ小学生講座の無料資料請求)

>>「進研ゼミ中学講座」入会・資料請求はこちら(1か月分実質無料キャンペーン中!)

 

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました