中学生男子が反抗期で勉強しない!やる気になる方法と親ができるサポート

中学校

中学生になって反抗期が来てしまった息子が、どんどん勉強しなくなってしまいました。

親は中学生男子の反抗期に辟易しながら、あまりにも勉強しない事を心配になってしまいますね。

ここで、中学生の反抗期男子が勉強をしてくれる方法があるのかを調べてみました。

中学生男子を持つ親なら少なからずある悩みです。

少しでも参考になれば幸いです。

\学校生活の感染対策/
⇒【楽天】不織布マスク人気ランキング
⇒【Amazon】不織布マスク人気ランキング
▲▲いま売れ筋の商品は?▲▲

スポンサーリンク

中学生男子が反抗期で勉強しないのはよくあること

 中学生男子が反抗期で勉強しないのはよくあること

中学生になると、生活の中で親子の関わりより、友人間関係に重心が変わっていきます。

さらに、身体の発達も大きく進み、それに不安や葛藤を感じる時期になります。

大人へ成長する過程の時期なので、なぜ勉強をしなければいけないのか、勉強しなさいという親への反抗心などの理由で勉強をしなくなったりします。

多少なりとも、どこの家庭でも起こることだと思います。

スポンサーリンク

中学生男子は反抗期だけが原因で勉強しないわけじゃない

 中学生男子は反抗期だけが原因で勉強しないわけじゃない

中学生男子はなぜ勉強しないのか、理由を紹介していきますね。

勉強する目的がわからない

勉強したらどんな良い事があるのか、目的を見つけられないという事が考えられます。

大人になった時に選択肢を増やすために、今勉強を頑張っているんですよね。

親も子供と一緒になって、勉強する目的を考えてみるのがよいのではないでしょうか。

勉強がおもしろいと思えない

小学校の基礎が出来てなくて勉強がわからず、おもしろいと思えない事が考えられます。

このままでは分からない事が増えてしまうので、塾やオンライン講座などの勉強方法を考え、少しでも勉強が楽しくなるようにしたいですね。

学校生活での疲れ

学校の授業の変化、友人関係の変化、部活動の変化など、学校生活が変わって疲れていると考えられます。

生活リズムを親子で一緒に考えてみても良いですね。

友達も勉強していないから焦らない

周りの友人が勉強していなくて、自分も勉強しないのかもしれません。

友達の前では勉強しなくても、家の中では勉強するように話してはどうでしょうか。

声をかけると、子供もやりやすくなるかもしれません。

そもそも勉強のやり方がわからない

勉強のやり方がわからず、勉強が進まない事も考えられます。

子供にあった勉強方法を親も一緒に考えて、サポートしていくのが良いですね。

スポンサーリンク

中学生男子が反抗期でも勉強しないとヤバイと思える方法

 中学生男子が反抗期でも勉強しないとヤバイと思える方法

中学生男子が勉強しないとヤバイ!と感じるには、どんな方法があるか紹介していきますね。

自信をつけさせる

小テストで良い点数だった、提出物の評価が高かった、などの何でも良い結果だったものがあれば褒めてあげましょう。

褒めてもらう事で、子供は自分を肯定する気持ちが強くなっていき、このままではヤバイ!とき気づくかもしれません。

勉強するメリットを伝えて意欲を引き出す

今、勉強を頑張れば進学する学校選びの幅が広がり、夢ができた時には選択肢が多い中から道を選べます。

こういったメリットをしっかり伝えてみましょう。

勉強しないデメリットもしっかり伝えて理解させる

勉強しないまま進路を決める時期になると、選べる高校や進路の少なさに驚いてしまうかもしれません。

もし進学しないで就職するとなれば、中卒での就職は職業の幅が狭いものです。

遊びながら勉強できるタブレットなどを活用する

今の中学生はタブレットなどの機器での勉強は得意な子が多いですよね。

少しでも興味を持てそうなら、試してみると良いです。

やる気につながるかもしれませんね。

塾や家庭教師など第三者に託す

親以外の大人とのコミュニケーションは大事になってきます。

子供に合った先生を探すのは良い事だと思います。

スポンサーリンク

中学生男子が反抗期で勉強しないときに親ができること

 中学生男子が反抗期で勉強しないときに親ができること

親がサポートできる事とは何があるのか紹介していきますね。

反抗期という時期を理解してある程度ほっとく

多かれ少なかれ自分にも反抗期はあったはずです。

その頃を思い出し、子供の気持ちを理解してあげましょう。

多分、自分もあんまり口出しされると嫌になってたのではないでしょうか。

ある程度はほっとくことも大事ですね。

男子の特性を活かしたサポートをする

男の子は特に口出しされることを嫌がります。

必要以上に干渉するのはやめ、見守る気持ちでサポートしましょう。

自宅で勉強しやすい環境を整える

子供が勉強しやすい環境を作ってあげる事はとても重要です。

テレビやスマホから距離がとれるように整えましょう。

上手な叱り方

頭ごなしに叱るのは、子供が反抗しやすくなります。

子供と同じ目線になって、叱るのが良いですね。

スマホ対策

今、ほとんどの中学生はスマホを持っています。

なかなか自分でコントロールできず、ずっと見てしまう、なんてこともあります。

親子で話し合って、何時まで使えるのか、何時間まで見ても良いなど、ルールを決めて使えると良いですね。

中学生男子が反抗期で勉強しないときに親がやりがちなNG例

 中学生男子が反抗期で勉強しないときに親がやりがちなNG例

親がやりがちなNG例を紹介します。

  • 「勉強しなさい」としつこく言う

上から目線で話すと子供の反抗心が強くなります。

  • ほっとけばいいやと、子供のことを気にしない

見守ることと、子供に無関心な事は違います。

子供を完全に放置するのは、親子の信頼関係が壊れてしまう事にもなるので、気をつけましょう。

中学生男子が反抗期で勉強しない!やる気になる方法と親ができるサポートまとめ

中学生男子の反抗期は、どこの家庭でも起こりえます。

どうしたら良いのか悩んでしまいます。

そして子供の態度の悪さに怒りたくなる気持ちも、わかります。

でもそれは、子供が成長する過程に必要な事なんですよね。

まずは子供と一緒に将来のことを話し、考えてみましょう。

\学校生活の感染対策/
⇒【楽天】不織布マスク人気ランキング
⇒【Amazon】不織布マスク人気ランキング
▲▲いま売れ筋の商品は?▲▲

タイトルとURLをコピーしました