もつ鍋が体に悪いってホント?栄養たっぷりでも食べすぎ注意な理由を紹介します

生活

モツ鍋はコラーゲンが多いので美肌に良いと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?コラーゲンも豊富ですがそれ以外の栄養も豊富な食べ物です。

そんなに栄養が豊富ならいっぱい食べたくなるけど体に悪くないのかも心配になりますよね。

・体に悪くないのか?

・どんな栄養があるのか?

・モツ鍋のカロリーは?

・カロリーを抑えた食べ方

以上の4つをご紹介していきます!

モツ鍋が好きだけどなにが体に悪いのかが気になる方はぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

もつ鍋は体に悪いの?

モツは食べすぎると体に悪い影響を与えてしまいます。

・プリン体が多い

・脂肪が多い

・塩分が多い

以上の3つが体に悪いと言われている要因です。

なぜ3つは体に悪いのかそれぞれ見てみましょう。

①プリン体が多い?

モツはプリン体が多く含まれてる食材の一つです。

プリン体が多いので食べすぎると尿酸値が上がり痛風の原因になります。

昆布で出汁を摂ったり野菜をたくさん入れたりと工夫して摂りすぎないようにしましょう。

②脂肪が多い?

他の鍋料理に比べてカロリーは低いですが脂質が高いので食べすぎには注意が必要です。

また、牛モツと豚モツでは豚モツのほうが脂質が少ないですよ!

「100gあたりのカロリーと脂質」

・牛モツ(大腸)=162カロリー 脂質13g

・牛モツ(小腸)=287カロリー 脂質26.1g

・豚モツ(大腸)=179カロリー 脂質13.8g

・豚モツ(小腸)=171カロリー 脂質11.9g

モツの脂質はスープに溶け出しているので美味しいのですが最後に麺類を入れて〆として食べると溶け出した脂質も一緒に摂取することになります。

スープは控えめにすることで脂質の摂取量を抑えることができます。

③塩分が多い?

塩・醤油・味噌味と煮込んで作りますが塩分が高めでスープも全部飲むと過剰摂取になる可能性があります。

具材を多く入れるのでスープの味が薄まったりしないようにしたり野菜に味を染み込ませたりするのに調味料を入れ塩分が多くなってしまいます。

塩分を摂りすぎるとむくみが出てきたり、血圧が上がってしまい高血圧になるリスクがあるので摂り過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

もつ鍋には栄養もいっぱい?

疲労回復や美容にいい栄養が豊富に含まれています。

野菜と一緒に食べることで様々な効果が期待できますよ!

どんな効果があるのか見てみましょう。

①コラーゲンがたっぷり?

モツには美肌に良いコラーゲンが豊富に含まれています。

ですがモツ単体で食べるとアミノ酸として分解されてしまうのでコラーゲンとしての効果が薄く発揮されません。

モツ鍋に入っている野菜の中のビタミンCがコラーゲンの吸収を手助けしてくれます。

アミノ酸として分解されたあとにビタミンCの働きで再度コラーゲンに生成されます。

モツ鍋のコラーゲンを摂るときは、キャベツやニラといったビタミンCが多く含んでいる野菜と食べることでコラーゲンを摂取できますよ!

②アミノ酸で風邪を撃退?

モツには人に必要な必須アミノ酸が含まれています。

この必須アミノ酸は体内で合成できないので普段の食事から摂取する必要があります。

モツに含まれている必須アミノ酸と一緒に鍋に入れる野菜を摂取することで風邪予防に繋がります。

③ビタミンで疲れがとれる?

モツにはビタミン類が豊富に含まれていますがさまざま役割があります。

その中のビタミンB1とにんにくやニラに含まれているアリシンが結ぶつくことによって疲労回復や免疫力アップの効果があります。

また、スタミナアップの効果もあるので体力をつけたいときに食べるのもいいですね!

④鉄分も摂れる

タンパク質や脂質以外にもミネラルの中の一つ鉄分が含まれているのでモツ鍋を摂取することで貧血予防につながります。

鉄分が足りなくなると貧血になりやすくなり集中力の低下になる可能性もあります。

また、鉄分は女性には不足しがちな栄養素なのでモツ鍋を食べて美味しく摂取しましょう♪

スポンサーリンク

もつ鍋のカロリーは?

モツは他の鍋に比べると意外とカロリーが低めです!

4種類の鍋とカロリー・脂質を比較しました。

「他の鍋料理との比較」

・牛モツ鍋(1人前)=388カロリー 脂質26.39g 

・キムチ鍋(1人前)=553カロリー 脂質28.63g

・すき焼き(1人前)=490カロリー 脂質25.32g

・寄せ鍋(1人前)==358カロリー 脂質11.44g

寄せ鍋はカロリー・脂質の両方が他の鍋に比べて低いですね。

モツ鍋はカロリーは低めですがキムチ鍋・すき焼きと比べてカロリーに対して脂質が高いです。

スープには、モツの旨味が溶け出して美味しいですがダイエットをしている方やカロリーが気になる方は飲まずに次の日に食べるなど分けたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

もつ鍋のカロリーの抑える食べ方は?

モツ鍋は美容・健康・ダイエットにいいですが食べすぎると脂質や塩分の摂りすぎになりカロリーオーバーにもなります。

カロリーは工夫次第で抑えられるのでぜひモツ鍋を作るときに実践しましょう♪

①野菜をたっぷり入れる

野菜をたくさん入れてかさ増しすることで食べごたえがでて満足感がでてきます!

また、カロリーも抑えることができるので歯ごたえのある野菜や栄養のある野菜をいっぱい入れましょう。

野菜がいっぱいなので、カロリーも抑えられて栄養もたくさん摂ることができダイエットにも健康にも嬉しいですね♪

②炭水化物は控えめに

モツの出汁がでているから〆としてスープにご飯や麺類を入れたくなりますね。

ですが、スープにはモツから溶け出した脂質がたくさん含まれています。

ご飯と麺を入れることで炭水化物と脂質を一緒に摂取することになるのでカロリーも高くなります。

③薄味にしよう

野菜に味を染み込ませるために調味料をいっぱい入れると味が濃くなります。

味噌味や辛い味を避けたり出汁を多めにしたり工夫することで薄味にでき喉の乾きを抑えられます。

また、薄味にしたことでスープからカロリーや糖分の摂取を控えることが可能です。

もつ鍋が体に悪いってホント?栄養たっぷりでも食べすぎ注意な理由を紹介しますのまとめ

モツ鍋は美味しいですが脂肪やプリン体が豊富なので食べすぎると体に悪く病気の原因にもなります。

食べ過ぎなければ栄養が豊富なので美容やダイエットに効果的です!

他の鍋に比べてカロリーは低めですが脂質が高いです。

野菜をたくさん入れたり〆の炭水化物の摂取を抑えることでカロリーや脂質・塩分を控えめにできます。

美味しく食べて肌も体も健康にしましょう♪

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました