夏休みの工作・高学年が割り箸で作りたい作品アイデア15選

小学校

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

夏休みの工作、何にしたらいいのかと悩みますよね~。

5,6年生にもなると、高学年なんだから自分でやるようにとお家の人から言われている人も多いでしょう。

わざわざ工作の準備だけのために外出するのも面倒だな…。

外は暑くて、材料を買いに行くのもためらってしまいますね。

そんなあなたでも大丈夫。

台所にある割り箸を使って、一人でもアッと驚く作品ができてしまうんです!

今回は、定番の割りばし鉄砲から、高学年なら挑戦してほしい観覧車、人気のピタゴラスイッチなどをご紹介します。

アイデアを参考に、自由に難易度を調整してオリジナル作品を作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

高学年に割り箸工作が人気の理由

高学年の工作の材料に割り箸が人気があるのは、なぜなのか考えてみましょう。

答えがすぐに思い浮かんだあなたは、さては割りばし工作の経験者ですね?

理由としては、家にあるもので作れる、難易度が選べるということがあります。

家にあるもので作れる

割り箸はどこの家庭でも大抵引きだしの奥にたまっていることが多いんです。

例えばお正月やお盆など来客が予想される場合に大袋を一度買うと、一袋当たりの量は30本から100本入りなど多いので、なかなか数が減りません。

ある程度数がそろっていることが多いので、多少失敗してたくさん使っても大目に見てもらえる材料と言えます。

難易度が選べる

割りばしはハサミで切ったり色を付けたりと加工がしやすく、また、何本かを並べて面として使ったり、一本の線使い、まとめてブロックでも使用できるなど応用の利く素材。

発想力を働かせれば独創性のある作品も作ることが可能です。

また、同じ作品を作ったとしても使い方、遊び方は何通りもあります。

工夫次第でいかようにも利用でき、手間をかければかけるほど難易度の高い作品も生み出すことができる割りばしは、頭が柔らかく、考える力も備わっている高学年にはピッタリな材料。

ぜひ今年の夏休みは、割りばしを使ってひと工夫した工作に挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

夏休み・小学校高学年が一人でできる割り箸工作

高学年のあなたなら一人でもきる割りばし工作のアイデアをご紹介します。

おすすめする工作には、次の15アイデアがあります。

  1. ランタン
  2. マジックハンド
  3. 弓矢
  4. 投石機
  5. 鉄砲
  6. おうち
  7. ピタゴラスイッチ(ビー玉コースター)
  8. ミニチュア家具
  9. ペン立て
  10. フォトフレーム
  11. 観覧車
  12. ティッシュケース
  13. 虫かご

それぞれYouTubeの参考動画で作り方や作品をチェックできるので、ぜひ参考にしてみてください!

それではひとつずつ見ていきましょう♪

ランタン

割りばしを同じ形で組んでから少しずつずらして重ね、中に照明を入れればランタンが作れます。

参考の作り方は四角形でひねりがありますが、真四角でも♪また、同じ要領で3角形もおすすめです。

材料

割りばし100本程度、塗料、刷毛、新聞紙、軍手、ボンド、グルーガン、中に入れるコードレスの照明(百均のアングルライトでOK)

作り方

・新聞紙の上に割りばしを並べ、割りばし全体にまんべんなく色を付けて乾かす(軍手・刷毛を使用)

・割りばしの両サイド、端から3センチのところに印をつけ、別の割りばしを垂直になるよう置いたら印の内側にボンド(グルーガン)を付け、4本1セットで#型に接着

・全ての割りばしを4本1セットで同じようにボンド(グルーガン)で固定しながら組む

*割りばしは歪んでいるので目安でOK!また、組み合わせるときは割りばしの向きは揃えること!

・すべてのセットを接着したら、1枠ずつ交差している部分にボンドを付け、ずらしながら均等に積み上げていく

・最後に内側にライトを置いて完成!

マジックハンド

低学年でも作ることもあるマジックハンドですが、割りばしの先に工夫していかに物がつかみ易くなるかなど、高学年らしい挑戦もできそうです。

材料

割りばし2膳、輪ゴム4本

作り方

・割りばしを割り開き、輪ゴムでぐるぐる巻きにして括りつけ、一本だけを引き伸ばす

・同じものをもう一つ作り、二つを合わせて持ち手の真ん中を輪ゴムで留める

・反対側も同じように輪ゴムで留めて端を持てばマジックハンドの完成♪

先端に画用紙やダンボールで取っ手を付けるほか、ペットボトルのキャップ、スポンジなどを付けて、物のつかみやすさの違いを比べてみては?

弓矢

出来上がれば弓を飛ばして的あてなどで遊ぶのも楽しみですね!

作り方も色々あるので、何種類か作ってみて一番飛ぶのはどれかを試してみてもいいかも♪

材料

割りばし、ボールペン、輪ゴム、竹串、グルーガンやボンド、ペットボトルのキャップ、キリや千枚通し、ドライバー、厚めに切った消しゴム

作り方

・割りばしの両側、先端1~2センチのところを輪ゴムでしっかり固定する

・キリ(千枚通し)で割りばしの中央に竹串がスムーズに入る穴をあける

・ボールペンを解体し、本体のボディに竹串が入るか確認

・ペットボトルのキャップの真ん中にも穴をあける

・解体したボールペンボディのペン先側がキャップの穴に入るよう、ドライバーなどで穴を広げ、割りばしにあけた穴と重なるようにグルーガンで固定し、乾かす

・輪ゴムを割りばしの両側に引っ掛ける

・竹串のとがっている先端をきり、抜けないよう、貫通しないように消しゴムにさす

・ボールペンのボディの長さを半分くらいにカットしたら完成♪

投石機

「てこの原理」は高学年~中学校の理科の時間に学習しますが、小さな力で大きなものを動かす仕組み。

ハサミや爪切りなど身近なものにも隠れていますが、投石機もこの「てこの原理」と同じ仕組みを持ち、昔は武器として使われていました。

今回は割りばしと輪ゴムで作る投石機をご紹介します。

材料

割りばしを割ってばらしたもの、輪ゴム、持ち手が長めのプラスチックスプーン

作り方

・割りばしを割ってばらしたものを4本使って、四角形になるよう輪ゴムで留める

・更に2本で補強したら両サイドに三角形になるよう2本ずつ割りばしを立ち上げ、輪ゴムで留める

・二つの三角形の頂点に割りばしを渡して固定し、枠が崩れないよう3本の割りばしでさらに固定する

・絵の長めのスプーンを枠につけ、最後に輪ゴムをセットしたら完成!

鉄砲

小さい頃に、おうちの人などに作ってもらったことがある人もいるでしょう。

比較的簡単な作り方をご紹介しますが、応用して独自のアレンジを加えてみましょう!

材料

割りばし3膳、輪ゴム6本、ハサミ

作り方

・割りばしを割り3本をまとめて輪ゴムで留め、三本中の真ん中だけを長くひっぱり凸凹にして別の輪ゴムで留める

・真ん中のはしを、長さの半分ほど引き出す

・半分に切った割りばし2本を、引き出した割りばしの反対側の隙間に垂直方向に差し込んで輪ゴムをからませて留めて持ち手にする

・4分の1の長さに切った割りばしを更に隙間に入れて輪ゴムで留め引き金を作り、最後に輪ゴムを鉄砲の先から引き金にかけて完成♪

おうち

割りばしをカットして、根気強く貼り合わせていけばミニチュアツリーハウスやドールハウスができます。

設計図を書いてから寸法通りに作ると無駄なくスムーズに作れそう!

割りばしだけではなく、海辺で拾った流木などにおうちを作成しても雰囲気が出そうですね♪

材料

割りばし、ボンド、ハサミ、ペンチ、カッター、キッチンペーパー、塗料(ウッドステイン)、紙やすり

作り方

家のパーツを作って組み立てるだけです。動画では室内のみですが、屋根部分も作って上からかぶせ、屋根を取り外し可能な一軒家も作れそう♪

階段…割りばしの太いほうを揃えて置き、階段の幅でカット

少しずつ重ねてボンドで固定する

床、壁…割りばしを太い部分、細い部分を交互に隣り合わせに並べてボンドで固定

カーテン…キッチンペーパーを窓の大きさに合わせてカットし、ジャバラ折りし、真ん中部分を同じく短冊状に切ったキッチンペーパーで包んでボンドでふんわり留める

ピタゴラスイッチ(ビー玉コースター)

一度は作ってみたいと考えていた人も多いのでは?

どんどんアレンジを加えて、どこまでも転がっていくビー玉を見守ってみてください!

材料

割りばし、ビー玉、木製トレー、ボンド

作り方

・木製トレイの四つ角に、割りばしを2膳ずつ立ち上がるようボンドで固定し、両サイド2か所の間にも1膳を水平方向に渡してボンドで固定する

・たわまないよう、上部はコードをまとめるピンチなどで固定

・4膳の割りばしを割って手前に並べ、ビー玉が転がるための2本の間隔をチェックする

・転がりやすい幅が決まったら2本ずつでレールを作り、サイドの片側にはストッパーになるよう上方向に高さを出す

・土台にセロテープで仮固定してビー玉の転がり具合を見てレールを取り付ける位置や高さを調整する

・位置が決まったらレールをボンドで固定し乾いたら完成♪

ミニチュア家具

まるでシルバニアの世界♡小さな椅子やベット、タンスなどを作って、理想のお部屋を作ってみましょう。

インテリアに興味のあるあなたなら、センス良く作れそうです!

椅子・机・部屋の材料

割りばし、つまようじ、油性ペン、ハサミ、木工用ボンド、紙やすり、絵の具、ボールペン、ポスターフレーム(厚紙とクリアファイルでOK)、壁紙用の厚紙、筆、定規、カッター、のり、ガムテープ、両面テープ

それぞれの作り方

椅子…材料:割りばし、つまようじ、油性ペン、ハサミ、木工用ボンド、紙やすり、絵の具

椅子の作り方:座面→脚→背もたれ

・作りたい大きさにいすの実物大の設計図を書く

・図に合わせて割りばしをカットし、切り口を紙やすりで整える

・ボンドで固定し最後に絵の具で好きな色に塗って完成♪

机…材料:ポスターフレームB5サイズ(厚紙とクリアファイル)、割りばし、油性ペン

机の作り方

・ポスターフレームの裏板(厚紙でもOK)を外し、テーブル板の大きさに(設計図の通りに)切り抜く

・割りばしを机の脚の長さにカットし、絵具で色を付けたものをボンドで固定したら完成!

部屋…材料:ダンボール、ポスターフレーム、厚紙、ガムテープ

部屋の作り方

・ダンボールを床の大きさにカットし、床にフローリングの模様を書き込み絵具で色を付ける

・壁紙の床との境になる下部分を5ミリほど色付け(壁と床をつなぐ巾木の部分)、ダンボールに貼る

・ガムテープで床と壁を接着する

・ポストフレームの透明プラスチック(クリアファイルでもOK)を窓の大きさにカットし、窓枠を油性ペンで書きこんで壁の窓穴に張り付ける

壁に飾る絵などは好きな本の印刷物や雑誌の切り抜き、自分でイラストを描いた厚紙で用意したものを両面テープで壁に貼って、作った家具を配置したら完成です♪

ペン立て

割りばしをカットして隙間なく四角く積み上げる、縦に貼り合わせていく、色を工夫して寄木風にするなど作り方は様々思いつきますね。

使い勝手の良いものを選んで、ぜひ机周りがスッキリする作品を作りましょう。

材料

割りばし15膳目安、MDF材(木のような板10×10センチ)、ボンド、ペンチ

作り方

・割りばしを割り、1本ずつ半分にカット

・木材の土台の端から少し内側の位置に、縦たて I  I 、横 =よこ♪ で1セットにして四角く積み上げ、割りばしが交差する部分をボンドで留めていく

・一番最初の割りばしは、土台にべったり全面をボンドで接着する

途中、ペンが立つくらいの高さになっているか確認しながら作りましょう。

あまり高く積み上げすぎると使いにくくなるので注意!

長めの割りばしも用意して、消しゴム置きやホチキス・セロテープをかけられるようにしても使いやすそう♪

フォトフレーム

シンプルに四角く枠を作っただけのフォトフレームでも、色を変えれば印象も変わりそうです。

参考動画のように窓枠のようにしても、オシャレなインテリアとして壁に飾れそうです!

材料

割りばし、竹串、透明プラスチックか下敷き、ボンド、塗料

作り方

・飾りたい写真のサイズを紙に書き写し、実寸大の設計図を書いていく

・設計図通りの長さに割りばし・竹串をカットし、ボンドで留めながら組み立てていく

・最後に裏側の下部分に写真止め用の竹串も付ける

・ボンドが乾いたら塗料を全体に塗り、壁掛けにする場合はフレーム枠の裏側にビスを付けて完成!

小学校中学年で彫刻等の使い方は習得済みなら、もう一歩進んでさらに細かい工作にチャレンジしてみましょう。

カッターで割りばしを薄く削って、日本刀を作ってみませんか?

材料

割りばし、カッター、カッターマット、細くて固め(Hなど)の鉛筆、紙やすり、色ペン、カラー糸

作り方

・割りばし1膳の太いほう(先から1.5センチほど)を割れ目がなくなるくらいに削って2~3ミリの薄い板状にして切り取る

・薄い板につばのデザインを鉛筆で下書きし、カッターで切れ目を入れて丁寧にカット

・残った割りばしを割り、1本を刀として、先端から刀の長さ分に(目安でOK)印をつける

・持ち手になる部分はそのまま、刀の部分を薄い板状に削り、先も刀のようにカットする

・裏側からも削って、持ち手を持った時左右の刀の厚みが均等になるよう注意!

・刀のつばの部分の真ん中に穴をあけ、刀先から持ち手の部分へ通す

・持ち手の長さをバランスを見てカットし、全体を紙やすりで整える

・色をつけ、持ち手には糸を巻き付けボンドで固定

細かい作業で、無理にすすめようとすると割れるので慎重に!

参考動画はペットボトルと割りばしを組み合わせて作る、水で遊べる懐かしさを感じる船ですが、浮かばない見た目重視の船を作ってみても良いでしょう。

材料

割りばし、四角い小さめペットボトル、200ml程度のドリンクの空きパック、輪ゴム、牛乳パックなど耐水性のある紙

作り方

・割りばし2膳をペットボトルの両サイドに2個の輪ゴムx2か所でしっかり固定する

・ペットボトルの底側から出る割りばしの先の高さをボトルに合わせる

・牛乳パックなど耐水性のある紙でプロペラを作り、ペットボトル後方部分の割りばしに輪ゴムをかけたところに、セロテープで留めつけたら完成。

プロペラの長さを変えると、を動かす速度が変わるので、速度とプロペラの長さの関係を調べても良いでしょう♪

観覧車

観覧車は割りばし感たっぷりに色を塗らずに作ってもオシャレですが、色をカラフルに塗ると、遊園地の楽しさが表現できますね♪

材料

割りばし、竹串、ダンボール、グルーガン

作り方

・ダンボールを丸型に2枚切り抜き、真ん中に穴をあける

・短くカットした割りばしを、丸型ダンボールの真ん中に開けた穴の周りに5本たててグルーガンで固定し、上側にもダンボールの丸型を接着したら観覧車の要の部分が出来上がり。

・割りばしを割った8本を、先ほどの要部分に車輪のように均等に接着し、短くカットした割りばしで補強する

・要から伸びた割りばしに垂直方向に短い割りばしもつけ、丸型段ボ―ルの反対側にもカットしていない割りばしを8本接着してつなぎ合わせ、補強する

・ゴンドラを竹串でぶら下げる

・要部分の穴に竹串を通し三角形に組んだ土台にグルーガンで固定したら完成

ティッシュケース

シンプルなティッシュケースを割りばしでおしゃれに変身させちゃいましょう!

材料

百均のウッドティッシュボックスケース、割りばし30膳、厚紙/画用紙、紙やすり(400番、1000番が目安)、水性オイルステイン(オーク・オールナット)などの塗料、ナチュラルペイントブラック、水性ウレタンニス(艶消し)刷毛、ビニール手袋や軍手

作り方

・ティッシュケースを紙やすりで削る

・割りばしを割り、やすりをかけて、半分の長さにカット

・カットした割りばしを半分にわけ、それぞれ塗料で色を付け乾かす

・ティッシュボックスにも色を付け乾かす

・ティッシュボックスの面のサイズに合わせて割りばしをボンドで貼り付ける

・4隅のカット部分に色を再度塗り、全体にニスを2度塗りして完成

ティッシュボックスに割りばしを貼る前に、台紙などで仮りに組んでカットしておくとやりやすくなります♪

虫かご

細かい作業が好き、昆虫好きならぜひおすすめしたい虫かご作り。

どう開口部を作るかが、腕の見せ所です♪

材料

角材、割りばし、はさみ、カッター、グルーガン、キリ、ドライバーなど

作り方

・角材の四角を2つ作り、天板と底にする

・割りばしを割り、1本ずつ一定間隔で枠に接着する

・開け閉めできるよう、虫かごのサイドの一部は割りばしを接着せず、上部の枠に割りばしが通る大きさの穴を開口部用に必要な分だけ開ける

・割りばしを穴に通したら、上下に別の角材を付けて開口部も完成

スポンサーリンク

夏休みの工作・高学年が割り箸で作りたい作品アイデア15選のまとめ

高学年に割り箸工作が人気の理由

①家にあるもので作れる…おうちの棚の奥に眠っていることが多い

②難易度が選べる…加工がしやすく同じものを作っても、簡単にも複雑にも作ることが可能

夏休み・小学校高学年が一人でできる割り箸工作

①ランタン:四角く組んでボンドで留めながら上に積み上げ、内側に照明を入れる

②マジックハンド:割りばしと輪ゴムで簡単に!物のつかみやすい工夫をしてみましょう。

③弓矢:割りばしと解体したボールペンで作ります

④投石機:割りばしと輪ゴム、プラスチックスプーンで「てこの原理」を学びましょう

⑤鉄砲:昔作ったことがある人は応用してみて!

⑥おうち:根気強く割りばしを貼り合わせて作ります

⑦ピタゴラスイッチ(ビー玉コースター):2本の割りばしでレールを作ればビー玉が転がります

⑧ミニチュア家具:インテリアに興味があるならセンス良く作れそう

⑨ペン立て:木材の板の上に割りばしを四角くくんで作り消しゴム置き、ホチキス掛けなどプラスして使い勝手に工夫を!

⑩フォトフレーム:窓枠のように立体感のあるフォトフレームは、設計図をしっかり書くことから始めましょう

⑪刀:細かい作業が好きな人にはピッタリ!慎重に割らないよう割りばしを削って作ります

⑫船:水に浮くタイプ、見た目重視など

⑬観覧車:見た目もカワイイ観覧車は回すこともできるので、出来上がりの満足感もたっぷり!

⑭ティッシュケース:シンプルなティッシュケースがオシャレな寄木風になります

⑮虫かご:細かい作業が好きな人、昆虫好きにはおすすめです

割りばしがあれば、これだけたくさんの作品を作ることができるので迷ってしまいそうです

ね!

この記事を参考に、ぜひアレンジを加えて素敵な作品を作ってみてくださいね!

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました