ママ友の手土産にシャトレーゼは失礼?コスパよく高見えさせる3つのコツ!

生活

ママ友のご自宅に招かれた場合、高見えする手土産を持ってお邪魔するとよいでしょう。相手のママも、おしゃれで高そうなものをいただいたら、嬉しいからです。とはいえ、時間が限られているママにとって、有名店にわざわざ足を運ぶのは大変です。

そんなとき、おすすめしたいのが「シャトレーゼ」です。

こちらではママ友の手土産にシャトレーゼは失礼なのか?失敗しないシャトレーゼの手土産、活用方法をお伝えします。ぜひ、高見えして相手も喜ぶ手土産になるよう参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ママ友への手土産にはシャトレーゼは失礼?

ママ友への手土産を考えているというとき、相手のママがどう思うのかが大事です。ママ友がシャトレーゼの手土産が好きというタイプなのか、あまり好きではないというタイプなのかを判断する必要があります。そこで、どういう口コミがあるのか調べてみました。

ママ友への手土産でシャトレーゼがダメという口コミはある?

口コミを見たとき、ママ友への手土産でシャトレーゼは、好感が持てるというママが多数いました。口コミの内容としては、手軽な感じが気を使わなくてよいということや、季節のものがあるので単純に嬉しいという意見が多くありました。

しかし、あまり好感が持てないという口コミも一部ありました。なぜなら、手軽に買えることで手抜き感を感じる方がいるようです。まだ、あまり親しくないママ友であれば、ママ友がどういったタイプなのかリサーチしてから決めると好印象を持ってもらえるでしょう。

ママ友への手土産でシャトレーゼがまずいという口コミはある?

手土産を持って来られた場合、シャトレーゼはおいしくて好き!という口コミが多くありました。季節のものがそろっていてフルーツがおいしく食べられることや子供から大人まで、みんなが食べられるもので嬉しいということでした。

とはいえ、人には味の好き好みがあります。普段どんなものを食べているママなのかリサーチしてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

ママ友への手土産をシャトレーゼで選ぶ3つのポイント

ママ友への手土産をシャトレーゼで選ぶとき、相手のママのことを考えて選ぶということが重要です。ママ友が私のことを大切に思ってくれている。と感じてもらうことが大切だからです。ここでは、どのようなことに注意して選ぶとよいのか、選ぶときの3つのポイントをご紹介します。

渡す側の好みに合わせる

相手のママ友がどのようなものが好きなのか聞いてみてもよいです。例えば、チョコレートは嫌いなのか好きなのかとか、フルーツはどういった種類が好きなのかなど聞いてみましょう。これを聞くだけでも相手の好みを少し把握できます。

嫌いなものを持って行ってしまったらこちらも気まずいうえ、相手にも気を使わせてしまうということになりかねません。そのため、少し相手にどんなものを普段食べているのか、それとなく聞いてみるとよいでしょう。

相手に気を遣わせない値段

ママ友がどのようなものを求めているのかに注意しましょう。なぜなら、高価なものや貴重な品を持って行った場合、相手に気を使わせてしまうおそれがあります。

もらったときは、とても嬉しいですが、今度、逆の立場になったときのことを考えると相手はプレッシャーに感じてしまうからです。ときによりますが、500円~1000円くらいの品が相手にも気を使わせずよいでしょう。

家族の状況に合わせたお菓子

ご家族にアレルギーのある方はいないのかということも注意したいポイントです。アレルギーがあった場合、相手の家族に迷惑がかかってしまいますので、アレルギーがないか確認しておくのもいいでしょう。また、少し余ってしまっても家族の方が食べられるものにしておくと、相手のママ以外にも、ご家族も嬉しいので好印象を持ってもらえます。

そのほかママ友の家に遊びに行ったときに、皆さんが悩みがちなのが会話に困ってしまうことです。子どもは仲良くしているけれど、親同士は実は、そこまで相手を知らなかったということもよくある話です。

そんなときは、以下を参考にしてみてくださいね。ママ友と付き合うための上手な方法を知っておきましょう。

【ほどよい距離感で】ママ友の仲は地雷だらけ!30代40代が守るべき「ママ友6カ条」
スポンサーリンク

ママ友の手土産にはシャトレーゼでコスパよく高見え!のまとめ

今回はママ友の手土産にシャトレーゼでコスパよくおしゃれにみえるものを選ぶポイントをご紹介しました。

シャトレーゼは、相手に気を使わせない金額というだけでなく、自分のお財布にも優しいお店です。季節のものを使っていて高く見えるのでおススメです。選ぶ際は、相手の好みやアレルギーがないかを少しリサーチしてから選ぶとよいでしょう。

子どもを通しての付き合いとはいえママ友とうまく付き合えたらいいですよね。悩みを共有しあったり、協力してもらえたりいいことがたくさんあります。相手のママにも気を使わせず、こちらも気を使わないような程よい関係を築いていきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました