繊細な子におすすめの習い事・選び方の注意点、子供との関わり方

習い事

うちの子繊細かも・・・?

性格を変えるなんて親が出来る事ではないけれど、本人に合った習い事をさせてあげたい・・・

ちょっとしたことですぐに気にする子供におすすめの習い事ってどんなのがあるんだろう?

繊細な子供だからこそ、習い事を選ぶ際の注意点を知りたい!

繊細な子供との関わり方で、気をつける事やしてあげたら良いことはあるのかな・・・

そんな、繊細な子におすすめの習い事・習い事の選び方や注意するべき点をまとめました。

スポンサーリンク

繊細な子に適した習い事

繊細な子供だからこそ、繊細さを長所ににできる習い事がおすすめです♪

音楽教室

こどもの音楽教室は、音楽に合わせて歌を歌ったり体を動かしたり、楽器にふれてみたりと色んな体験ができます。

教室によってはリトミックに特化していたり、ピアノ教室のように楽器を専門的に学んだりできます。

音楽が脳を刺激する影響は良いと言われています。

繊細な子だからこそ、音を通して敏感に脳を働かせ、体を動かし良い刺激になるのではないでしょうか。

絵画教室

絵が上手に描ける描けないという事ではなく、子どもが表現したいそのままを絵に描けるという絵画教室はオススメです。

絵を描くという事が、子供の発想を豊かにする助けになりそうです。

また、自分で描いたという体験は、自分で何かを作る事ができるという喜びを感じる事ができますよね。

自分の中で思ってる事や考えてることを、見える形に表現していく訓練になるのではないでしょうか。

演劇教室

今では子役も人気のジャンルではないでしょうか。

しかし、演劇教室が芸能事務所に所属するということではなく、演劇を通して自分を表現する練習になるということです。

繊細だからこそ、演劇の役の細かい部分まで気づき表現できるかもしれませんね。

バレエ教室

バレエ教室は体が鍛えられるのはもちろん、キレイな姿勢や礼儀、自分の姿を鏡を通して見れば自分を客観視できたりします。

バレエは全身、足先や指先まで気にしながら踊ります。

そのような細かい動きや姿勢にまでこだわりをもって取り組めるのではないでしょうか。

習字教室

習字教室では礼儀や姿勢など厳しいイメージがありませんか?

伝統的な風習を学べたり、綺麗な字を書くために集中します。

細かい部分に対しても、集中して真剣に取り組める子はとても向いている習い事だと思います。

その他 (学習塾やそろばん、囲碁や将棋など)

学習塾やそろばん、囲碁や将棋などもおすすめです。

たくさんの人と関わる習い事よりは自分一人で取り組むことができ、集中力が養える習い事は向いているのではないでしょうか。

通いながら、新しいお友達もできるかもしれませんし自分の興味の幅も広がりそうですね。

スポンサーリンク

繊細な子の習い事を選ぶ時の注意点

我が子が繊細だと思ったときに、習い事を選ぶ時のポイントや注意するべき点をまとめました。

子供が夢中になれるもの

まずは、子供自信が興味をもち夢中に取り組める物なのかどうかが大切です。

”親に言われたからやる”では、せっかく続いたとしても本人の中での達成感が得られなさそうですね。

親の負担は大きすぎないか

子供が興味をもちやりたがったとしても、毎月の月謝や習い事にかかる費用が家計の負担になっては続けられません。

せっかく入会しても途中で辞めざるを得なくなったときの喪失感を感じてしまうのではという心配もあります。

また、通える距離なども重要です。

送り迎えが親の負担になっては続けるのに苦労するかもしれません。

経済的、立地なども含めて負担が大きすぎないか注意しましょう。

始めるときにやめ時も決めておく

せっかく習い事を始めたのに1回通ったら辞めたいと言う、どうしよう・・・

そうならないためにも、始める前にしっかり約束をしておくのがいいでしょう。

始めるときに辞めるときも決めておき、”最低でも1年はやろうね、最低でも○回は通おうね。”と、子供が分かりやすく理解出来るように決めておくと良さそうです。

スポンサーリンク

繊細な子の性格は習い事で改善する?

繊細な子供のこまかい性格は習い事をしたら改善するのだろうか・・・

生まれ持った性格は、個性であり直すのが難しい場合もあります。

しかし、積極的で大胆な性格もすこしあったらいいのに・・・と親の立場で思ってしまう時もありますよね。

スポンサーリンク

繊細な子の性格の特徴は?

繊細な子の全員に当てはまるというわけではありませんが、繊細な子にみられる特徴をまとめてみました。

自分に自信がない

繊細な子は自分に自信を持てず挑戦する事が出来ない場合があります。

習い事を通して、達成感や満足感を得る体験をたくさんできれば、それは自然と自分への自信につながり改善される可能性がありますね。

恐怖心や不安感が強い

繊細な子の特徴として、不安感や恐怖心を抱きやすい場合があります。

それが、生まれてからの経験や環境によるものだったり、潜在的な性格だったりと人によってさまざまです。

習い事をする事で、親子の信頼関係や先生や友達との関係で改善される事もあるかもしれませんね。

すぐに泣いてしまう

特になにかがあったわけじゃないのに、良く泣く我が子。

悲しい、悔しい、さみしい、苦しい、どの感情によって泣いているかわからないときもありますよね。

習い事で他の子と関わったり、泣かなくても大丈夫なんだと客観的に自分を見れたり、あるいは泣いてる自分を改めて知ったり・・・

新しい環境によって泣くという事に対しての意識が改善されるのではないでしょうか。

初めての体験が苦手

繊細な子や細かい事を気にしてしまうが故に初めての体験や環境、新しい場所が苦手だったりします。

いきなり一人で参加するのではなく、親子で参加してみたり仲の良い友達や兄弟で参加してみるのも良いかもしれません。

繊細な性格のメリットは?

繊細だからといって問題視ばかりする必要もありません。

繊細な性格だからこそ、長所として活かしていけるんですよ。

人の気持ちによく気づく

繊細な子は、他人の気持ちや変化にもよく気づきます。

良くも悪くも他人の顔色や雰囲気に敏感に気づいてしまうかもしれません

誰にも理解してもらえなかったという部分を理解してあげられる優しい子になりそうです。

その場の空気が読める

新しい環境や、慣れない場所でも細かい事に気を配れるという事は、その場所の雰囲気や空気を上手に読める可能性があります。

空気を読み過ぎて自分を苦しめてしまうとダメですが、空気を読んでより良い方向に自分を向わせられれば素晴らしい長所になりますね!

相手の立場になって人を助けられる

人の気持ちによく気付けると言うことは、相手が望んでいることや相手が困っていることにも気付いてあげられるという事ですよね。

それによって心配してあげたり、助けてあげたりと誰かの為になる行動を誰よりも先に行える子になりそうです。

自分の気持ちに純粋で素直

繊細で細かすぎる子どもは、表現するしないに個人差があれど、自分の気持ちにとても素直だったりします。

自分の中に秘めた考えや思いを表現できる環境さえ準備できれば、のびのびと気持ちを発信できる子になるかもしれません。

人当たりが良く好かれやすい

なんだかんだ繊細で細かい子は他人の思いをくみ取る事ができると言うことです。

その場の空気に順応に対応できるので、人から好かれやすくなります。

他人に好かれている様子を見れば人はよってきますし、人当たりが良いと思われるのはとても長所ですよね!

繊細な子にしてはいけない親の対応

繊細な子供が気にする事って大人にとって気づきにくい事だったりしますよね。

だからこそ、言葉や行動を大人である親が気をつけないといけない場合が多々あります。

親や周りの期待を背負わさせない

親や祖父母が出来なかったこと、やりたかったこと、あるいはそういう思いを伝えすぎて負担にさせていませんか?

子供は純粋です。

親や祖父母や大人を喜ばせたいと思ってしまうのも当たり前に出てくる言動かもしれません。

しかし、その期待のせいで習い事もなにごとも続けるのが苦しくなってくるのではないでしょうか。

それくらいできて当たり前という言動をしない

大人にとって当たり前でも子供にとっては当たり前ではないことたくさんあります。

大人がやれば一瞬でできる事も、子供にとっては時間がかかる事があるでしょう。

頭では分かっていても、知らず知らずに言動にでていませんか?

”言葉では絶対に言わないようにする”くらいの気持ちで普段から気にかけてあげると良さそうです。

失敗を深堀りしない

失敗は成功のもとと言いますし、失敗を振り返り改善するべきだ!と思う親もいるかもしれません。

それはそれで一理ある内容ではありますが、子供にとって失敗は失敗の内容によっては深掘りされたくない場合があります。

また、習い事での失敗は習い事の先生や教室で失敗に対して分析している事もありますよね。

親の立場で失敗を深掘りしてしまうと、そんなつもりがなくても子供にとっては負担になってる事があるかもしれません。

早くやりなさいと言って子供のペースを乱さない

一番親が気をつけるべき内容ではないでしょうか!

毎日の生活は限られた時間の中で行わないといけません。

子供に合わせてしまうと予定していたことが全然進まなかったり、終わらなかったり・・・

しかし、内容によっては子供のペースを尊重してあげるべき部分もあります。

また、子供のペースに合わせても大丈夫なように親が工夫するのも大切かもしれませんね。

繊細な子の性格をあえて克服しないのもあり

繊細な性格を直した方がよいのではないか。そう考える親が多いかもしれませんがあえて克服しないというのもありです。

それは、子供の性格にもよりますがわざわざ性格を克服するために習い事をさせる。と言うのはあまりオススメではありません。

習い事をしてみたものの克服されてないと思った時に残念な気持ちになります。

繊細な子だからこそ、本人が興味あるもの夢中になれるものができたときに習い事としてやらせてあげるのが良いでしょう。

そうすることで、自己肯定感があがり自然に克服されるのではないでしょうか。

親が直そう、直してあげようと思って何かをするよりは、繊細な子だからこそより慎重に様子を見てあげるのも良いかも知れません。

繊細な子におすすめの習い事・選び方の注意点や子供との関わり方のまとめ

ここまで、繊細な子にオススメの習い事や選び方の注意点などをまとめました。

また、繊細な子供との関わり方や親や関わる大人が気をつけるべき点もまとめました。

繊細だからこそ、細かな部分に気づく性格を長所としてとらえてあげ、本人の関心のある習い事をさせたらいいですよね。

また、無理に親が性格を克服させようとするのではなく、子供の意志を尊重しながら寄り添って受け止めてあげると良さそうです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました