子供の協調性を伸ばす習い事は?社会性を身につける方法

習い事

子供は小さい頃はママやパパと過ごす時間が多いですが、保育園や幼稚園、小学校に通うようになると集団生活をすることになります。

「お友達と仲良く過ごせているだろうか?」「みんなの輪に入って行動できているだろうか?」と、親としては心配になることもありますよね。

「協調性を伸ばすにはどうしたらよいのだろう?」「協調性を伸ばすのに良い習い事って何があるの?」と不安に思っているママやパパに、親としてお子さんの協調性を伸ばすためにどんなサポートをすれば良いのかまとめてみました!

スポンサーリンク

子供の協調性を伸ばす習い事

今の時代、昔と違い様々なジャンルの習い事があります。

何を習わせたらいいのか悩む方も多いでしょう。

その中でも子供の協調性を伸ばす習い事でおすすめなものをご紹介します!

チームスポーツ

サッカー・野球などのチームで行うスポーツは、コミュニケーション能力や協調性が身に付きます。練習・試合どちらでも仲間と協力する必要があります。

チーム戦ではチームの中で自分がどう動くべきなのかを考えなければなりません。

自分勝手な行動をするとチームに迷惑がかかるので、自然と協調性が身につきます。

その他にもあいさつなどの礼儀、準備や片づけ等、基本的な常識も学ぶことができます。

体操

体操は個人競技のイメージがありますが、習い事では集団で学ぶことがほとんどです。

体を動かすことはもちろん、器具を使用することも多いので、しっかりルールを守り行動しないと危険を伴います。集団の中でルールを守りながら学ぶというのが協調性を伸ばすことになります。

スイミング

スイミングも体操同様、個人競技のイメージですが習い事では集団で学びます。

水の中で行うスポーツなので、先生の言うことをしっかりきかないと危険なことも多いです。集団の中でルールを守って行動することが協調性を身につけます。

リトミック

リトミックとは音に合わせて動くことを通じて表現力や思考力、記憶力などの学習をするための土台を作るというものです。

レッスンを通じて子どもの能力を発達させるだけでなく、お友達と一緒に学ぶ社会性や協調性を伸ばすことができます。また脳の発達時期に合わせて音感やリズム感をつけるレッスンを受けるので、ピアノなどの楽器演奏への移行もスムーズです。

英語教室

英語教室ではグループゲームというものを取り入れています。

グループゲームとは、複数の子供たちの中で遊びながら学ぶというものです。

クイズやレクリエーション形式で学ぶことによって、楽しみながら競争心を育むこともできます。一人黙々と机に向かって勉強するのではなく、同世代の子供たちとコミュニケーションをとりながら一緒に学ぶことで協調性を伸ばすことができます。

スポンサーリンク

協調性は大人になるにつれて社会性になる

大人になって社会に出ると、いろいろなタイプの人がいる中で人間関係を構築しなければなりません。人間関係のトラブルを回避する、いい関係を築くためには、社会性が十分に備わっている必要があります。

社会性がある大人になるためには、子供の頃から協調性を身につけることが大切です。

子供のころから、相手の気持ちを考えることができ、集団生活の中でいい人間関係を築くことが、社会で通用する大人になるための基本となります。

スポンサーリンク

子供の協調性が育つのはいつから?

一般的に子供は3歳頃からお互いを意識するようになると言われています。

そして、小学生頃までに「協調性」を身に着けていきます。

幼稚園くらいのお子さんは皆仲良く過ごしているように見えますが、実は意識して仲良くしているというよりも、同じ遊びをしたくて一緒に過ごしている、好きなキャラクターが一緒など趣味がたまたま合うからという理由で、友達という意識が本人たちにはまだあまりないのです。

自分以外の他人を意識できるようになるのは、5~6歳ころです。その時期に友達を思いやることや、仲良く遊ぶことの大切さを教えてあげることで協調性が育っていきます。

スポンサーリンク

一人っ子だと協調性が身につきにくい?

一人っ子だと協調性が身に付きにくいのでしょうか?

いいえ、決してそんなことはありません。

一人っ子に比べて兄弟がいる子は、家庭の中でも兄弟同士で遊んだり、喧嘩したりする中で自然と協調性が身につきやすい環境といえます。一人っ子は、家庭の中では一人で遊ぶことがほとんどだと思うので、自然に身につけるのは難しいかもれません。

ですが、お友達と遊ぶ機会を増やす、自分以外の人との関りを増やすことで協調性を身につけることができます。

ですので、一人っ子だからといって協調性が身につきにくいということはないのです。

協調性を身につける方法は?

協調性を身につけるための方法にはどんなものがあるのでしょうか?

いくつか候補をあげてみました!

子供の輪の中に入る

子供たちが遊んでいる中の輪に入っていくというのは協調性を身につけるのにいい方法です。いきなり自分から輪の中に入っていくのはなかなか勇気がいることです。

もし、お子さんが輪の中に入るのに苦戦しているようだったら、一緒に声をかけてあげるなど、手助けをしてあげましょう!

注意点としては、お子さんの性格に合うお友達なのかを見極めてあげることです。

あまり合わない子の中に無理やり入れてしまっては逆効果になってしまいます。

ルールを守る

社会に出ると、決まりやルールを守らなければなりません。

子供たちも同様です。みんなで楽しく遊ぶためにはルールや決まりを守らなければいけないということを親が教えてあげましょう!

まだ小さくてルールというものがわからない子もいるでしょう。その場合は、事前にどんなことをしなければならないのか理解をさせて、その約束は守ろうね!と「約束事は守る」ということを意識させてみましょう!

それに慣れてくると、自然と自分本位な行動をせず、「我慢する心」も身についていきます。

相手の気持ちを考える

協調性を身につけるためには、自分の気持ちを優先するだけではなく、相手の気持ちも考えなければならないということを理解させてあげる必要があります。

お友達とおもちゃの取り合いをしてしまったり、喧嘩してしまったりした時には、お友達の気持ちを考えることを意識させることで、思いやりのある子に育っていくでしょう!

役割を与える

子供に役割を与えてあげるのも協調性を身につける練習になります。

仕事でも人それぞれの役割があります。小学校でも、○○係や○○当番のように、役割を与えられるようになりますよね。小さいうちから家でも役割を与えて、自分がやらなければならないということを意識させることが大事です。

集団生活の中で何かをするときに、責任感を持って行動できる子に成長できます。

子供の協調性を伸ばす習い事は?社会性を身につける方法のまとめ

協調性を伸ばすことができる習い事は、集団の中で行うスポーツはもちろん、リトミックや英語教室などでも皆で楽しみながら学ぶという点で、協調性を伸ばすことに向いています。

習い事以外でも、親が協力してあげることで協調性を伸ばすことができます。

日常生活の中でお友達の輪の中に入れるようにきっかけを作ってあげる、ルールを守る、相手の気持ちを考えることを教えてあげる、何か役割を与える、など方法はたくさんあります。

小さいうちから協調性を伸ばすことで、大人になって社会性のある人間に成長できます。

大人になってから苦労しないように、今から意識してあげることが大切です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました