防災グッズで夏の災害を対策!暑さに備えられる便利グッズを紹介

防災グッズ 防災グッズや非常食

最近、地震だけでなく大型台風やゲリラ豪雨、大雪、火山噴火など、さまざまな自然災害も増えていますよね。

いつ災害が起きてもおかしくないので、もしもの時の防災グッズを準備しておくのは大切なことですね。

また、毎年夏には連続した猛暑日になり、冬には厳寒の日々が続きます。

寒暖さが激しいため、季節ごとに必要になる防災グッズを準備することも重要です。

この記事では、夏に災害が起こった対策として、暑さに備えられる便利グッズを紹介していきます。

夏用の防災グッズを準備しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

夏の災害で気を付ける事

夏の災害で気を付けなければならない事は、暑さ対策です。

なぜなら、避難所で人が密集すると、こもる暑さから熱中症になりやすいのです。

熱中症は、高温多湿な環境と水分不足が原因で起こります。

停電で電気が止まっている場合、避難所ではクーラーが使えなくなってしまいますよね。

冷房なしで、室温35度以上の中を過ごすのは困難です。

そして、不眠や疲れ、体の汚れや臭いなどの衛生面のストレスから飲食を控えるようになってしまいます。

体が水分不足になると、熱中症の危険度が高くなります。

夏の災害では熱中症予防のため、徹底した暑さ対策をすることがとても大切なのです。

スポンサーリンク

夏に役立つ防災グッズ

では、熱中症にならないために、そして猛暑の災害時に役立つ防災グッズを挙げていきたいと思います。

経口補水液

汗をかくと、汗に含まれる水分と塩分が失われ、体が脱水になってしまいます。

そのため、水分を補給するときには、同時に少量の塩分を補給することも大切です。

経口補水液は、水分と電解質を同時に摂ることができる脱水症予防のための飲み物です。

保存水

ミネラルウォーターとは違って、長期的に保存ができるお水です。

夏場は、水分摂取を定期的にすることが大切です。

保存水は3年から5年賞味期限があるので、一度買ってしまえば長くもちますね。

塩あめ

水分と一緒に塩分を摂ることで、汗をかいた後の体を補うことができます。

簡単に必要な塩分を摂ることができるので、あるとよいですね。

帽子

夏の日差しから身を守ってくれます。

ちょっとした移動時でも強烈な直射日光を避けることができ、熱中症予防にとてもよいですね。

スポンサーリンク

暑さに備える夏用防災グッズ

暑くて汗びっしょりの体をすぐにでもなんとかしたい時に使える、「暑さ」に備える夏用防災グッズをご紹介しますね。

汗をかいて体の不快からくるストレスや、感染症を防ぐために、衛生グッズを揃えることも大切です。

体ふきシート

汗を、すぐに拭き取りたい時に必要になります。

パウダータイプの体ふきシートは、ふいた箇所がサラサラになるのでおすすめです。

冷えピタなどの冷却シート

体を比較的長時間、ほどよく冷ましてくれます。

体に直接貼ることができるので、就寝時に便利ですよ。

扇子

一刻も早く涼しくなりたい時に、手動ですぐにどこでも使える扇子は必需品ですね。

ハンディ扇風機

電池式やソーラー式があり、労力なしで涼しくなります。

子供や高齢者には、扇子よりもこちらのタイプのほうがよいですね。

冷感タオル

水でぬらして軽く絞って風をあてると涼しくなるタオルなので、普通のタオルよりも夏はこちらですね。

速乾で軽量なので、とにかく便利です。

ハッカ油

アロマオイルのハッカ油は、爽快感のあるミント香りで、消臭やリラックス作用があります。

汗で体がべたついた時の、ストレス対策としてよいですよ。

夏の虫よけにもなります。

水のいらないシャンプー

髪の衛生面が気になる時に、簡単に使えるのであると便利です。

ガスが止まっていてシャワーを浴びれなくても、体や髪の不快感はできるだけなくしたいですよね。

スポンサーリンク

夏の防災リュックに入れておくと安心な備蓄

電気やガスや水道などライフラインが全て止まってしまった時のことを考えて、飲料水や非常食は日頃から備蓄しておくことが大切です。

それらに加えて夏の災害では、こまめな水分摂取をして熱中症から身を守りましょう。

そのために夏の防災リュックにあると安心な、暑さ対策と衛生管理のできる備蓄をまとめました。

リストとして、一つずつチェックしていってくださいね。

・経口補水液

・保存水

・塩あめ

・帽子

・体ふきシート

・冷えピタなどの冷却シート

・扇子

・ハンディ扇風機

・冷感タオル

・ハッカ油

・水のいらないシャンプー

防災グッズで夏の災害を対策!暑さに備えられる便利グッズを紹介のまとめ

夏の災害では、暑さ対策をしっかりとして熱中症に気を付けましょう。

夏の防災リュックには、夏に役立ち、暑さに備えるグッズが必要になります。

日本では、四季があり気温差が激しいことから、季節の変わり目ごとに、防災リュックの中身をチェックするようにしたほうがよいかもしれませんね。

そんなに頻繁にみるのが難しいなら、年に一度の「防災の日」に備蓄をチェックするのはどうでしょうか。

防災の日は9月1日です。

夏休みが終わって新学期を迎えるこの日に、ぜひ防災グッズも新たに再確認してくださいね。

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました