理解力がない子供の特徴は?理解力がある子供の習慣は?

幼い頃は、理解力のなさに何も感じなかったことが、成長するにつれて、理解力のないわが子が気になり心配になったことはありませんか?理解力のない子供は、1つの原因だけではなく、複数の要因が重なっています。

例えば、自宅ではできないことも、幼稚園や学校等、外部ではしっかりできているなんて事ありませんか?

それは、教え方と環境で大きく変われることが分かります。外部では、口だけでなく、実際に行って見せてくれるだけではなく、子供もさせてもらえるからこそ、理解しできるようになるのです。

では、理解力がないままだとどうなるのでしょうか?そして、理解力をつけるため子供にできることは何か?

まとめましたので見てみましょう。

スポンサーリンク



理解力がない子供は、このままだとどうなるのか?

  • 語彙力・知識不足となる
  • コミュニケーションが上手くいかなくなる
  • 将来仕事が上手く進まなくなる。
  • インターネットばかりを頼りにし、実感がないものとして記憶される

 

では、具体的に、理解力がない子供と理解力がある子供を比べてみましょう。

スポンサーリンク



理解力がない子供の特徴と原因は?

特徴としては、一番は実体験の不足が大きいです。それは、なぜかというと、インターネットが流通したからです。

例えば昔は、植物や動物で分からないことがあれば、実際に見に行き学んだことも、今ではインターネットを使用して詳しく具体的に調べることができます。

しかし、実際に体験した子と、インターネットで見て学んだ子。どちらが頭に残るのかは、もちろん実体験した子です。

そして、実体験により、その季節の良さやそれ以外の周りの環境にも触れ、1つの知識から10学ぶ事ができるのです。そして肌で感じるため知識としても残りやすい。感じやすい。実感を伴った理解は大切であることが分かります。

インターネットで学んだことは、実感を伴っていないため、理解力に繋がらず、理解力が低い状態になっているのです。

 

スポンサーリンク



理解力がある子供の特徴と習慣は?

理解力がある子供は、実体験がとても多いです。これは、親や周りの人たちが意識を持って子供に与えている事が多いからです。

特に親が小さい頃から、実体験を大切に遊びから学ぶこと重視にしていた場合は、理解力はとても高いと言われています。そういう親は、子供の疑問も丁寧に分かりやすく説明してあげています。

子供は、親の言ったことをそのまま理解できるくらい頭が柔軟です。ですから、親の説明が不十分だと、子供も不十分な理解のままになってしまうのです。子供だからと手を抜いてはいけないということです。最後までしっかり答えてあげることが大切なのですね。

理解力がある子供の習慣は、常に疑問に思うことがでてくることです。そして、疑問をしっかり解決までしていること。疑問に思う事も放置したままだと意味がありません。疑問はすぐに解決すると、次の疑問につながります。解決すると、どんどん理解力が深まることになります。

では、次に理解力は学習面に影響を及ぼすものなのか?見てみましょう。

理解力がないと、学習面でどのくらいの影響がでるのか?

理解力がないということは、相手が何を伝えたいのかが分からないということです。

相手が何を問うているのか?自分は何を行分ければならないのか?これは、もちろん学習面でも大きく影響してしまいます。

理解力がないとまず、国語の文章問題がわからない。他の教科に当たっては、問題の意味が分からないことになります。

理解力は国語力と同じだということです。基礎学習ができていても、応用となると文章も複雑になります。

そこで、国語力と理解力が必要となります。国語力がある人は理解力も比例してあります。

学習面でも影響を及ぼす理解力。では、理解力がない子供が今からでも間に合う習慣はあるのでしょうか?

 

理解力なない子供が今からでも間に合う習慣

  • 自分の考えを声にだして言う
  • 読書をたくさん行う。
  • 実体験を行う(毎日家庭で行うなら、植物を育ててみる、お手伝いでも良いです。普段行わない行動をたくさんする)
  • マインドマップ毎日行う

声に出すことは、脳が活性化するためにも良いとされます。そして、声に出すことで考えも整理することができます。

読書は、語彙力や文章の構築を学ぶチャンスでもあります。たくさん読むことで文章つくりや知識も豊富になります。

一番は、実体験です。子供と一緒にお買いものをしたり、お支払してもらったり、大人がしていることを子供がすることでも大きな実体験です。五感で感じたものは、大きな知識となります。

理解力がない子供にお勧めなのが、マインドマップです。これは知識が増えれば増える程複雑なものを作成することができます。毎日簡単なものでも良いので続けることで理解力がしっかり身についてきます。

では、次に親が理解力がない子供にしてあげられるサポートは、どのような事があるのでしょうか?見てみましょう。

理解力がない子供に親がしてあげられることは?

  • どんなことでも声かけをしてあげる。
  • たくさんの会話をしてあげる。
  • 実体験をたくさんさせてあげる(買い物や支払い、料理、洗濯など日常生活からもでも十分です)
  • 親子読書をしてあげる

即実行できるものを上げています。1つ注意点をあげるならば、強制的にはなっていはいけないことです。

1つのことを長く楽しく行う事が大切です。たくさんのことを一気に行うと脳も処理できないからです。

理解力がない子供の特徴は?理解力がある子供の習慣のまとめ

理解力がない子供への対策法に就てまとめてきました。

理解力はコミュニケーションや学習面にもとても大切なことが伝わりましたか?

経験値は大きな理解力に繋がりますので、是非親子でもたくさんの経験を行ってほしいと思います。

大人になってからも理解力は、常に伸び続けます。子供と一緒に成長を続けてください♪

文章力ゼロだった子どもが自信をもって作文を書けるようになった方法とは?

文章っていざ書こうと思っても、なかなか浮かんでこないことってありませんか?

 

私はしょっちゅうありました。

 

これは学生時代に限ったことだけでなく、大人になってから、履歴書やエントリーシートの書き方、仕事のメールのやり取りで苦労したという人も多いです。

 

私の文章力のなさが子どもにもしっかりと遺伝してしまい悩んでいたのですが…

 

ある方法を試したことで子供が作文を自分からスラスラと書くようになったんです。

 

文章力は一生役立つスキルなので、子供には社会に出る前に身につけられて本当に良かったと思っています。

 

子どもの作文力は親できまる!?親子で文章力を上げる方法とは・・・

 

 

タイトルとURLをコピーしました