音読のやりすぎは効果ある!?脳が活発になるという噂の徹底調査

小学校

みなさん、音読にはたくさんのメリットがあることを知っていますか?

文章を目で追うだけではなく声に出して読むことで、文章の内容への理解が高まったり、滑舌が良くなったり、様々な良い効果を得ることができます。

また、脳にも良い影響があることも研究で報告されているんですよ!

そんな音読ですが、やりすぎても効果はあるのでしょうか?

気になる脳が活発になるという噂まで徹底調査しました!

スポンサーリンク

音読はどんな効果がある?やりすぎても大丈夫?

音読とは、文章を声に出して読むことです。

小学生の頃に、国語の宿題で毎日のように音読をしていた人も少なくないかもしれません。宿題になるということは、なんとなく子どもの学力アップに効果的な感じがしますよね。実際に音読をしている子どもは国語の学力が上がったというデータもあるようですよ。

基本的な音読の効果としては、以下のようなものがあります。

記憶力・集中力・行動力が高まる

どれも仕事や勉強で活かせる重要な力ですよね。物事に取り組むパフォーマンスが上がり、効率よく動けるようになります。音読をすることによって子どもの国語の学力が上がったということにも納得できますよね。英語の学力を上げるためにも音読が推奨されています。何かを覚えたり、集中したいときは声に出して文章を読むと良いかもしれませんね!

コミュニケーション能力が上がる

音読をすることで頭の回転が速くなることが期待できます。人と会話をしているときに、次に何と言えばいいのか頭に浮かばない、なんてことはありませんか?それが原因で会話がはずまなくて落ち込んだり…。頭の回転が速くなると、頭に欲しい言葉が浮かぶようになると思いますよ!また、音読には滑舌が良くなる効果もあるので、話すことに前よりも自信が持てるようになるかもしれませんね。

安眠効果

寝る前に本を読む方もいるかもしれませんね。黙読ではなく音読にしてみるとより安眠効果が高まるそうです。私は子どもを寝かしつけるときに絵本の読み聞かせをするのですが、確かにその通りだと思いました。普段そこまで寝つきが良い方ではないのですが、読み聞かせをしているといつの間にか寝落ちしていることが増えましたよ!

想像力・発想力の向上

勉強や仕事、プライベートでも何かを考える機会って多いですよね。そんなとき想像力や発想力のが高まっていると、いつもは思いつかないようなアイデアを出すこともできるかもしれません。アイデアを出さなければならない状況にいて煮詰まった時は、気分転換に音読をすると良い考えを思いつくことができるかもしれませんね。

自制心を保つことができる

音読をすることで自制心を保つ効果も期待できるようです。個人的には一番難しいことなのでは感じます。自分を自分自身でコントロールするのって意外と難しくないですか?音読で自制心を鍛えることができるなら、これから音読の習慣を始めてみたいと思いました。

音読にはたくさんのメリットがあるようですね!

でも、やりすぎると逆効果なのでは?と心配になる方もいるかもしれません。調べてみると、音読のやりすぎがいけないという情報はありませんでしたよ!

ただ、音読をするのには効果的な方法があるようなので、後ほどご紹介しますね。

スポンサーリンク

音読で脳が活発になるという噂はほんと?

音読のメリットとして、中でも脳が活発になるという噂もありますよね。

結論から言うと、噂は本当です。

音読をすると脳の中でも前頭前野が活性化するということが明らかにされていますよ。

前頭前野とは脳の司令塔と言われ、意思、判断、記憶、創造、抑制、集中などを司っています。コミュニケーション能力や感情のコントロールにおいて重要な働きをしています。

前頭前野が活性化されれば、紹介したメリットを得られることにも納得ですよね。

さらに音読で脳を活性化させるのに、有酸素運動を合わせて行うことも効果的なんだそうですよ。

スポンサーリンク

音読のやりすぎ!実はいい事だらけ⁉

音読は継続した方が効果を期待できるようですよ。つまり、やらないよりはやりすぎた方が効果は得られるのではないでしょうか。

音読をすることで得られるメリットは、1回や2回読む程度では十分に期待することができないようです。最低でも2~3週間以上は継続することが推奨されています。

読む時間の長さとしては1~2分でも毎日コツコツ続けることで、脳の前頭前野が鍛えられて記憶力などが上がった実験結果もありますよ。

短い時間でも効果が得られるため、読む時間を増やすことでより高い効果を期待できそうですね!

スポンサーリンク

音読のやりすぎはどれくらいまでがいい?

音読のやりすぎで脳や健康面に良くない影響があるという情報はつかめませんでした。一方で音読のやりすぎが効果的だとはっきり断言できる情報もありませんでした。

しかし、音読の効果を高める方法として音読をするときに読むスピードを上げる方法が効果的だという情報がありました!

音読をする時間を長くとるというよりは、読むスピードを速く意識して読む方が良いという内容です。音読を始めたばかりの頃は、ゆっくりと読むことから始めます。しだいに日数が経ち、慣れてきたら読むスピードを上げると良いのだそうです。

また、音読は1回につき10~15分ほどの時間をとり、特に朝行うとより効果が期待できるようです。少なくとも10分以上はした方が良いという経験者の情報もありました。

音読をする=脳の前頭前野の筋トレをしているような状態です。やりすぎて疲れないように注意して、自分にできる範囲で続けてみてはいかがでしょうか。

音読のやりすぎは効果がある?脳が活発になるという噂まとめ

音読には、記憶力、集中力、行動力、想像力、コミュニケーション能力の向上などたくさんのメリットがあるようですね。

音読をすることによって脳の前頭前野を鍛えることができるのも魅力です。

やりすぎは効果がないという情報はありませんでしたが、短い時間でもとにかく継続することがポイントだとわかりました。

自分に合ったペースで音読を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

\子供の自己肯定感を上げる/

子育てもしやすくなる作文学習とは?

 

ーーーーーーーーー

\読解力を上げる/
→学習の土台となる国語力を身につけよう

▲▲無料体験キットプレゼント中▲▲

\ポイントもたまってお得/

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました