育児疲れでご飯が作りたくない!簡単メニューと宅配サービスで解決

育児疲れ手抜き料理・時短家事

毎日毎日、家事に育児に息つく暇もないのが主婦。蓄積していく疲れを、誰にも理解してもらえない…。

今はお手軽レシピや宅配サービスがいくらでもあふれている、主婦にとってはむしろいい時代です。疲れを無視せず手を抜いて、合わせて肩の力も抜いてしまいましょう!!

スポンサーリンク

育児疲れでご飯が作りたくない!はしょうがない

育児疲れ

育児は想像以上に頭を使います。自分が実際育ててみて、こんなにも頭を使うのか!神経すり減らすのか!!…と思いもよらない大変さに四苦八苦でした。料理って家事の中でも思った以上に頭を使います。

育児や家事疲れで気持ちも体もすり減らした中での料理に、やる気が出ないのは仕方ないこと。
おまけに1年365日エンドレスですからね!!!

私自身は家事を最低限のルーティンに絞っています。自分の一日のうちにやるべきことを大まかに分けたら子供のお世話、洗濯、料理、その三つでした。

私は定期的に嫌気がさす料理を、それに合わせて作らないで並べるだけにすると割り切り自分の休養を優先することに決めています。そして自分の気持ちを最優先したルーティンを作ったところ、思いのほか作業の効率が上がりました。

洗濯は3日に1回くらいと割り切り、その代わりタオルなどのアイテムを増やしました。
下着なんかもそうです。ご飯を作りたくないときはレトルトと宅配を天秤にかけ、今日は温めるくらいならやってもいいかなー、というときはレトルトに。それすらも嫌なら宅配に。

私は出産し子供のお世話をする中で、最初の1年くらいは休息を軽く見ていました。
それが産後なかなか収まらなかったキレる生活の原因だったと今ならはっきりわかります。
自身の休息を削り育児家事をこなす生活は誰にとってもメリットなどありません!!

食事は確かに大事です。つくづく思います。
ですが長い子育ての中でたった1日のうちの1食をレトルトに頼ったところで、もしくはデリバリーに頼ったところでなんの問題もないのです。

むしろ家事育児において自分以外の何かに頼ることの大切さを見失ってしまうことのほうがやはり問題なのではないでしょうか?それは結局疲れ切っている証拠です。

そういう小さな疲れたー…を見逃すよりも、日々の小さな疲れに目を向けて手を抜き作業の効率化を図って自分時間を取り戻しませんか?休みを定期的にとり自分の過ごし方を見直してみると、他でもない自分自身の蓄積疲労で悪循環を生みだしていただけだったりするものですよ!!

スポンサーリンク

育児疲れでご飯が作りたくない!簡単レシピ紹介

育児でたとえ疲れ切っていたとしてもやはり並べるくらいはしないといけませんよね。
でも疲れがたまり過ぎると、並べることすら嫌々やっている自分に気づいたりします。私の場合はまさにそうでした。

私は産後2年たちようやく睡眠がとれるようになってきて、つくづく思います。休養を優先し宅配サービスを利用しながらも、その都度罪悪感は内心とても感じていました。
ですが割り切って考えて利用したことはむしろいい選択だったなぁ、と今は思うのです。

休むことにより定期的に疲れを軽くしていく中で、少しずつ余力と気持ちの余裕が生まれました。そうこうするうちに、家計のことを考える時間が生まれました。自分のやりたいことや、散々蔑ろにしてしまった自分に対してのケアに取り組もうという発想が生まれました。

自分を顧みる余裕ができると同時に視野が広がったんです!!
レトルトくらい用意しようかな、とかさらにそこにトッピングしてみようかな、とか。
彩がちょっと寂しいから付け合わせにサラダも作ろう♪という感じです。

産後1年くらいは宅配サービスも月に2、3回は間違いなく利用していました。弁当を買いに行くことすらつらかったので。

ですがその積み重ねの中で後悔や反省もし、創意工夫をするようになりました。

それがレトルトのアレンジです。

私がよく作るレトルトアレンジレシピはクリームシチューを使ったレシピです。
クリームシチューを白いご飯の上にのせ、肉や野菜を調理用ハサミで切り散らします。
そして最後にシュレッドチーズをのせてレンジで温めると、あっという間にドリアができるんです。

案外おいしいので試してみてくださいね♪

レトルトのアレンジメニューはレトルトさえあれば簡単にできてしまうので、体が休まってさえ来れば案外短時間ででき、宅配を利用する機会も減ります。
経済的で気持ちがさらに軽くなります。

色々なレトルトが今は販売されています。
余裕ができればそういうオリジナルなレシピを考えることすら楽しくなっていきます。

変化のあまりない生活の中で、自分の頭を自発的に使えるのは案外面白いものですよ。

スポンサーリンク

育児疲れでご飯が作りたくない!便利な宅配サービス

宅配食材

育児疲れには気持ちの疲れも多かれ少なかれ影響しているんだなぁ、と子供が大きくなるにつれ感じます。
我が家の娘は今自己主張の真っ只中。気持ちが疲れるなぁ、と日々思います。

基本的に食事はバランス重視なのですが…、たまーにどうしようもなくこってりしたものが食べたくなることって、ありませんか??

そういう時私は「あ、気持ちも体もエネルギーを欲してるんだ!!」と思いバランスを捨て自分の気持ちのむくままに食べるようにしています。

特にピザとラーメンはストレスがたまってくると欲する2大料理です!おすすめはとにかくエネルギー量の大きいもの、つまり高カロリーをあえて選ぶことです。

個人的にはこういう場合は自分の食べたいと感じるものを選ぶのが自分の気持ちも体そのものも同時に満たしてくれると私は思っています。
必ずしも体に良いものだけで人間ってできていないんですよね。

若いころ好きだったものや独身時代に食べていたものは、バランスよりも気持ちに従って選ぶものが多かったように思うのです。なので家事や育児にたまったストレスを好きなものを食べることでリセットしてみるのもありなのかな、という気がします。

子供を連れての外食はやっぱり大変です。
一人で気ままに外食するのにも旦那さんの協力がないとそもそもできないのが育児の現実だとも思います。そしてデリバリーをよく思わない旦那さんも中にはいると思います。

そうなったらもう勝手に頼んで事後承諾です!頼んだもの勝ち!!
デリバリーに対しての不満は食べてからじっくり聞いてあげましょう♪お腹が満たされていれば相手の小言にも案外寛容に慣れたりするものですよ。

旦那さん自身も、もしかしたらパワー不足でイライラしているだけなのかもしれないですしね♪

スポンサーリンク

育児疲れでご飯が作りたくない!まとめ

食べることってそもそもそれ自体が疲れる行為だなぁ、と感じます。料理を作って子供や家族に食べさせて、時間を気にして。食べたらすぐに食器を洗わないと、次の家事に差し支えるし。そういうふうにして朝から晩まで一日中何かに縛られて疲れ切っているのが主婦です。

翌日からはまた同じことの繰り返し。
それを思ったらせめて食べることぐらい縛られずに楽しみたいと思いませんか。1日くらい手をかけなくたって長い目でみたら休むことも大事です。

デリバリーを利用して余った時間は自分のために使ってみては?
たまには息抜きしてみましょう!

\ポイントもたまってお得/

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました