産休に入る先生へのメッセージ!中学生が贈る手紙の文例

手紙中学生

お世話になっている担任の先生が産休に入ることになった時、クラスの皆や仲の良いグループで先生へのメッセージを渡そうという話になりますよね。

中学生くらいになると産休の意味も分かっているので、出産を迎える先生の大変さを労う気持ちを持つことができます。

先生が安心して出産ができるようなメッセージを先生に渡せるように、ポイントを紹介したいと思います。

先生にメッセージカードを渡そうという気持ち自体が素晴らしいことではありますが、是非心のこもったメッセージを先生に伝えて下さい。

心に残るメッセージを渡せる手掛かりになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

産休に入る先生へ中学生がメッセージを伝えるポイント

産休に入る先生へ、中学生が先生へのメッセージを伝えるときのポイントを紹介します。

 

・めでたいことを祝う

・体をいたわる

・感謝の気持ちを伝える

 

そして、産休とは出産や育児をサポートする制度なので、赤ちゃんが落ち着いてくれば先生として復職することが考えられます。

あまり退職や別れを感じさせる言葉を使うのはやめましょう。

先生も出産に関する不安、職場に復帰できるかの不安などを感じているはずです。

身体の事をねぎらい、感謝の気持ちを伝え応援するようなメッセージにしましょう。

メッセージを色紙やメッセージカードなど渡す形で長さが変わってくると思いますが、みんなで書くことが考えられるので、すっきりと簡潔な文章を心掛けます。

いつもは普通の言葉で話していると思いますが、丁寧な言葉を使うのがいいですね。

先生に応援と感謝の気持ちを伝えるメッセージには、丁寧な言葉である方が伝わりやすくなるでしょう。

メッセージを贈って、先生の元気が出てくれば大成功です!

スポンサーリンク

産休に入る先生へのメッセージのマナー

人生の節目である出産。

ここで相手の気持ちが落ち込むようなことにはしたくないですね。

メッセージを書くマナーとして、ネガティブなことは言わない事です。

さらに「心配」や「流れる」など、気持ちが落ち込む言葉は避けましょう。

先生を元気づけられる言葉を選び、楽しいメッセージを贈ってください。

そしてメッセージの最初の言葉は、お祝いの気持ちにしましょう。

子供ができたという事はめでたい祝い事なので、先生におめでとうと伝えることから始めるのが良いです。

スポンサーリンク

産休に入る先生へ贈るメッセージの例文

ここで産休に入る先生へのメッセージの例文を紹介していきます。

中学生なので、難しい言葉を入れるなど工夫をしてみても良いでしょう。

・○○先生、おめでとうございます。
○○先生のおかげで、学校生活が大好きになりました。
ありがとうございます。
復帰後にまた会えるのを楽しみにしています。

・○○先生

妊娠おめでとうございます。

無事に赤ちゃんを産めるように祈ってますね!

身体を大事にしてください。

・○○先生

おめでとうございます。

元気な赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしています!

ゆっくりと身体を休めて下さいね。

・○○先生へ

ご懐妊おめでとうございます。

先生が担任で、とても楽しかったです。

ゆっくりと休んで、お体を大事にしてください。

 

産休に入る先生へ渡すメッセージは色紙に書く?カードに書く?

産休に入る先生へのメッセージは色紙に書いたり、メッセージカードに書いて渡したりすることが多いです。

そこで、まず色紙に書く場合を紹介します。

中学生など学生に定番である寄せ書きの色紙。

クラスの仲間や仲の良い友達の中まで先生にメッセージを贈るのは、簡潔な文章になりますね。

人数が多くて、ぎゅうぎゅうになった色紙は先生にとって嬉しいはずです。

真ん中に先生の似顔絵を書いてみたり、感謝の言葉を大きく書いたりすれば先生も喜んでくれると思います。

メッセージカードは、いろいろなパターンができます。

小さい紙に一人ずつ書いてまとめて渡したり、一人ずつがカードに先生の似顔絵を書いてメッセージを添えたカードにしたりと工夫ができます。

アルバムのような形で渡すのも面白いですね。

白い紙に自分なりにシールなどでデコって、皆でそれぞれのカードを作るのも良いでしょう。

オリジナルな作品が作りやすいので、個性が出せるメッセージカードができると思います。

市販品では、コウノトリが赤ちゃんを運んでいるような凝ったカードもありますし、花束が真ん中に飾られているようなものもあります。

手作りにしても、市販のカードにしても気分が上がること間違いなしです!

色紙にするかメッセージカードにするか、皆で先生が喜ぶのがどっちかを考えて話し合ってみて下さい。

産休に入る先生への中学生が贈るメッセージのまとめ

中学生が産休に入る先生へのメッセージの書き方を紹介しました。

産休に入る先生は、期待も大きくあると思いますが不安もあると思います。

教え子から応援のメッセージがもらえれば、きっと心強く先生を元気づけてくれるでしょう!

祝いの言葉、未来につながる言葉のメッセージによって、先生が安心して出産や子供の事を考えられるように送りだせると良いですね。

産休に入る先生にエールを送りましょう!

中学生
スポンサーリンク
親子でおうち作文
タイトルとURLをコピーしました