【退職メッセージの例文】女性の同僚へ贈る送別の言葉・あまり親しくない場合の書き方も!

生活

同僚が退職するのでみんなでメッセージを書いて贈ろう!なんてこと経験ありませんか。

女性の同僚が退職する場合の送別の言葉選びは慎重になったりします。

退職理由や退職時期などで内容も変わってきますよね!

あまり親しくない同僚の場合は悩んでしまう事も・・・

女性の同僚へ贈る送別の言葉やあまり親しくない間柄での書き方を紹介します!

スポンサーリンク

【退職メッセージの例文】女性の同僚へ贈る送別の言葉

封筒と花

女性の同僚へ贈る送別の言葉の例文をいくつかご紹介します。

親しい場合に、メッセージ内容がすぐ浮かんだりしますよね。

それでも、無難に失礼のない例文があれば知りたいと思います。  

挑戦する姿に刺激されています

辞めるきっかけが転職や起業などの場合です。

新しい事に挑戦する姿を応援する気持ちもこもってオススメの例文です。

笑顔に助けられました

普段の関わりがあってこその内容ですね!

親しく過ごせていたからこそ、伝えられる送る言葉です。  

一番仲が良かった○○さんが辞めてしまって寂しい

比較的、親しく過ごしていた同僚に送る言葉です。

本当に仲良く過ごしてないと寂しいという言葉がでませんよね。

そのくらい相手のことを慕っていたという気持ちが伝わる言葉です。  

たくさんの思い出をありがとう

誰にでも無難に書けるメッセージですが、やはり思い出があってこその言葉ですよね。

職場での思い出だけでなく、親しく過ごしていたからこその思い出があればぴったりの言葉です。  

昼休みのおしゃべりができなくなって悲しい

職場での楽しみの一つがお昼休みのおしゃべりではないでしょうか。

普段から親しく昼食を一緒にとったり、昼休みを一緒に過ごした仲だからこそ言える言葉ですね。  

出産が待ち遠しいね

出産を控えて辞めていく同僚へ送る言葉です。

自身が出産を経験していてもしていなくても気を遣わずに送ることのできるメッセージですね。

スポンサーリンク

あまり親しくない女性の同僚へ贈る送別のメッセージの例文

便箋と封筒

あまり親しくない場合に、メッセージ内容を考えるのに時間がかかるときありますよね。

そんな時の参考になるようなメッセージ例文を紹介します!  

新天地でのスタートを応援しています

転職などの場合、応援の気持ちをかっこよく伝えられる一文です。

色紙やメッセージカードに書かれていたら、目を惹く文章ではないでしょうか。  

仕事ぶりを尊敬していました

普段の仕事中で関わる事が少なかったけれども、仕事ぶりを見ていました。というような内容ですね。

尊敬していたと言われて気分が悪くなる人はいないので、オススメの例文です。

スポンサーリンク

女性の同僚に退職のメッセージを贈るときの書き方や注意点  

ポイントと書かれたメモ

退職メッセージを贈るときに気をつけた方がいい事や、書き方があるかをまとめました。

ねぎらいの言葉を入れる  

ねぎらいの言葉と言えば、「お疲れ様でした」やお祝いの言葉などですよね!

退職する人へ贈る言葉なので、お疲れ様でしたという内容を必ず入れると良さそうです。

結婚や出産などお祝い事であれば、めでたいという内容も良いでしょう。

相手とのエピソードを盛り込む  

メッセージを少し膨らませたいなという時は、相手とのエピソードを入れましょう。

ささいな事やちいさなきっかけも相手との思い出となります。

親しく過ごしてたくさん思い出がある場合は一番思い出に残ってるエピソードがいいですね!

感謝の言葉を伝える  

お世話になった同僚なら感謝の言葉を伝えやすいです。

直接関わりがなくそこまで親しくなかったとしても、感謝の言葉を入れておくと印象が良さそうですね!

新しい環境での活躍を祈る言葉で締める  

転職先が決まっていたり、次なにするかを分かっている場合は、新しい環境での活躍を願う言葉を最後にいれる事をおすすめします。

応援されて気分が悪い人はいません。

新しい職場での活力となって良いかもしれませんね!

プライベートな理由の場合は触れない

退職理由がプライベートな場合があります。

デリケートな部分でもありますし、個人情報と気にする人もいるかも知れません。

親しく理由を知っている場合も、そうでない場合もプライベートな理由には触れないようにしましょう。

スポンサーリンク

【退職メッセージの例文】女性の同僚へ贈る送別の言葉・あまり親しくない場合の書き方のまとめ

女性の同僚へ贈る、退職メッセージの例文としていくつかまとめてみました。

親しい場合にはメッセージ内容もすぐ浮かんできます。

あま親しくない場合でも、いくつかのポイントに気をつければとても良い文章になります。

せっかく贈るメッセージ、感動させてあげられたら嬉しいですね♪

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました