ギーって体に悪いの?バターとの違いや効果・メリットを紹介

生活

近年、アマニ油やココナッツオイルなど、体に良いとされる油が注目を集めています。

ギーという油も、そのうちのひとつ。

ですがギーは、動物性由来の油のため、体に悪いのではないかとのウワサも…。

この記事では、以下のことについて解説します

・なぜギーが体に悪いと言われるのか?

・ギーとバターの違い

・ギーの成分や本当の効果とメリット

・ギーのおススメな食べ方

この記事を最後まで読んで、本当のギーの効能・効果を知り、ギーに対する偏見や不安を解消してくださいね。

スポンサーリンク

ギーが体に悪いと言われる理由は?

人のシルエット

「ギーが体に悪い」というより、動物性油脂や油脂全般に対する「体に悪い」との認識から、そのように思う人が多いです。

ギーはまだ日本ではなじみのない油ですし、ギーの正しい知識を持っている人も少数派。

「ラードやマーガリンが体に悪い」というのと同じ感覚で、ギーが体に悪いと思っている人もいます。

確かに、ギーは飽和脂肪酸を多く含む油であり、摂取しすぎると肥満や高血圧につながります。

ですが飽和脂肪酸を含む油にも優れたメリットがあり、ギーはその中でも最も体に良い油とさえ言われています。

その理由を、以下でじっくり解説します。

スポンサーリンク

ギーって何?

黒板に書かれたクエスチョンマーク

ギーは、インド発祥の油です。

5000年の歴史を持つインドの伝承医学・アーユルヴェーダでは、「活力の素」として薬と同じように考えられてきました。

このことからも、本場インドでは「体に悪い」との認識がみじんもないことがうかがえますが、その理由を以下で解説します。

グラスフェッドバターからつくられる純度の高いオイル

グラスフェッドバターとは、牧草(グラス)のみをエサ(フェッド)として食べている牛などの生乳から作られたバターのことです。

広い牧場で自由に草を食べ、自然に近い状態で育てられた牛は、ストレスフリーで健康的。

穀物を人工的に配合したエサ(グレインフェッド)で飼育した牛のミルクよりも、グラスフェッドで飼育した牛のミルクの方が、栄養価は高いです。

そんなグラスフェッドミルクから作られたグラスフェッドバターを原料とした油、それがギーなのです。

バターよりも良質の油が含まれている

ギーは、バターの余分な成分を取り除き、乳脂肪分の純度を99.8%まで高めたものです。

乳脂肪分の純度が高い分、ギーに含まれる油はバターよりも良質。

とりわけ、ギーの不飽和脂肪酸の含有量は、バターのおよそ2倍です。

スポンサーリンク

ギーとバターの違い

固形バター

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によると、バターの定義は「生乳、牛乳又は特別牛乳から得られた脂肪粒を練圧したもの」となっています。

小中学校の自由研究などでやったことがあるかもしれませんが、牛乳をペットボトルにいれ、30分以上ひたすら振り続けると、小さなツブツブが浮いてきます。

このツブツブは牛乳から分離された脂肪分であり、ツブツブだけを集めて練り上げたものがバター、というわけです。

(実際に市販されているバターは、無菌状態の工場で専用の機械を使って撹拌し練り固め「乳脂肪分80.0%以上、水分17%以下」にしています)

バターの主成分は乳脂肪ですが、たんぱく質や糖・ミネラル・水分なども含まれています。

ギーは、そこからたんぱく質などの余分な成分を取り除き、加熱処理をしてほぼ油脂だけにしたもの。

バターの乳脂肪を油として進化させたもの、ともいえます。

スポンサーリンク

ギーの効果は?

データと書かれたブロック

牛乳から作られるギーには、飽和脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸は人間の体にとって重要なエネルギー源。

その一方で、摂取しすぎると「血液中のLDLコレステロールが増加し、その結果、循環器疾患のリスクを増加させる」と、体に悪い効果も報告されています。

ですが、ギーに多く含まれる飽和脂肪酸のなかの中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸は、体のエネルギーになりやすいという性質を持っています。

なので、ギーはダイエット中のエネルギー源として使うことができるのです。

また、ギーに含まれる短鎖脂肪酸「酪酸」は、大腸の運動を促し、腸内環境を整えるという効果を発揮。

「酪酸」はギーやバター特有の脂質で、腸内粘膜の血流を増やすことで大腸の活動を支えているのです。

さらに必須脂肪酸である不飽和脂肪酸の一種・オレイン酸なども、ギーには多く含まれています。

ギーは摂りすぎさえしなければ、体に悪いことはないのです。

ギーのメリット

メリット

このように非常に優れた効果を持つギーですが、他にも次のようなメリットがあります。

油分が多いため長期保存が可能

ギーは油分以外、とりわけ腐敗しやすいたんぱく質などは取り除かれているため、基本的には室温で長期保存できます。

とはいえ湿気の多い梅雨の時期や夏場など猛暑が続く日は、開封後は念のため冷蔵庫で保存したほうが無難です。

ギーは不飽和脂肪酸を多く含むため、冷蔵庫で冷やすと固くなってしまいます。

冷蔵庫で保存する場合は、使用する前にあらかじめ常温に戻しておいたほうが良いでしょう。

乳糖不耐症でも摂取できる

ギーはバターを純度の高い油に進化させる過程で、ラクトース(乳糖)やカゼイン(たんぱく質)がほとんど取り除かれた状態となっています。

そのため、乳糖不耐症や牛乳アレルギーでも安心して摂ることができるといわれています。

ですが、ギーは牛乳を原料とするため、これらの重度のアレルギーがある場合には体に悪い場合もありえます。

ギーを食べたあと体に異変を感じたら、すぐに摂取をやめてください。

脂質がバランスよく含まれている

ギーは色々な種類の脂質がバランスよく含まれているため、特定の脂質だけを摂取しすぎるということが少ないです。

ギーに含まれる脂質の種類は、主に以下のようなものです。

飽和脂肪酸

・中鎖脂肪酸、主にココナッツオイルに含有

・長鎖脂肪酸、動物性食品に多く含有

・短鎖脂肪酸「酪酸」、主にバター・ギーに含有

不飽和脂肪酸

・オレイン酸、主にオリーブオイルに含有
 
・α-リノレン酸(オメガ3)、エゴマ油・アマニ油に含有

 ・リノール酸(オメガ6)、コーン油・ゴマ油に含有

揚げ物や炒め物に向いている

油脂を加熱していくときに煙が発生する温度を、発煙点といいます。

油の風味の低下や発火のリスクを避けるため、発煙点を超えない温度での調理が良いとされています。

ギーの発煙点は250度なので、揚げ物や炒め物にも使えます。

一般的な油の発煙点は、以下の通りです。

・アマニ油・エゴマ油  107度

・MTCオイル      150度

・オリーブオイル    160度

・ココナッツオイル・バター・ゴマ油 175度

他の油と比べても発火点が高く、加熱調理に向いていることが分かります。

ギーの適量は?1日何グラムまでならOK?

赤いキッチンスケール

ギーの一日の適量の目安は大さじ1~2杯、およそ12~24グラムといわれています。

また、ギーを含む一日の脂質の適正範囲は、食事全体のエネルギーの20~30%、およそ40~60グラム程度です。

そもそも、ギーのエネルギー量は大さじ2杯で216キロカロリー。

ごはん茶碗一杯分(150グラム)で234キロカロリーですので、うっかり摂りすぎたら大変なことになります。

ギーを摂るときには、他の油を控えるなどの調整も必要です。

体に悪い影響を与えないよう、食べ過ぎにはくれぐれも気を付けてくださいね。

ギーのおススメな食べ方3選

油

このように、人間の体に良い効果をたくさんもたらすギー。

毎日の食事に、積極的に取り入れていきたいですよね。

以下、おススメの食べ方を3つ、ご紹介します。

バターコーヒー

ギーを使った、最も有名なレシピ。

海外のセレブ達が愛用しているとのことで話題になりましたが…海外のセレブと聞いたら、やっぱりマネしたくなりますよね。

作り方もいたって簡単、スプーン大さじ1杯のギーを温かいコーヒーに溶かすだけ。

腹持ちが良いと、ダイエッターにも好評です。

そのままトーストに塗る

バター感覚で、ギーをそのままトーストした食パンに塗って食べます。

バターをチーズっぽくした感じの味わい。

お好みで砂糖やシナモンをまぶしても、美味しいですよ。

オムレツにして食べる

過熱点が高く、加熱調理もOKなギーは卵料理とも相性バツグンです。

オムレツにして食べてもとっても美味。

チーズ風味がやみつきになる可能性あり、食べ過ぎ注意です。

ギーって体に悪いの?バターとの違いや効果・メリットのまとめ

ギーについてのまとめです。

・多く摂りすぎなければ、ギーは体に悪いものではありません!

・ギーはバターの進化版、乳脂肪を主とした純度の高い油です

・ギーは良質な脂質がバランスよく含まれている優秀な油。

ただし、摂りすぎには注意が必要です。

・熱にも強く、加熱調理にも向いているギーの美味しい食べ方を知り、積極的にギーを食卓に取り入れましょう!

ギーを上手に利用して、ダイエットや日々の健康づくりに、最大限に生かしてくださいね。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました