リッププランパーは体に悪い?ピリピリ痛い理由や効果的な使い方

美容・ファッション

ぷっくりした唇に憧れている私は、リップメイクにリッププランパーを使用して、ぷっくり唇メイクをしていました。

しかし、最近リッププランパーは体に悪いという情報をネットで見つけて不安になっています。

リッププランパーは本当に体に悪いのでしょうか、使い続けても問題ないのでしょうか?

心配になりますよね。

そこで今回は、リッププランパーの成分についてや、おすすめの使い方についても調査してみましたので、紹介します。

スポンサーリンク

リッププランパーが体に悪いと言われる理由は?

考えている様子の女性

初めに、リッププランパーが体に悪いと言われる理由について調査しました。

リッププランパーが体に悪いと言われる理由は、3つあることがわかりました。

順番に説明していきます。

塗るとピリピリして痛いから

リッププランパーを塗るとピリピリして痛いことがあります。

そのため、リッププランパーは体に悪いと言われているようです。

リッププランパーを塗ると唇がピリピリとするのは、リッププランパーの中にはカプサイシンという唐辛子の成分が含まれているからです。

物理的にくちびるを腫れさせるから

リッププランパーは、物理的に唇を腫れさせている商品です。

唇を腫れさせることで、ふっくらした唇になるのです。

唇が腫れてしまうことも、リッププランパーが体に悪いと言われる原因の1つのようです。

稀にかぶれて元に戻らない人もいるから

リッププランパーを使ったことで、稀に唇がかぶれて元に戻らない人もいるそうです。

リッププランパーに含まれている、唐辛子の成分であるカプサイシンの刺激で唇がかぶれてしまうことがあります。

稀ですが、かぶれて元に戻らないこともあるようです。

以上のことから、リッププランパーは体に悪いと言われていることがわかりました。

スポンサーリンク

リッププランパーの成分や仕組みは?

6角形のブルーカラーのテクスチャ

気になるリッププランパーの成分は何なのでしょうか?

リッププランパーの成分には、カプサイシンという唐辛子の辛味成分が含まれています。

そのカプサイシンによって、唇の血行を促進することができ、唇がふっくらとボリュームアップするようです。

リッププランパーには、カプサイシンの他、美容成分が含まれている商品も多いことがわかりました。

スポンサーリンク

リッププランパーは毎日つけても大丈夫?

女性の口元

リッププランパーは体に悪いと聞くと、リッププランパーを毎日つけても大丈夫なのかと、心配になりますよね。

調査してみたところ、リッププランパーを毎日つけても大丈夫かどうかは人によるようです。

リッププランパーには、カプサイシンだけでなく、唇を労ってくれる美容成分も入っていることが多いとわかりました。

リッププランパーは体に悪いと言う声がありますが、リッププランパーを毎日使っても唇のトラブルが起きていない人がいます。

その一方で、唇が荒れてしまったり、かぶれたりというリッププランパーを使ったことでトラブルが起こる人もいるのは事実です。

そのため、リッププランパーを毎日使うかどうかは、ご自身の体調に合わせて判断しましょう。

スポンサーリンク

リッププランパーは寝る前に使うと効果ある?

12時手前の時計

リッププランパーは寝る前に使うと効果はあるのでしょうか?

調査してみると、リッププランパーを寝る前に使うことで、朝起きた時に唇がぷるぷるになるという声がありました。

寝る前にリッププランパーを唇につけることで、寝ている間も唇が乾燥しにくくなり、ぷっくりとした唇になれるようです。

夜用のリッププランパーもありました↓↓

その一方で、夜に唇をぷっくりさせても意味がないため、リッププランパーは昼間に使うのがおすすめという声もありました。

リッププランパーはいつ塗る?おすすめ使い方

コスメ

リッププランパーはいつ塗るのが1番良いのでしょうか?

最後に、リッププランパーのおすすめの使い方について、調査したので紹介します。

リッププランパーには唇をぷっくりさせてくれる効果があるので、口紅やグロスと併用して日中塗るのがおすすめです。

口紅やグロスを塗る前にリッププランパーをたっぷり唇に塗り、その上から口紅やグロスを塗って使うと良いでしょう。

そうすることで、ぷっくりした素敵な唇メイクができます。

>>【楽天】リッププランパーを探す

リッププランパーは体に悪い?ピリピリ痛い理由や効果的な使い方のまとめ

唇をぷっくりさせてくれるリッププランパーが体に悪いと言われる理由についてや、成分・おすすめの使い方について紹介してきました。

リッププランパーは、リッププランパーの中に含まれているカプサイシンの影響で唇の血行が

良くなり、ぷっくりした唇になるようです。

また、カプサイシンの影響で、ピリピリとした痛みを感じてしまうことが、リッププランパーは体に悪いと言われてしまう原因の1つだと紹介してきました。

唇に負担が掛かっていないか注意しながら、これからもリッププランパーを使い続けていきたいと思います。

>>【楽天】リッププランパーを探す

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました