読むトレGO!の対象年齢は?中学生でも効果はあるのか調査!

読むトレGO!の対象年齢は何歳から何歳までなんだろう?

小学生にしか使えないの?

中学生になった子どもには簡単すぎて効果ない?

この記事では、実際に学習障害(ディスレクシア、読み書き障害)の中学生の子どもがいる私が実際に試してみた結果、読むトレgoの対象年齢は何歳からなのか、中学生には優しすぎるのか詳しくまとめています。

読むトレGO!の対象年齢は?

読むトレGO!の対象年齢は、公式サイトでは小学校1年生から小学校6年生までとなっています。

しかし、幼稚園児(4歳)から中学生(中1・中3)まで3人の子供を持つ私が試してみた結果、定型発達のお子さんであれば、文字に興味を持ち始める3.4歳~小学校6年生くらいまでという感じがしています。

一部中学生の漢字や四字熟語も入っていました。

とはいえ、その子によって習熟度合いには個人差がありますので、対象年齢ではなくても、読み書きが苦手なお子さんの戻り学習としても使うことができます。

読むトレgoは中学生でも効果があるのか?

読むトレGO!は中学生も使える

読むトレGO! の対象は、小学校6年生までみたいだけど、中学生の子どもには効果がないのでしょうか?

結論から言うと、中学生のお子さんでも読むことに苦手意識があるなら取り組んでみて損はありません。

中学生になって読み書きを苦手としているお子さんの場合、小学生の学習でつまずいている可能性が高いです。

実際にうちの中学1年生の子どももそうでした。

それでいつ 「読むトレGO! 」 を知りましたか?

中学校で相談したスクールカウンセラーさんから「読むトレGO! 」を教えていただきました。

小学生のうちから読み書きも苦手だったのですが、事の重大さに気が付いたのは中学生になってからでした。 学習障害を疑い始めたのも中学1年生の2学期です。

「読むトレGO! 」 の公式に書かれている対象年齢ではないのに取り組んでみようと思ったのはなぜですか?

中学生の子どもには簡単すぎるかなとも思いましたが、 小学生の勉強でつまずいていることがわかったし、学習障害に詳しいスクールカウンセラーさんからの勧めもあったのでやってみようと思いました。

中学生のお子さんが 「読むトレGO! 」 をやってみてどうでしたか?

もともと勉強が嫌いなので机に向かってやる学習はすぐに飽きてしまってやらせるのも大変だったんですが、 switchでゲーム感覚でできたので本人も前向きに取り組んでくれました。

中1の子どもは小学校4年生のレベルから始めたのですが、4歳の末っ子もひらがなが読めるのでも一緒になってやっていました。

中学生で読むことに困難を感じているなら、 読むトレGO! でのトレーニングは効果が出やすいですよね。

実際にある統計では、日本で文字の読み書きができない子供は、小2以上で40人に2〜3人というデータがあります。(参考:https://nordot.app/670466191780906081)

苦手なまま中学生になると、勉強もどんどん難しくなっていくので、読めないことで「自分はどうせできないから」と諦め癖がついてしまうお子さんもいます。

わが子もまさにそうでした。

でも、トレーニングすることで少しずつ改善できるので、そのお子さんの周りにいる大人が諦めないことが大切!

学年でレベル分けされていますが、そこは気にせず最初から進めてみて『できる!』を実感することで自己肯定感が上がり、前向きにトレーニングに取り組めると思いました。

中学生のお子さんでも、それぞれのレベルに合わせたステージから挑戦してみて、焦らずステップアップしていくことで、必ず読む力がついていきますよ。

読むトレGO!の対象年齢は?中学生でも効果はあるのかのまとめ

こちらでは読むトレGO!の対象年齢についてまとめてきました。

文字に興味を持ち始める保育園や幼稚園のお子さんから小学生くらいまでを対象としていますが、読み書きを苦手としている中学生のお子さんでも問題なくお使いいただけます。

お子さんの読む力を伸ばしたいとお考えの保護者の方がいらっしゃいましたら、1か月1980円(税込)で試せるレンタルサービスがあるので試してみてはいかがでしょうか。

⇒【読むトレGO! for 任天堂スイッチ】

※よく読まれている記事

⇒読むトレGOが高い!購入は中古がお得なのか?

⇒読むトレGOの解約方法!手数料や返品の送料はかかるのか?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました