ママ友の仕事が正社員で羨ましい!その実情とあなたができること

ママ友

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

妊娠・出産を経て育休期間が終わると正社員として働くママもいます。

専業主婦の立場から見る正社員のママってなんだかキラキラして見えて仕事・家事・育児もしっかりこなしているイメージありませんか?

全てを両立できる正職員ママは羨ましく感じる方も多くいます。

では、実際本当に全て完璧でしょうか?そして羨ましく思っているママにもできることはあります。

  • ママ友の仕事が正社員で羨ましい理由
  • ママ友の仕事が正社員のどんな職種だと羨ましい?
  • ママ友の仕事が正社員だと本当に羨ましいものなの?
  • ママ友は仕事が正社員でも羨ましい状況とは限らない
  • ママ友の仕事が正社員で羨ましいと思うならできること

この記事では大きく5つのポイントを詳しくご紹介していきます。

読み終わった時には、正社員ママに対する考え方やこれから自分ができることが明確になると思います。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

ママ友の仕事が正社員で羨ましい理由

ママ友の仕事が正社員で羨ましい理由はどんなところでしょうか?

収入が多くなる

共働きで働くことで家庭の収入は増えるので生活面での安定・ゆとりがでてきます。

さらに正社員で働くことでボーナスも入るため、大きなメリットと言えます。

子どもを預ける環境がある

近くに頼れる実家があることは、働くママにとってとてもありがたい環境の1つです。

安心して預けることができるので仕事にもしっかり集中することができるでしょう。

正社員の仕事ができる周りのサポート環境が整っている

夫婦で送迎や家事の役割分担ができる、ベビーシッターを利用できる、朝早くから夜遅くまで子どもを預けることができるいずれかの環境があってこそ正社員という道を選ぶことができます。

周りの協力がないと、正社員の選択肢はハードルが高くなります。

外見が良い

正社員ママはメイクもしっかりして身だしなみも整えているため、華やかな雰囲気があります。

スーツを着ている姿は同じママとして憧れの存在にもなります。

そのため、自分の姿と比べて落ち込んでしまうこともあります。

ママ友が「できる女」のように見えて劣等感を感じる

バリバリ働いているイメージが強いため、沢山のことをこなしているママを「できる女」という風に感じることがあります。

家事・育児で精一杯の自分とのあまりの差に劣等感を覚えるようです。

マウントをとって「先を越された」と感じる

本当は専業主婦やパートではなくバリバリ働くママに憧れはあるものの、現実的に難しいことの焦りから、ついつい正社員ママに「パートと違って仕事ができる女性ってすごい」「仕事ばかりだと子どもとの時間がなくなる」などと嫌味を言ってしまうケースがあります。

スポンサーリンク

ママ友の仕事が正社員のどんな職種だと羨ましい?

ママ友の仕事が正社員のどんな職種だと羨ましいと思われるのでしょうか。

収入優先なら医療関係

福利厚生や収入面で期待できる医療関係の仕事は、周りから見ると優遇されているように感じますよね。

見えない部分で大変なところもある仕事ですが、専業主婦ママからは羨ましいと思う職業です。

子ども優先なら学校関係など公務員

正社員は休日出勤や残業もあるため、帰宅時間も遅くなったり家族との時間も少なくなったりしますが、学校関係などの公務員の仕事は勤務時間も決まっていて休日も比較的休めることがあるので、子どもとの時間も作りやすい魅力的ともいえる仕事の1つです。

自分の能力を活かせる仕事

デザイナーなどのクリエイティブな職種は、通勤時間や勤務時間も自分のライフスタイルに合わせることができるため自由な働き方が羨ましく感じます。

自分の好きな仕事でストレスなく働ける環境は恵まれていますよね。

スポンサーリンク

ママ友の仕事が正社員だと本当に羨ましいものなの?

ママ友の仕事が正社員だと 羨ましいと思うのはなぜなのでしょうか。

収入の安定と安心感

共働きの最大のメリットは収入が増えることです。

夫婦で正社員の場合は年収もきっとあると思うので、家事や子育てのサポートを外注しやすくなります。

また、家族旅行やほしい物を買うことも収入があるからこそ気にせず使えます。

子育てする時間が短い

正社員で復帰する場合は子どもを0歳から預けることが多いので、赤ちゃんの時から子育てする時間は短くなります。

平日は1日のほとんどを保育園に預けている家庭も少なくありません。

子どもと接する時間は朝起きてからの1~2時間と、帰宅後の2~3時間が多いようです。

家族以外や子ども関係以外の大人と関われる

専業主婦をしていると子どもが幼稚園に入るまでは四六時中子育てに追われて1日を終えることが多いです。

そのため、「今日はこどもとしかはなしてないな」「大人と会話したのは旦那だけだった」ということが日常です。

働いていると、子どもや家族以外の人と話ができる、かかわることができるので、新鮮で息抜きの場所ともいえます。

1人でペースを乱されずに行動できる時間がある

子育てしていると、自分のことは後回しでちょっと時間ができたとしてもお昼寝から起きてきてやりたいことを中断した、ご飯の支度をしていても途中で何度も呼ばれてスムーズに物事がはかどらないことの連続です。

仕事をしていると、黙々と1つのことに集中できて邪魔されずに仕事に取り組めることができます。

スポンサーリンク

ママ友は仕事が正社員でも羨ましい状況とは限らない

ママ友は仕事が正社員でも羨ましい状況とは限らないこともあります。

子どもの成長を見逃すことがある

働いていることのデメリットとして子どもが初めて歩いた、○○ができるようになったなどの大切な成長過程を見る機会が圧倒的に少ないことです。

1日が慌ただしい

とにかく朝の登園前と帰宅後から寝るまでの時間はかなりハードな時間帯です。

分刻みのタイトなスケジュールをこなすので、とにかく時間との戦い。

ゆっくりする暇もなく平日はバタバタと過ごすことになります。

時短勤務などで労働量の割に収入が少ない

時短勤務といっても仕事量が極端に減るわけではありません。

正社員と変わらない仕事量で給料が少なくなってしまうので、仕事量が多すぎると不満が募ることもあるでしょう。

好きで正社員で働いているとは限らない

正社員は自分で選んだワークスタイルではありますが、本人が本当に望んでしているとも限りません。

復帰する時の条件でやむを得ず正社員をしていたり生活面を考えて正社員を選んでいる人もいたりします。

子どもの都合で仕事を休むのがストレス

正社員で最も辛いことの1つが子どもの行事や病気などで仕事を休まなければならない時です。

事前に休むことが分かっている場合はあらかじめ仕事の段取りをしておくことも可能ですが、他の社員への気遣いはあります。

急遽休まなければならない場合は、職種やキャリアによっては会社や取引先へ迷惑を掛けることになるので痛手となってしまいます。

ママ友の仕事が正社員で羨ましいと思うならできること

ママ友の仕事が正社員で羨ましい思っているあなたができることは何があるでしょうか。

羨ましいという自分の気持ちを吐き出す

正社員ママを見て、生き生きとした姿に見えてしまうのは仕方ありません。

その羨ましいという思いや気持ちは素直に吐き出しましょう。

溜め込んでストレスになってしまっては自分自身が苦しくなってしまいます。

正社員でなくてもまず仕事を始めてみる

考えるよりもまずは短時間からのパートから始めてみましょう。

いきなり正社員を目指すのはハードルが高いので、子どもが小さいうちは融通の利くパートからスタートして大きくなってきたら徐々にステップアップして正社員への選択肢を増やしましょう。

資格やスキルを身につける

専業主婦は時間が有効に使えることが最大の武器です。

仕事につながる資格やスキルを身につけて仕事の選択肢の幅を広げておきましょう。

そうすることで自分への自信にもなります。

ママ友みたいに正社員になったら羨ましがられる存在になれる?

自分は ママ友みたいに仕事を正社員でして羨ましがられる存在になれるのでしょうか?

子育てが落ち着いてからの就職でも遅くない

キャリアを積むには早めの職場復帰が必要と思われがちですが、子育てがある程度落ち着いてからでも遅くありません。

小さいうちから正社員でいると、子どものことで早退や休みをもらうことも多くなるので、手がかからなくなったタイミングで就職した方が思い切り仕事に打ち込むことができます。

あなたの求める環境で仕事できるのが大切

仕事をする上で環境はとても大切です。

給料が良くても人間関係が良くなかったり休みが取りづらかったりする職場は長くは続きません。

正社員という目標がある場合は、自分の求める仕事環境がどういったものなのか良く考えて職場探しをしましょう。

ママ友の仕事が正社員で羨ましい!その実情とあなたができることのまとめ

〇正社員は収入が安定していることが大きなメリットです。家計や心のゆとりが生まれ、安心感へとつながります。家族以外との大人とかかわることができるので、息抜きにもなります。仕事はある程度自分のペース進めて行動できるので、育児と違ってなかなか物事が捗らないということも少ないです。また勤務時間も長いため、日々の子育てする時間が少ないです。

〇仕事に費やす時間が長いため、子どもの成長を見逃すことは働く親としては悲しい部分があります。平日も忙しいため、子どもとの時間もゆっくり取ることは難しいです。仕事面でも労働量に対する収入が少なく、子どもの病気などで休まざるを得ないこともあります。キャリアアップや復帰の条件として正職員をしている人もいて、好きで選んでいるとは限りません。

〇羨ましいという気持ちに蓋をせずにそのまま気持ちを吐き出すことも大切です。正社員にこだわらず、まずは今の自分のできる範囲の仕事を始めてみましょう。そして、時間を有効に使う方法として、今のうちに資格やスキルアップを身につけましょう。

以上、ママ友の仕事が正社員で羨ましい!その実情とあなたができることをご紹介しました。正社員ママの良い所ばかり目がいきがちですが、実際は大変なことも多いです。羨ましいという気持ちになることは勿論ありますが、専業主婦でいるからこそできることも沢山あります。この記事で紹介したできることを今から実践することで、きっと仕事につながるスキルアップや自信をもつことができますので、やってみて下さいね。

\ポイントもたまってお得/

エントリーお忘れなく!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました